FXデモトレードおすすめ比較!実際の取引を体験できる口座はどこ?

リスクゼロでできるFXデモトレードとは?

この記事で解決できるお悩み
  • FXデモトレードができる口座はどこ?
  • 本番前にしっかりと練習がしたい
  • デモトレードで比較すべきポイントは?
 

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「デモトレードを選ぶコツ3つ」を理解すれば、FX初心者でも自分に合ったデモトレードを始められます


なぜなら私もこの方法でより良いデモトレード口座を知り、安心してFXを始められたからです。


それでは、以下で「デモトレードの特徴や押さえるべきポイント」について紹介します。

そもそもFXのデモトレードとは何か?

FXデモトレードとは?デモトレードはバーチャルトレードとも呼ばれます。


日本語になおすと「模擬取引・擬似取引」となり、FXの練習が可能なツールです。


基本的に誰でも無料で使用できますが、すべてのFX会社で用意されているわけではありません。


いくら勉強しても、お金を賭けていきなり本番に挑みたくない方、トレードスタイルを決めていない方に向けたサービスとして、FX会社が提供しています。

FXデモトレードのメリット3つ

デモトレードはメリットがたくさんあります。

  1. 手数料が一切かからない
  2. どれだけ負けても、損失を払う必要がない
  3. 注文方法や様々な手法を失敗を恐れずに使用できる

デモトレードは、何回やっても手数料は一切かからずに仮想の取引ができます。


FXは「儲ける」ために始めるとはいえ、FX初心者が一番恐れるのが、大損して資金を失うリスクです。


しかし、デモトレードはどれだけ負けても自分の財布は痛まずに、好きなだけ練習可能な点が最大のメリットです。

FXデモトレードのデメリット3つ

デモトレードのデメリットとして考えられる点は下記の2つです。

  1. お金を出していないので、本番環境の緊張感は味わえない
  2. リアルトレードと同じツールを使えない場合もある

FXは自分のお金を使ってトレードしている訳ではないため、本番と同じ緊張感で取引できません。


この緊張の差はあまりないのでは?と感じるかもしれませんが、実際のトレードでは大きく影響します。


たとえデモではうまくいっていたとしても、本番ではポジションをたくさん持ってしまい、決済タイミングを失う「ポジポジ病」を痛感する場合もあります。

FX初心者は、デモで注文方法や手法を試したら、実際に少額から始めてみるのがオススメですよ!

