FXは期待値とは?勝てる手法を得るための計算方法と使い方のコツ3つ

FXは期待値を活用して攻略

この記事で解決できるお悩み
  • FXの期待値ってそもそもどういったものなの?
  • FXで期待値を知るとどういった良いことがあるの?
  • 期待値を上げるにはどうしたらいいの?

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「FXにおける期待値の考え方」を理解すれば、FX初心者でも期待値の高いトレードができます。


なぜなら、私もこの方法でギャンブル感覚ではない、期待値の高いトレードをしたい、という悩みを解決できたからです。


それでは、以下で期待値の基礎知識から紹介していきます。

FXの期待値とは

期待値とは

FXの期待値とは、1回あたりのトレードで稼げる金額の平均です。


高校の数学で習いますが、この期待値を使うと自身のトレード手法やシステムの優劣を検証するときに活用できます。

FXで期待値が大切な理由

FXで期待値が大切な理由

FXで期待値が大切なのは、期待値を算出するとトレード手法やルールを改善可能だからです。


トレードにおける期待値は、その手法やルールの通信簿のようなものなので、この指標がないと手法やルールの良し悪しを客観的に判断するのが難しくなります

FX 期待値の計算式

期待値の計算式は以下のようにとてもシンプルなので、簡単に算出できますよ!

(期待値)=(勝率)×(勝ちトレードの平均利益)-(負率)×(負けトレードの平均損失)

たとえば、勝率50%で勝ちの平均利益が20pips、負けの平均損失が5pipsであれば期待値は「0.5×20-0.5×5=7.5pips」と計算します。


また、勝率80%で勝ちの平均利益が5pips、負けの平均損失が50pipsであれば期待値は「0.8×5-0.2×50=-2pips」です。

FXとギャンブルは期待値が違う

FXとギャンブルは期待値が違う

FXとギャンブルは混同されがちですが、期待値が異なる点で大きく異なります。


なぜなら、ギャンブルはプレイヤーの努力で期待値を上げられる余地は小さいが、FXの場合、過去データの分析や手法の繰り返しによって期待値をコントロールし上げられるからです。


FXは、1回あたりのトレードで稼げる金額の合計を扱えるので、ギャンブルと比べて投資の方が扱いやすいとわかりますね!

FX 期待値の使い方3ステップ

FXの期待値活用3ステップ

FXでは計画に基づいて行動する点が重要ですが、期待値を使うとその計画が立てやすくなります


期待値と呼ばれる指標を利用すれば、トレード回数や最適なレバレッジなどもおのずと決まるからです。


ここではFXにおける期待値の使い方を3ステップで解説します。

FXの使い方3ステップ
  1. 目標を立てる
  2. 自分の期待を計算する
  3. 逆算してレバレッジなどを確定する

ステップ1:目標を立てる

トレードにおける計画ではゴールとなる目標が重要です。


そのため、最初に目標を設定する必要があります。


どの程度の利益をどの程度の期間で達成したいか、そのためにどれくらいの運用資金を使えるかといった部分を明確しておきましょう。

ステップ2:自分の期待値を計算する

実際にトレードを行い、現在のトレード手法の期待値を算出しましょう。


期待値がわかれば、目指すべきトレード回数や適したレバレッジが決まってきます


期待値の計算のポイントについては後述しますね。

ステップ3:逆算してレバレッジなどを確定する

求められた期待値から逆算し、トレード時の最適なレバレッジが決まります


期待値を求めると適したレバレッジや回数が決まるので、可能な限り早く期待値を求める点をオススメします。


また、無謀なレバレッジやトレード回数になってしまっている場合、最初の目標や手法自体を見直しましょう。

自分のトレード手法の期待値を計算しよう!

自分のトレードの期待値を計算してみよう

トレード手法の期待値の計算は、経験者と未経験者によってやり方が異なります。


正確な期待値を求めるには、過去のトレードデータが必須だからです。


そのため、期待値計算方法は、経験の有無によって分けて解説します。

FX未経験者の場合

未経験者の場合、期待値の算出に必要なトレードのデータがないので正確な算出は不可能です。


そのため、どのようなトレードで行うのかを決めて、どういった勝率や平均利益・損失になりそうか予測で決めてしまってOKです。


予測なのでその通りにはなりませんが、目安として算出しておく価値はあります。

FX経験者の場合

経験者の場合、期待値の算出に必要なデータがあるため、計算式にあてはめれば簡単に算出できますよ。


同じトレーダーであっても手法や通貨ペアによって期待値は微妙に異なるので、それぞれ個別に算出しておく必要があります。

FX で期待値を上げるコツ3つ

期待値を上げるコツ3つ

FXトレードでは創意工夫によって期待値を高められます


期待値を高めるのがトレードでの収益向上に直結するので、ここでは期待値を上げるのに役立つ3つのコツについて紹介しますね。

期待値を上げるコツ
  1. 1以上の期待値を目指す
  2. トレードルールを作る
  3. 期待値計算からトレードを改善する

コツ1:1以上の期待値を目指す

トレードの期待値は1以上を目指す点が重要です。


期待値が低い状態だと、利益を上げるためにたくさんのトレードをしなければならなくなるからです。


回数が増えると精神面での負担が増えます


そのため、期待値は最低1以上、できれば2を超えることを目指しましょう!

コツ2:トレードルールを作る

期待値を算出し改善していくには、常に同じ基準でトレードする点が必要です。


トレードごとに基準が変わっていては、正確な期待値を算出できないからです。


そのためにはトレードルール作りが大切になります。


トレードルールの作り方については、こちらの記事をごらんください。

コツ3:期待値計算からトレードを改善する

期待値を求めると、トレード成績の改善につなげられます。


期待値が求まると、最適な利確ラインや損切ラインなどを決めやすくなり、また、ムダなエントリーの削減が出来ます。


期待値があるからこそ、トレードの手法や成績を改善しやすくなるんです。

【注意】FX トレード手法の期待値は変動する

期待値は変化するので注意

トレード手法の期待値はその時々で変動します。


現在、期待値が高い手法であっても相場環境や自身のスキルの変化などによって、上がるときもあれば下がるときもあります。


期待値は不変のものではなく、時々刻々と変わっていく認識は持っておきましょう。

FXの期待値を活用して根拠のあるトレードスタイルを身に着けよう

期待値を活用して根拠sるトレードを

上記で紹介した「期待値の使い方」を実践すると、今後はギャンブルではないトレードをしたいと悩むことは一切なくなり、検証しながら期待値の高いトレードができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

FX期待値のまとめ
  1. 期待値を活用することで、トレード成績を向上できる
  2. 期待値は簡単な計算式で求められる
  3. 期待値を求めるには過去のトレードデータが必要になる

「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、期待値を使った検証とトレードが簡単にできるようになります。


FXの期待値はトレードの改善、新しい手法の検証に使えるものなので、ぜひ活用しましょう。


検証について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。