FXは高校生も口座開設OK!親や学校にバレない始め方・やり方は?

FXは高校生も口座開設OK!親や学校にバレない始め方・やり方は?

この記事で解決できる悩み
  • 高校生だけどFXの口座開設したいな
  • FXをやりたいんだけど高校生の場合どうしたらいいの?
  • FXの口座開設方法について知りたい

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。元大手銀行員のクニトミが解説しますね!


この記事で解説する『高校生が口座開設できる方法と口座開設のステップ4つ』を理解すれば、FXを始めたい高校生でも口座開設してできます。


それではまず、『高校生はFXの口座開設できるのか』から紹介していきますね。


高校生が口座開設できるFX口座を早く知りたい!』という方は、『コストを抑えて取引できるSBI FXトレード』を選びましょう!

目次

高校生(未成年)はFXの口座開設できる?

高校生(未成年)はFXの口座開設できる?

親権者の同意があれば、満18歳以上の高校生(未成年)でも一部の業者でFXの口座開設を行えます。


多くの業者で未成年が対象外になっている理由は、大人に扶養される立場で法律にもとづいた契約をする能力がないからです。


SBI FXトレードは満18歳以上の高校生も対象になっており、必要な書類を揃えるとFXの投資にチャレンジできますよ!

コストを抑えて取引したい人はSBI FXトレード

SBIFXトレード

「資金があまりないからコストも気になる」という方は、少額から取引可能なSBI FXトレードがオススメです。


取引手数料のスプレッドも業界最狭水準で、お小遣いやバイト代をムリなく増やせます


毎月の余剰金の1,000円で100通貨の運用経験を積めば、進学や就職をきっかけに大きな金額の取引をする準備になります!


また、口座開設後に入金すると500円が特典としてもらえて取引に活かせますよ!

未成年は海外口座(海外のFX業者)はやめよう

まだ社会を知らない未成年は、日本の金融庁が認めている国内のFX業者を選びましょう。


なぜなら海外に拠点があるFX業者ではトラブルが相次いでおり、稼いだお金を引き出せないケースがあるからです。


トラブルを抜きにしても、出金までに数週間~1か月以上かかるケースもあるため、オススメできません。

18歳以上の高校生がFXの口座開設をする4ステップ

18歳以上の高校生がFXの口座開設をする4ステップ

以下の4つの手順でSBI FXトレードの口座開設を行うと、スムーズに手続きが完了します。


同年代の他の人に差をつけるために、最速の方法で投資開始しましょう!

高校生がFXの口座開設をする4ステップ
  1. 必要書類を準備する
  2. SBI FXトレードで口座開設をする
  3. 審査に通る
  4. FX口座関連書類が届く

ステップ1:必要書類を準備する

未成年が準備する書類

未成年の口座開設においては、成人の場合とは違って親権者の同意書が必要です。


満18歳以上の高校生は自分の判断だけでは契約できないので、親を説得しなければいけません。


自分で用意したお金だけで責任を持って行うことを説明して、口座開設にかかる時間を短縮しましょう!

ステップ2:SBI FXトレードで口座開設をする

FXの口座開設では、投資に使う資産の金額も審査対象になります。


SBI FXトレードで口座開設を行うときには、審査に合格するラインの資産の申告が必須です。


過去の事例から30万円以上の資産があれば通る可能性が高いので、受け取るお小遣いやバイト代を計画的に貯金しておきましょう。

ステップ3:審査に通る

口座開設の申し込みが終わったら、SBI FXトレードで「この人がFXを行うのに問題はあるか」の審査が行われます。


どのFX会社でも口座開設の審査があるため、必ず資産の金額などの重要項目がチェックされるのです。


細かな違いでも不一致とみなされるので、入力に気をつけましょうね。

ステップ4:FX口座関連書類が届く

SBI FXトレードの審査に通ると、FX口座の関連書類が書留で届きます。


書類には自分のFX口座のログイン情報や注意事項が載っているので、間違って捨てないように大切に保管しておくべきです。


自分の責任でFXのトレードを行う自覚を持ち、IDやパスワードの管理を行いましょうね。

【質問10つ】FXで高校生が親や学校にバレない始め方

【質問10つ】FXで高校生が親や学校にバレない始め方

ここからはFXをやりたい高校生が持つ疑問を解消します!


取引に関することから、親や学校にバレてしまうかなどをお答えしましたので、参考にしてくださいね!