FXデモトレード口座を選ぶコツ3つ

FXデモトレード口座を選ぶコツ3選

下記の3つがデモトレード口座を選ぶコツです。

  1. 本番のトレードとの類似性
  2. スマホアプリの操作性
  3. デモ口座の有効期限は無制限か

それでは以下で、それぞれについて詳しく解説します。

選ぶコツ1:本番トレードと同じか

いくら練習とはいえ、可能な限り本番に近い環境でトレードすべきです。


FX会社によっては、本番トレードのツールが部分的に使えない(注文できても、決済できないなど)場合があります。


そのため、デモトレードで使える機能が本番と同じかを事前に確認しましょう。

選ぶコツ2:スマホアプリが使いやすいか

最近は、時と場所を選ばず取引可能なスマホを使う場合が多くあります。


そのため、スマホアプリの操作性も確認しましょう。


具体的には下記の4つを確認してから使用してください。

  1. 画面操作はシンプルか

  2. ボタンの配置や大きさ

  3. 使いやすいか

  4. 画面の切り替え

選ぶコツ3:無期限で使えるデモ口座を使用する

デモ口座で厄介なのが、「期限切れによる再登録の手間」です。


短いところだと、1ヶ月で再登録を求められる会社もあるので、あまり取引練習ができないと損ですよね。


そこでオススメなのが、デモ口座に期間制限がない外為オンライン」や「FXブロードネット」です。


一方、期限無制限でなくても「DMMFX」なら3ヶ月も使えるため、練習期間としては十分でしょう。

FXデモトレードで確認すべき内容5つ

FXデモトレードをする際の確認事項5つ

  1. 取引画面の機能・意味を理解する

  2. 注文方法をすべて試す

  3. 損切・利食いをやってみる

  4. 3種のトレードスタイルを試してみる

  5. 大勝ち・大負けをしてみる

これら5つは、すべて本番のトレードでよく使う項目です。


本番ではじめて試すようだと思わぬ損失を被る危険性があるので、必ずデモトレードで確認しましょう。


詳しくは以下のリンクで紹介するので、参考にしてください。

FXデモトレードをする際の注意点

FXデモトレードをする際の注意点デモトレードではお金が一切かからないため、リアルな取引の感覚を持てません。


そのため、どうしても緊張感にかけてしまい、「始めてから全然上達しない!」という可能性もあります。


その反面、少額でも本番の取引を行えば、実際にお金を投資しているため緊張感もあって慣れることができます。


少額からでも取引に挑戦したい方は、SBI FXなら1通貨の約4円からスタートできます。


FXを少額から始める方法を知りたい方は以下を参照してください。

詳細ページFX初心者必見!少額で始めるメリット・注意点を元銀行員が解説

FXデモトレード比較表

FX会社
期間
種類
デモトレードで使えるもの
YJFX
30日
・FX
・リピートトレール注文
・バイナリーオプション
Web取引画面、Cymoシリーズ全て(iPhone Cymo、Cymo NEXTなど)
外為オンライン
無期限
・FX
・iサイクル注文
全てのツールが利用可能
FXトレーディングシステムズ
無期限
・FX
・トラッキングトレード
全てのツールが利用可能
GMOクリック証券
1ヶ月
・FX
・バイナリーオプション
Web取引画面、はっちゅう君FX、モバトレ君、プラチナチャート
DMMFX
3ヶ月
・FXDMMFX PLUS, DMMFX STANDARD, スマートフォンアプリ DMMFX

外為オンラインFXブロードネットは全てのツールが利用可能なので、お金をかけずに本番と同じトレードが可能です。


デモトレードと本番でツールが違う場合、デモではうまくできたのに本番では失敗する危険性が高いです。


本番でミスをすれば意味がないので、デモトレードも慎重に選ぶようにしましょう。

FXデモトレードの口座開設の条件・必要な書類について

FXデモトレード口座開設するには

本来のFX口座開設では、20歳以上(SBIFXは18歳以上)で100万円の資産を持っているなどの条件があるだけでなく、本人確認書類等の提出義務もあります。


しかし、デモトレードではそれらが一切必要なく、メールアドレスとニックネームの登録だけでデモ口座が開設可能なので、誰でも簡単・気軽に試せるのです。

FXデモトレードの簡単な始め方

外為オンラインデモトレード画面

それでは、デモトレードをどのようにして始めたらいいのか、具体的なFX会社のデモ申し込みフォームを使って解説します。


上記は、外為オンラインのスマホのデモ口座の申し込み画面です。


なお「名前」と「メールアドレス」のたった2つを入力するだけで、デモ口座が登録できます。

【FXデモトレ―ド】まとめ

FXはデモトレードから始めよう!

上記で紹介した「デモトレードで確認すべきコツ3つ」を実践すると、今後はデモトレード の比較で悩むことは一切なくなり、しっかりと準備してから本番のFXトレードを始められます


最後にもう一度内容を確認しましょう。

デモトレード口座を選ぶコツ3つ
  • 本番と同じトレードツールがあるか
  • スマホアプリは操作しやすいか
  • デモ口座の有効期限は無制限か
デモトレードで確認すべき内容
  • 取引画面の機能・意味を理解する
  • 注文方法を全て試す
  • 損切・利食いをやってみる
  • 3種のトレードスタイルを試してみる
  • 大勝ち・大負けをしてみる
デモトレードでおすすめのFX会社

「デモトレードせずに、早く本番がやりたい」と最初は思うかもしれません。


しかし、知識だけのぶっつけ本番では上手くいく可能性は低いので、しっかりと練習してから本番に挑みましょう。