FXで勝てるエントリーポイントの見つけ方6つと注意点2つを図解で紹介

エントリーポイントの見極め方

この記事で解決できるお悩み
  • 正しいエントリーポイントでトレードできているかわからない
  • 勝率の高いエントリーポイントのルールを知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「勝率の高いエントリーポイントのルール」を理解すれば、FX初心者でもトレードで利益を出すことができます。


なぜなら、私もこの方法で「もっと利益を出してトレードで勝ちたい」という悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「エントリーポイントの基礎的な知識」と「エントリーするときに心がけるべき3つのポイント」について解説します。

FXで最重要!エントリーポイントとは?

新規で売買した価格のことエントリーポイントとは、読んで字のごとくエントリーするポイントであり、新規で買った価格、もしくは新規で売った価格を指します。


このエントリーポイントが、FXトレードにおいて非常に重要になります。

FXでエントリーポイントが重要な理由

FXトレードの一連のプロセスは単純で、「あるレートでエントリーし、あるレートでイグジットする」たったこれだけなのです。


このようにシンプルであるがゆえに、「エントリーポイントを決めた時点で、トレードの勝敗の半分は決まっている」といっても過言ではないでしょう。

FXで勝てるエントリーポイントを見つ方6つ

エントリーポイントを見つける方法最初に、エントリーポイントの具体的な5つの例をご紹介します。


FXトレードにおいて基本ともいえる方法なので、身につければトレードの助けとなる点は間違いないでしょう。

方法1:押し目買い

 

相場が上昇トレンドの時、一時的に逆行してから元の上昇トレンドに戻る「押し目」が必ず存在します。


押し目は買いのエントリーチャンスなので、ただ漠然とトレンドに沿った方向にエントリーするよりも優位性が高くなります。


押し目がきて下がったところでエントリーするほうが、エントリー後に逆行する可能性が少ないため、エントリータイミングを待ちましょう

方法2:戻り売り

押し目とは反対に下降トレンドの時、一時的に上昇してから下降トレンドに戻ることを「戻り」といいます。

戻りは売りのエントリーチャンスで、漠然とトレンドに沿うよりも戻り売りをしたほうが優位性が高くなります。

方法3:トレンドの転換期

レジスタンスライン

トレンドが転換すると、反対方向に大きな値動きが発生する傾向にあります。


ゆえに、トレンドが転換する瞬間にエントリーすると、トレードの勝率を高められるのです。


トレンドの転換点をとらえる一例として、レジスタンスラインのブレイクがあります。


たとえば下降トレンドで推移している状況で、レジスタンスラインを割った後は反転して大きな上昇になりやすい傾向にあります。

方法4:ブレイクアウト

レンジ相場が長期間続いているような状況で、値がレンジの上限もしくは下限から飛び出すような挙動を見せたときはエントリーのチャンスです。


レンジから抜ける、すなわちブレイクアウトした後はその方向に大きく動きやすい性質があります。

方法5:ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは

値動きそのもの以外に、インジケータによってエントリーポイントを見つける方法もあります。


代表的なインジケータとしてMACDがありますが、ゴールデンクロスと呼ばれるMACDがシグナルを上に抜ける状態は、上昇トレンドに転換する可能性の高さを示しています。


上で述べたようにトレンドの転換点は勝率の高いエントリーポイントのひとつなので、このようにインジケータを用いてエントリーポイントを探すのも有効な手段だといえます。


※MACDについての詳しい説明は、「MACDの正しい使い方」の記事をご参照ください。

方法6:ダイバージェンス

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、たとえば値動きは下降しているのに、MACDは上昇しているといった相違が現れる状態を指します。


ダイバージェンスが起きているとき、たとえ値動きは下降トレンドであっても、MACDが示すように上昇トレンドに転じる可能性が高いです。


そのため、ダイバージェンスは有効なエントリーポイントを示唆する現象といえるでしょう。

FX中級者でも陥りやすい?!エントリーポイントの注意点2つ

エントリーする際の注意点エントリーポイントは、その期待値を考慮せずに探そうと思えば、いくらでも見つかってしまうため、ついついチャートに張り付いてエントリーするチャンスはないかと必死になってしまいます。


するといつの間にか損失がかさんでしまうのです。


初心者から中級者が陥りがちな2種類の状況について紹介します。

注意点1:ポジポジ病(スキャルやデイトレの人にありがち)