高校生の疑問10つ
  • Q1:親にFXやっていることはバレない?
  • Q2:親に、FXの取引内容はバレない?
  • Q3:学校や家に電話はかかってくる?学校にはバレたくない
  • Q4:高校生でも稼げる?
  • Q5:元手が1万円しかありません。それでも稼げますか?
  • Q6:銀行口座とは違うんですか?
  • Q7:FXは練習ってできないんですか?
  • Q8:高校生には株とFX、どっちがおすすめですか?
  • Q9:高校生に投資は早くないですか?
  • Q10:高校生のうちからFXをするメリットはありますか?

Q1:親にFXやっていることはバレない?

FXやりたい!って思ってるんですが、親にバレるのが怖いです・・・。

FXをやると、親にバレちゃうんでしょうか?

親の同意書が必要になるからFXの取引をしていることはバレるぞ。


だからまず、親を説得することが肝心だな!


5円から始められるし、社会勉強としてやってみたい!」みたいな感じで親を説得しよう。

Q2:親に、FXの取引内容はバレない?

親にFXをやることがバレるのは理解しました!

ただ、取引内容も親にバレちゃうんですか?

取引画面を親に除かれない限り親にバレることはないぞ。


取引口座は本人宛に届いた書類を基にログインするから、ログインIDやパスワードを知らない限りログインして内容を見ることはできないんだ。


取引画面をのぞき込まれない限り、バレないと思うぞ!

Q3:学校や家に電話はかかってくる?学校にはバレたくないな

FXをやる決心はついたんですが、学校とか家に電話がかかってくることはあるんでしょうか?


学校にバレて、騒ぎになったりしたら怖いなって思ってます・・・。

家や学校に電話はかかってくることはないぞ!


ただ、家に口座開設の書類は届くから、そのことは覚えておこう!

Q4:高校生でも稼げる?

率直な質問です!

高校生でも稼げますか?

もちろん、高校生でも稼げるぞ!


未成年だから稼げないということはないんだ。


勉強をして経験を積めば高校生でも利益は見込めるぞ!

Q5:元手が1万円しかありません。それでも稼げますか?

お小遣いを貯めたんですが、FXに使えるお金が1万円だけなんです・・・。

それでも稼げるんでしょうか?

元手1万円でも十分に稼げるぞ!


何度も紹介しているがSBIFXトレードなら約5円からスタートできるんだ。


利益を出せれば、徐々に取引金額を上げることもできるから、元手が1万でも十分だぞ。


元手1万円で稼ぐ方法を知りたいなら、以下の記事も見ておくといいだろう。

Q6:銀行口座とは違うんですか?

イマイチ理解できてないんですが、銀行口座とFX口座っては別物なんですか?

銀行口座とFX口座は別物だ。


だからFXは専用の口座を開設する必要があるんだ。


といってもお金を取られるとか、詐欺まがいなことはないから安心だぞ。

Q7:FXは練習ってできないんですか?

ぶっつけ本番で取引するのは、ちょっと怖いな。

FXって練習できたりしないんですか?

デモトレードというシステムがあるから、それを使えばできるぞ。


ただ、実際にお金を使っているという緊張感は薄れてしまうんだ。


デモトレードよりもSBIFXトレードなど少額で取引できるFX会社で実践を積んだ方が、いい経験になるぞ!

Q8:高校生には株とFX、どっちがオススメですか?

高校生の投資っていうと、FXのほかに株もできますよね?

株とFXだと、高校生にはどっちがオススメなんでしょうか?

高校生におすすめなのはFXだな。


FXは最小で5円からスタートできるから、資金が少ない高校生でも始めやすいんだ。


株は買うのに数千円~数万円かかるから、ちょっと高いんだよな。


FXは主要通貨だと8種類程度で選択肢も多くないので、迷わないからおすすめだぞ!


FXと株の違いを知りたければ、以下の記事に詳しく書いてあるからを見てみよう!

Q9:高校生に投資は早くないですか?

FXって投資の1つですよね。

高校生に投資って、早くないですか?

早くないと思うぞ。


社会人になると仕事に追われて投資に時間を割けなかったり、給料が入るからこそお金をたくさん使ってしまったりするんだ。


高校生など学生のうちは比較的時間を割きやすいから、今のうちからスタートして早く知識を蓄え、取引を開始するといいだろう。

Q10:高校生のうちからFXをするメリットはありますか?

ちょっとずつFXに興味が持ててきました!

ところで、高校生からFXをするメリットってなにかあるんでしょうか?

もちろんあるぞ!


色々あるが、『経済情報に詳しくなれる』というメリットが大きいな。


取引していると経済や外国の情報を自然と得られるから、今後働くことになったとき、面接のアピールポイントにもなるぞ!

