FXの高レバレッジは危険!?借金をしないために3つのパターンを検証

レバレッジに潜むリスクと成功のポイント

この記事で解決できる悩み
  • レバレッジの仕組みと借金のリスクについて知りたい!
  • 借金を負わないためには、レバレッジを何倍くらいにすればいいの?

このようなお悩みをお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

これから解説する「レバレッジの仕組み」や「借金のリスクとその対処法」がわかると、安全にレバレッジを効かせてFXができるようになります。

そうすれば、借金しない程度にレバレッジを使って稼ぐことができるんです!

それではまず、実際にレバレッジによって借金を負ってしまうのはどのようなケースなのか、紹介していきたいと思います。

FXのレバレッジ制度で借金をしてしまう場合とは?

どんなケースが危険なの?

FX取引をしていて「借金をする」とは、口座に預け入れた証拠金以上の損失が発生して口座の残高がマイナスになり、「追加保証金」を払わなければいけなくなることをいいます。

ちなみに追加保証金は、「追証」とも略され、「おいしょう」と読みます。

このような事態が起きてしまう最大の原因は「レバレッジ」にあると言えますが、このレバレッジについては、次の項目で詳しく説明します。

レバレッジの借金リスク

レバレッジとは
少ないお金で大きな金額の取引ができることを言います。


日本ではレバレッジを最大25倍まで効かせることができるので、証拠金10万円だと250万円までの取引ができ、相場が予想通りに動いてくれれば利益も25倍になります。

具体的に、レバレッジを使わない時(1倍)と25倍の時とで、1ドル=100円から105円に上がるとどのくらい利益に差が出るのか計算してみましょう。

【レバレッジ1倍の時に買えるドル】

10万円÷100円=1,000ドル



【1ドル=105円になった時の円貨額】

1,000ドル×105円=105,000円


【利益金額】

 105,000円-10万円=5,000円

【レバレッジ25倍の時に買えるドル】

10万円×25倍÷100円=25,000ドル


【1ドル=105円になった時の円貨額】

25,000ドル×105円=2,625,000円


【利益金額】

2,625,000円-250万円=125,000円

レバレッジを25倍に効かせると、1ドルが5%円安に触れただけで、元本10万円が倍以上になることがお分かりでしょうか。

このように、少額で大金がトレードでき、ハイリターンが期待できるというのがレバレッジの最大のメリットなのですが、予想が外れると大損してしまうというデメリットも持ち合わせているのです。

したがって、レバレッジが高すぎると、ロスカットが間に合わずに大損失が生じて、追証の支払い義務(借金の返済義務)が発生するという流れになります。

ちなみに、FXで失敗する人の多くは、欲が膨らんでレバレッジを高くしてしまう傾向があるので、自分の資金に見合った適切なレバレッジを設定することが大切です。

レバレッジが高すぎて大損失が発生するケース2つ

1:為替価格が急変動

数年前のスイスフラン暴騰の一件のように、一瞬にして数円〜数十円もの相場変動に巻き込まれた時に、レバレッジを効かせすぎていると、ロスカットが間に合わず証拠金を超える損失が出てしまいます。

相場の変動が激しすぎるとロスカット注文は約定せず、ロスカット水準から非常にかけ離れたレートで取引が成立してしまう結果、大きな損失が出るのです。

2:海外のFX口座で25倍以上のレバレッジを利用

今の日本では、最大25倍までしかレバレッジがかけられないよう法律で定められていますが、海外ではレバレッジの制限が緩いため、なんと100倍以上のハイレバレッジが可能なのです!

そのため、ごくわずかの為替変動で、あっという間に証拠金がゼロになってしまうのです。

具体的に計算してみますと、証拠金10万円、レバレッジ100倍とします。

1ドル=100円が99円になった時に損失はどのようになるかと言うと、

【買えるドル】

10万円×100倍÷100=10万ドル

 

【1円下がった時の損失】

10万ドル×(100円-99円)=10万円

このように、100倍というハイレバレッジをかけて、取引可能額である1,000万円いっぱいのポジションを持つと、たったの1%為替が動いただけで証拠金がゼロになってしまうことがお分かりでしょうか。

1%の為替変動など日常茶飯事なので、海外のFX口座で資金に見合わないレバレッジをかけるのは非常にハイリスクであると言えるでしょう。

FXレバレッジの借金リスクを回避する方法3つ!

借金のリスクはゼロになる?結論としては、レバレッジ1倍ならFXのリスクをかなり減らせます。

なぜなら、レバレッジを使わずに等身大の取引をしていれば、万が一大幅に値が動いたとしても、ロスカットが間に合わない可能性は限りなく低いからです。


しかし『絶対にリスクを0にできる』という保証はできません。

レバレッジのリスクをゼロにするのは無理だと分かったんですが…少しでも減らせる方法はありませんか?

そうだね~、それではこれからレバレッジのリスクを軽減するための対策を3つ紹介していくよ!