ポジポジ病とは、初心者から中級者にありがちな症状で、期待値の高いエントリーポイントを知っているがゆえにすべてがチャンスに見えてしまい、次々とエントリーしてしまう状態を指します。


冷静に見ればそこまで勝率の高くない場面でもエントリーしてしまうため、気が付けば損失がかさんでいるのです。


とくに短い時間で何回もエントリーするスキャルピングやデイトレをする方は注意したほうがいいでしょう。


ポジポジ病になりやすい方は下記の2点に注意して取引するのがオススメです。

ポジポジ病のポイント
  1. 自分が勝てる、自信のあるルールを持つこと
  2. ルールを日頃の取引から守るようにすること

※上記の『FXのルール』に関する詳しい内容は、後ほど紹介します。

注意点2:無計画な張り付きトレード

エントリーポイントがわかると、そのエントリーポイントの条件を満たす場面を待つため、延々とチャートに張り付く人がいます。


チャンスを逃したくない気持ちでチャートから目が離せなくなってしまうのです。


そうなるとストレスでメンタルは冷静でなくなり、それほどチャンスでない場面でエントリーしてしまったり、チャンスが来てもエントリーが早すぎたり、逆に遅すぎたりとトレードに悪影響を与えてしまいます。

ずっと張り付いていたらチャンスを逃さないってわけでもないのか・・・
そうですね。プレッシャーで冷静な判断ができなくなるから、計画を立ててトレードしましょう。

FXでエントリーする際に心がけたい3つのポイント

勝率を高めるコツ以上のようなエントリーポイントにまつわる注意点に対し、どのように対応すればよいのでしょうか。


対策として以下の3つです。

  • 無理にエントリーしない
  • エントリーポイントを絞る
  • 今のトレンドを見極める

それでは以下で詳しく説明していきます。

ポイント1:無理にエントリーしない

トレードでは「勝つよりも負けない」ことが重要です。


エントリーしなければ、利益も出ませんが損失も発生しません。


ムリなエントリーは、たまにうまくいく場合はあっても長期的に見れば損失に終わるケースのほうが多いのです。


とくに、経済指標の発表前後などの値動きが荒れているときのエントリーは大損を招く可能性もあり、盤石な戦略がない限りやるべきとは言えません。


ムリなトレードをせず、期待値が高いと思われる場面でのみエントリーするように心がけましょう。

ポイント2:エントリーポイントを絞る

ポジポジ病に陥っている人は、はっきりとしたエントリーの基準を持っていない人が多いです。


エントリーの基準を持っていないために、『なんとなく利益が取れそう』といった、ぼんやりとした根拠でエントリーしてしまいます。

自分でエントリールールを決めて、1回1回のトレードに集中しましょう。
エントリールールの例
  • あらかじめどの通貨ペアで取引をするか
  • どの時間帯にエントリーするか
  • エントリーの根拠とするシグナルは何か
しっかりとした根拠にもとづく、期待値の高いトレードが大事ですね!

※『FXのルール』についてもっと知りたい方は、下記をご覧ください。

ポイント3:今のトレンドを見極める

スキャルピングなどの短い時間軸でトレードしている人も、長い時間軸のトレンドを把握してからトレードをする点が大切です。


長い時間軸の大きなトレンドをつかむと、今現在トレンドの高値圏なのか安値圏なのかなどを把握でき、より優れた戦略でトレードに臨めます


それにより短い時間軸でのトレードも勝率の高いものとなるでしょう。

エントリーポイントを見極めてFXで利益を上げよう!

エントリーポイントが勝敗を決める

最初に述べたように、エントリーポイントを決めることで、トレードの勝敗は半分決まっているようなものです。


自分のルールをしっかりと定めて、期待値が高いラインまでエントリーを待つことが、FXで利益を上げるうえで大切なのです。

この記事に書いてある、『期待値の高いエントリーポイントを適切に選択する』ことで、今後はエントリーポイントの考え方で悩むことは一切なくなり、FXで安定して利益を上げることができますよ。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • 期待値の高いエントリーポイントを把握することが利益につながる 
  • エントリーポイントは自分のルールに従って確実に選択する 
  • メンタルに影響するような無理なトレードは長期的には損失となるので避ける

「慣れないし、大丈夫かな?」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、優位性の高いエントリーポイントを簡単にみつけることができますよ。

 

※関連して、FXで売りと買いを見極める方法に関しては以下の記事をご参考ください。