【1分で理解】「ショート」は中級者向き手法!ロングとの違い・注意点

FXショート

この記事で解決できる悩み
  • FXのショートってどういう意味なの?
  • ショート取引の特徴は?
  • ショートを使った稼ぐコツを知りたい!

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「ショートの仕組み・特徴2点」を理解すれば、FX初心者でもショートを適切に使え流ようになります。


なぜなら、私もこの方法でショート取引の注意点を知り、うまくショートを使えるようになったからです。


それでは以下で「ロングとショートの特徴や仕組み」について紹介します。

FXのロング・ショートは売買注文のこと

FXの「ロング・ショート」とは、通貨を「買う」または「売る」注文行為を指し、「長い・短い」の長さを意味するのではありません。


由来は諸説ありますが、「相場が上がるまでは、時間がかかるからロング・相場が下がるときは、短時間で下がるからショート」と呼ばれるようになった、などとされています。

【前提】ロングは「通貨を買う」こと

上記のように、ロングとは「通貨を買う」行為を指します。


たとえば、1ドル=100円のときに相場が上昇すると予想して、ドル円をロング(買う)するとします。


その後1ドル=105円になったときに、ロングポジション(買いポジション)を決済すれば、5円×取引ドル数量分の利益が出せる仕組みです。


逆に、1ドル=95円に下がってしまったら、5円分の損失になるので注意が必要です。

【前提】ショートは「通貨を売る」こと

一方、FXのショートとは「通貨を売る」行為です。


たとえば1ドル=100円のときに、相場が下落すると予想して、ドル円をショート(売る)するとします。


そして、1ドル=95円になったときに、ショートポジション(売りポジション)を決済すれば、5円×取引ドル数量分の利益が出せる仕組みです。


逆に、1ドル=105円に上がってしまったら、5円分の損失になるので注意が必要です。

ポイント
FXにおける「ロング」は相場の上昇を、「ショート」は相場の下落を狙います。

FXショートの特徴2つ

FXショートのメリット・デメリットを紹介

「FXショート」のメリット

ショート取引のメリットは、下落相場でも利益を出せる点です。


FXのいいところは、下落相場でも稼げる相場に変えられることなので、大いに利用すれば稼げます。


たとえば、1ドル=100円の時に1ショートするとします。そこから1ドル=90円の時に買い戻せば、利益を得られるのです。


つまり価格が下がれば下がるほど、利益は大きくなります。

「FXショート」のデメリット

ショート取引のデメリットは、損失が無制限に膨らむ可能性がある点です。


そのため、ショートでの取引が向いているのは、「損切り」をしっかりルール化して実行できる方です。


ショートは上級者向けの取引なので、相場に慣れてロスカットも十分に使えるようになってから、使用してみましょう!

FXは権利の売買だからショートが成り立つ

FXは売買権利だからショートが成り立つ

FXは実際に外貨を売買して所有するのではなく、「後日買い戻す」行為を前提としています。


そのため証拠金を負担する代わりに、買い戻したときの「決済差金がもらえる権利」を売買しています。


上記の点から、売りたい外貨を所有していない状態でも、ショート取引が成り立ちます。

【FX ショート】まとめ

FXショートのまとめ

上記で紹介した「ショート取引の仕組み・特徴2点」を理解すると、今後はショートについて悩むことはなくなります。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

ポイント
  • FXのショートは、長さを意味するのではなく、通貨ペアを「売る」こと
  • ショートのメリット:下落相場でも利益を出せる点
  • ショートのデメリット:損失が無制限に膨らむ可能性がある点

「持っていないものを売るなんてイメージできない」と最初は思うかもしれません。


しかし、FXは「権利の売買」なので、ショート取引も可能なのです。


FX初心者のうちは低リスクで相場に慣れていくことが重要なので、取引回数も増えてコツコツ安定に利益を出せるようになった時に「ショート」を使った取引も考えてみましょう!