リスク回避の方法1:為替変動が激しい時を避ける

1つ目は、相場が大きく動くときにポジションを保有しないということです。

なぜならレバレッジが低くても、為替が乱高下すればその分ロスカットされる可能性は高くなるからです。

予想外の相場の荒波に飲まれて、一気に含み損を抱えてしまうケースが多々あります。


少しでも儲けたいという欲が出るのは分かりますが、もっと安全に利益を出せるチャンスは他にもたくさんありますので、ここはぐっとこらえましょう。

リスク回避の方法2:相場予測が立たない場合はポジションを保有しない

2つ目は、経済指標発表時など、テクニカル分析で為替予測が立たない場合はポジションを保有しないということです。


なぜならプロの投資家でも予測を外す可能性があるほど、予測が難しい一方で、予測が外れた時に大きく相場が動くからです。

たとえばアメリカの大統領選でトランプ大統領が当選したのがいい例です。


きちんと根拠を持った分析手法により、50%以上の確率で相場の動きを予想した上でエントリーするのがFX
なので、予測がつかない時にまでポジションを持つのは非常に危険です。

リスク回避の方法3:週をまたいでポジションを保有しない

3つ目に、週をまたいでポジションを保有しないべきです!


なぜなら土日の間に経済状況が変わり、為替レートが大きく下落する可能性があるにも関わらず、決済取引ができないからです。

前週末は大丈夫だったのに、週明けに含み損が想定以上に膨らんでしまい、ロスカットされるリスクも高くなります。

結論としては、悪いニュースが出ても決済できない土日と、週明けの流動性の低下リスクに巻き込まれないようにするため、週末はポジションを持ち越さないようにすべきです。

FXレバレッジは何倍が最適?3つのパターンで検証!

いちばん得するのは?3パターンで検証

いったい初心者はレバレッジ何倍くらいでトレードすればいいんですか?

よし!それでは1倍・3倍・10倍のレバレッジを計算して、最適な倍数を検証だ!

FXレバレッジ1倍でロスカットの危険性を検証

まず、レバレッジ1倍、証拠金100万円、ロスカット率50%として、1ドル=100円で1万ドル(=100万円分)買った場合に、1ドルいくらになったらロスカットされるのか試算していきます。

【ロスカットされる損失ライン】

100万円×50%=50万円


【買えるドル】

100万円×1倍÷100円=1万ドル


【ロスカットまでの為替レートの下落幅】

50万円÷1万ドル=50円

つまり、1ドル=100円から50円下がればロスカットされる計算になります。

ちなみに、今までのドル円の最安値は2011年10月31日のリーマンショックで記録した1ドル=77.54円です。

そのため、さすがに1ドル=50円にまで円高になる可能性は低いので、実際にロスカットされることはほぼないと考えて良いと思います。

FXレバレッジ3倍でロスカットの危険性を検証

次に、レバレッジ3倍、証拠金100万円、ロスカット率50%として、1ドル=100円で3万ドル(=300万円分)買った場合はどうでしょうか。

【ロスカットされる損失ライン】

100万円×50%=50万円


【買えるドル】

100万円×3倍÷100円=3万ドル


【ロスカットまでの為替レートの下落幅】

50万円÷3万ドル=16.666円


【ロスカット時の為替レート】

100円-16.666円=83.334円

レバレッジ1倍の時は50円もの下落に耐えることができましたが、3倍に上げると、17円弱の下落しか許容できなくなることがお分かりかと思います。

FXレバレッジ10倍でロスカットの危険性を検証

さらに、レバレッジ10倍、証拠金100万円、ロスカット率50%として、1ドル=100円で10万ドル(=1,000万円分)買った場合はどうなるか計算してみます。

【ロスカットされる損失ライン】

100万円×50%=50万円


【買えるドル】

100万円×10倍÷100円=10万ドル


【ロスカットまでの為替レートの下落幅】

50万円÷10万ドル=5円


【ロスカット時の為替レート】

100円-5円=95円

レバレッジを10倍まで効かせると、なんと為替が5円下落しただけでロスカットされてしまうという結果となりました。

結論!FX初心者に最適なレバレッジは1~3倍

上記の証拠金シミュレーションから、FX初心者はレバレッジ1~3倍で取引することをおすすめします。

なぜなら、レバレッジが1倍なら為替が半分にまで下落しなければロスカットされる危険性はありません(現実では考えにくい)し、3倍でも17%程度の下落なら許容できるからです。

【FXのレバレッジで借金】まとめ

FXのレバレッジで借金】まとめ

いかがでしたか? 今回の記事では、「レバレッジの仕組みと借金」「リスクの対策方法と初心者に最適なレバレッジ倍率」についてご紹介しました。

FXレバレッジで借金リスクを回避する方法3つ
  • 「相場が荒れている時は取引を控える」
  • 「相場が予測できないときは取引しない」
  • 「週末にポジションを持ち越さない」


「レバレッジを思いっきり効かせて大儲けしたい」と思う気持ちは分かります。

しかし、身の丈以上の取引をすると、大損してFXの世界から撤退するなんてことも。自分の欲と上手く向き合ってFXに取り組むことが大切です。