【1分で理解】「ショート」は中級者向き手法!ロングとの違い・注意点

FXショート

この記事で解決できる悩み
  • FXのショートってどういう意味なの?
  • ショート取引の特徴は?
  • ショートを使った稼ぐコツを知りたい!

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「ショートの仕組み・特徴2点」を理解すれば、FX初心者でもショートを適切に使え流ようになります。


なぜなら、私もこの方法でショート取引の注意点を知り、うまくショートを使えるようになったからです。


それでは以下で「ロングとショートの特徴や仕組み」について紹介します。

FXのロング・ショートは売買注文のこと

FXの「ロング・ショート」とは、通貨を「買う」または「売る」注文行為を指し、「長い・短い」の長さを意味するのではありません。


由来は諸説ありますが、「相場が上がるまでは、時間がかかるからロング・相場が下がるときは、短時間で下がるからショート」と呼ばれるようになった、などとされています。

【前提】ロングは「通貨を買う」こと

上記のように、ロングとは「通貨を買う」行為を指します。


たとえば、1ドル=100円のときに相場が上昇すると予想して、ドル円をロング(買う)するとします。


その後1ドル=105円になったときに、ロングポジション(買いポジション)を決済すれば、5円×取引ドル数量分の利益が出せる仕組みです。


逆に、1ドル=95円に下がってしまったら、5円分の損失になるので注意が必要です。

【前提】ショートは「通貨を売る」こと

一方、FXのショートとは「通貨を売る」行為です。


たとえば1ドル=100円のときに、相場が下落すると予想して、ドル円をショート(売る)するとします。


そして、1ドル=95円になったときに、ショートポジション(売りポジション)を決済すれば、5円×取引ドル数量分の利益が出せる仕組みです。


逆に、1ドル=105円に上がってしまったら、5円分の損失になるので注意が必要です。

ポイント
FXにおける「ロング」は相場の上昇を、「ショート」は相場の下落を狙います。

FXショートのメリット&デメリット

FXショートのメリット・デメリットを紹介

「FXショート」のメリット

ショート取引のメリットは、下落相場でも利益を出せる点です。


FXのいいところは、下落相場でも稼げる相場に変えられることなので、大いに利用すれば稼げます。


たとえば、1ドル=100円の時に1ショートするとします。そこから1ドル=90円の時に買い戻せば、利益を得られるのです。


つまり価格が下がれば下がるほど、利益は大きくなります。

「FXショート」のデメリット

ショート取引のデメリットは、損失が無制限に膨らむ可能性がある点です。


具体的にはスワップポイントがマイナスになるので、日々支出が発生します

ちなみにスワップポイントとは、通貨同士の金利差で得られる利益のことです。


そのため、ショートポジションを長期で保有していると、保有している日数分のマイナススワップ分が負担となります。


こういったことから、ショートでの取引が向いているのは、「損切り」をしっかりルール化して実行できる方です。


ショートでの取引は、相場に慣れてロスカットも十分に使えるようになってから、使用してみましょう!

失敗リスクを減らして、ショートで取引する3ステップ

失敗リスクを減らして、ショートで取引する3ステップ

ここでは『失敗のリスクを減らして、ショートで取引をはじめられる』ステップを紹介します。


「ショートは一見不利そう!」と思われる人も多いのですが、ショートもロングも、どちらかが有利ということはありません


どちらでも一定のリスクはあります。


そのため、ショートで取引をしてみたい方は、これから説明する3つのステップを必ず踏まえた上で、取引をはじめてみてくださいね。

ショート 失敗リスクを減らす3ステップ
  1. ショートに適した通貨ペアを選ぶ
  2. 選んだ通貨ペアの『売りスワップポイントが有利なFX会社を選ぶ
  3. 少額からはじめる

それぞれのステップについて、説明していきます。

ステップ1:ショートに適した通貨ペアを選ぶ

ショートで取引をする場合は、ショートに適した通貨ペアを選ぶ必要があります。


なぜなら、適していない通貨ペアで取引してしまうと損するからです。


ショートに適した通貨ペアは、以下の2つの特徴をもつものになります。

  • 為替相場が下降トレンドになると予測される通貨ペア
  • 売りスワップポイントがプラス、もしくはマイナスでも低い通貨ペア

ショートで取引する際は為替相場が下降トレンドになることを予測した上で、売りポジションを保有する必要があります。


特に長期で保有する場合は、下降トレンドの通貨を選択する必要があります


また、売りスワップポイントがマイナスなのか、プラスなのかも重要です。


売りスワップがプラスの通貨ペアを選べば問題ありませんが、マイナスの場合はとにかくマイナス額の低い通貨ペアを選びましょう。

ユーロ円は売りスワップポイントがプラスですので、ショートにオススメですよ

ステップ2:売りスワップポイントで有利なFX会社を選ぶ

通貨ペアが決まったら、次に売りスワップポイントが有利なFX会社を選びましょう


なぜなら、同じ通貨ペアでもFX会社ごとにスワップポイントが異なるからです。


ショートの場合は『売りスワップポイント』になりますので、売りスワップポイントが有利なFX会社を選ぶ必要があります。

  • 売りスワップがプラス(受け取れる)の通貨ペアの場合:売りスワップポイントの高いFX会社を選ぶ
  • 売りスワップがマイナス(支払う)の通貨ペアの場合:売りスワップポイントの低いFX会社を選ぶ

上記を踏まえて口座開設した後は、実際に取引スタートです!

ステップ3:少額からはじめる

口座開設したら、取引を少額ではじめてみましょう。


少額ではじめる一番のメリットは、損失が少なく済むからです。


理想は3~4万円ほどの投資で取引をはじめてみることをオススメします。

ショートに適したおすすめFX会社1つ

ショートに適したおすすめFX会社1つ

ショートでオススメするFX会社はDMM FXです。


なぜなら、主要通貨ペアの『売りスワップポイント(支払い)』が業界内でも最低水準だからです。

米ドル円の場合(2019年9月24日)

ショートなら売りスワップポイントが低いDMM FX

DMMFX

DMM FXは売りスワップポイントが低い上、トレーダーに嬉しい長所を兼ねそろえており、初心者にもおすすめです。

DMM FX 長所4つ
  1. 業界初!LINEカスタマーサポートで24時間、相談可能
  2. 取引実績に応じて、現金に換金できるポイントがある
  3. 操作性が高いツールを用意。スマホで取引しやすい
  4. FX取引の練習ができる「デモ取引」がある

FXは権利の売買だからショートが成り立つ

FXは売買権利だからショートが成り立つ

FXは実際に外貨を売買して所有するのではなく、「後日買い戻す」行為を前提としています。


そのため証拠金を負担する代わりに、買い戻したときの「決済差金がもらえる権利」を売買しています。


上記の点から、売りたい外貨を所有していない状態でも、ショート取引が成り立ちます。

【FX ショート】まとめ

FXショートのまとめ

上記で紹介した「ショート取引の仕組み・特徴2点」を理解すると、今後はショートについて悩むことはなくなります。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

ポイント
  • FXのショートは、長さを意味するのではなく、通貨ペアを「売る」こと
  • ショートのメリット:下落相場でも利益を出せる点
  • ショートのデメリット:損失が無制限に膨らむ可能性がある点

「持っていないものを売るなんてイメージできない」と最初は思うかもしれません。


しかし、FXは「権利の売買」なので、ショート取引も可能なのです。


FX初心者のうちは低リスクで相場に慣れていくことが重要なので、取引回数も増えてコツコツ安定に利益を出せるようになった時に「ショート」を使った取引も考えてみましょう!