高校生(18歳以上)がFXトレーダーとして稼ぐコツ3つ

高校生(18歳以上)がFXトレーダーとして稼ぐコツ3つ

下記で紹介する3つのコツを実践すると、FXのリスクを抑えられます。


口座開設が完了するまでに覚えておくと資金を守りやすくなるので、さっそく勉強しましょう。

高校生(18歳以上)が稼ぐコツ
  • レバレッジは3倍以下
  • 1回の投資に全額使わない
  • 取引の記録をつける

コツ1:レバレッジは3倍以下

レバレッジは3倍以下からスタートするのが、オススメです!


理由は少しの値動きで強制決済になる危険を避けるためで、資金余裕を持たせておく必要があります。


レバレッジとはなにかが書いてあるこちらの記事で学び、自分で計算してみるのがオススメですよ。

コツ2:1回の投資に全額使わない

全額を一気に投資せず、少しずつ投資するのも、FXの大事なコツです。


分散投資をしたほうがよい理由は、口座開設直後にたった数回の負けで自分の資産をすべて失わないために他なりません。


リスクを避ける方法には時間分散投資と呼ばれる方法もあり、こちらの記事を読むとしっかりと身につけられますよ。

コツ3:取引の記録をつける

自分の弱点を理解するために、取引の記録をつけて、復習しましょう!


記録を付けなければ、毎回のトレードがどんな結果だったのか、自分のトレードにはどんな特徴があるのかを理解できません。


口座開設が終わったあとに表計算ソフトで記録用のシートを作っておけば、トレードの見直しで失敗を繰り返さない投資運用ができますよ!

高校生がFXをする際の注意点4つ

高校生がFXをする際の注意点4つ

お金を使うFXにはリスクがつきもので、いかにリスク管理を行えるのかで結果が変わります。


以下で紹介する内容を知って、発生する損失を最小限に抑えましょう。

高校生がFXをする際の注意点
  • 勉強に支障が出てはいけない
  • 簡単に利益は出ない
  • FXについての勉強が必要
  • 学生を狙った詐欺もある

注意点1:勉強に支障が出てはいけない

FXのトレードは趣味の範囲にとどめて、学業を優先することが大切です。


なぜならFXをしすぎてトレード中毒になった場合、赤点で進級すら危うくなる恐れがあるからです。


高校生の投資運用では1日1時間までの制限や、500円ぐらいの少額取引で、毎日の規律正しい生活を守る点も問われます。

注意点2:簡単に利益は出ない

為替相場はプロでも大損をする厳しい世界のため、口座開設をしたばかりの高校生では簡単に利益を出せないのが普通です。


テクニカル分析などの専門知識を学び、自分なりに考えた取引ルールを試すと、着実に利益を上げられますよ。


ギャンブルのように勘で勝負した場合には、ただ資金を失うのみです。


自分ルールが大切ですが、資金管理のルールについては以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

注意点3:FXについての勉強が必要

FXで安定的に勝てる水準まで成長するためには、専門用語・チャートの読み方・売買シグナルを学び、実践してトライ&エラーを繰り返すのが重要です。


ただし高校生としての勉学に支障をきたさないことが大切なので、隙間時間でコツコツと勉強しましょう。


信頼のおけるテクニカル分析を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

注意点4:学生を狙った詐欺もある

インターネットでは高校生をターゲットにした詐欺もあるので、「1年で1,000万円稼げる」などの過度な表現の広告やサイトに要注意です。


安全なFX会社については、金融庁から認可を得ているのかどうかで判断できます。


投資関連の詐欺被害に遭わないように、まず相手の素性と評判を調べる点が重要です。


詐欺集団は海外のFX口座を指定してくるので、話の中で海外口座を指定されたら詐欺を疑いましょう。

18歳以上の高校生ならFXの口座開設をして稼げる!

18歳以上の高校生ならFXの口座開設をして稼げる!

上記で紹介した『高校生がFX口座開設をするステップと取引のコツ3つ』を実践していただくと、今後は高校生はFXできるのかで悩むことは一切なくなり、高校生のうちからFXで利益を上げることができます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • 高校生(18歳以上)が口座開設できるのは1社
  • 高校生からFXをすると経済情報に詳しくなれる
  • レバレッジや投資金額には注意が必要
コストを抑えて取引できるFX会社

『高校生でも本当に口座開設できるのかな』と最初は思うかもしれないですが、一度理解できれば、すぐにFXができるようになります。


FXについてもっと詳しく知りたい人は以下の記事も読んで理解を深めましょう!