FXテクニカル分析が意味ないと言われる理由3つ!上手な活用法2つも紹介

【アイキャッチ】テクニカル分析は無意味?その根拠を解説

この記事で解決できる悩み
  • テクニカル分析は本当に意味があるのか知りたい
  • テクニカル分析が意味ある根拠を知りたい
  • 実際に使えるテクニカル分析手法は?

といった悩みを解決できる記事になっています!

この記事で解説する「テクニカル分析が無意味といわれる理由3つ」を理解すれば、FX初心者でもテクニカル分析を使う際の注意点が分かりますよ。

なぜなら、私もこの方法で「テクニカル分析には意味がある」と納得できたからです。

それでは以下で、「テクニカル分析が無意味といわれる理由」や「テクニカル分析を無意味にせず有効的に使う方法」などについて紹介します。


今すぐにテクニカル分析がしやすいFX会社で始めたい方は『テクニカル分析がしやすい!おすすめFX会社2選』をご覧ください!

FXではテクニカル分析の意味がないと思われがちな理由3つ

[テクニカル分析]無意味と言われる理由は3つ

テクニカル分析に意味がないと主張する人の根拠をまとめると、次の3つです。

テクニカル分析に意味がないと主張する人の3つの根拠
  1. ランダムウォーク理論の存在
  2. 正しく使えていない
  3. 機能しない相場がある

以下で、各根拠について詳しくみていきましょう。

 理由1:ランダムウォーク理論の存在

ランダムウォーク理論とは、数学的な根拠にもとづいて、為替相場や株式相場の値動きは予測不可能だと考える理論です。

なぜなら、コンピューターにランダムに発生させたチャートと、実際のチャートの見分けがつかなかったからです。

この理論によると、どんなに優秀なテクニカル分析手法を使っても、当てずっぽうで運用した人と大差がない結論になります。

理由2: テクニカルを正しく使えていない

また、テクニカル分析自体を正しく使えていないと意味がありません。

たとえば、特定のテクニカル分析を極めようと固執したり、ネットで勝率がよいと評判のものに依存するなどが挙げられます。

このように、間違った使い方をするとせっかくのテクニカル分析も意味がなくなります。

理由3:テクニカルが機能しない相場がある

テクニカル分析の中には、得手不得手があるなど、使いどころが限られるものがあるので、初心者は注意しましょう。

たとえば、下記の手法が挙げられます。

  • ボリンジャーバンド…レンジ相場でのみ効果を発揮し、トレンド相場では役に立ちません。

  • RSI…レンジ相場でしか役に立たず、トレンド相場で使うと痛い目に遭います。

無意味ではない!FXテクニカル分析のメリット4つ

[テクニカル分析]4つのメリットを知ろう!

ここまで、テクニカル分析には意味がないと主張している人の根拠を示しました。

しかし、もちろんメリットも存在します。

以下では、テクニカル分析の4つのメリットについて詳しく解説します。

メリット1:チャートの集団心理のパターン化を知れる

チャートは集団心理をパターン化したものなので、この分析は相場心理の理解につながります。

なぜならチャートを分析すると、投資家の集団心理がわかるからです。

また、多くの人が使っている分析手法を学べば、分析に従う・従わないに関わらず、値動きそのものを理解しやすくなるメリットがあります。

メリット2:多くの投資家が注目するポイントが発見できる

テクニカル分析を学ぶと、多くの投資家が注目するポイントがわかりやすくなります。

なぜなら、彼らはテクニカル分析を使いながら取引しているからです。

ちなみに、多くの投資家が注目するポイントは売買が活発になり、取引高が多くなります。

そのため、取引高が増えた時に相場が動きやすいです。

メリット3:売買タイミングを決める際に役立つ

テクニカル分析は、売買タイミングを決定する際の助けになります。

そのため、エントリーや利確・損切りのチャンスを逃さずに取引できます。

とくに値動きの傾向だけでなく『売られ過ぎ・買われ過ぎ』など他のテクニカル指標も組み合わせると、より高確率で売買のタイミングを決められます。

メリット4:ファンダメンタルズ分析に偏った投資は難しい

相場には、ファンダメンタルズ分析のみでは説明できない値動きがあります。

たとえば、経済指標の結果が良かったのに為替が下落する場合や、経済指標が悪かったのに為替が上昇する場合です。

このように、ファンダメンタルズと異なった動きを見せている局面では、テクニカル分析が役立ちます。

テクニカル分析を活用し、FXの勝率をあげる3ステップ

[テクニカル分析]上手く付き合うポイント!

テクニカル分析を活用して、自分の成果をあげる方法学会の3ステップです。

  1. 状況に合ったテクニカル分析を知る
  2. 分析できるおすすめ5つ
  3. 本を紹介する

それぞれ詳しく解説します!

ステップ1:状況に合ったテクニカル分析を知る

テクニカル分析は適当に使うのではなく、状況に合った分析方法を知りましょう。

なぜなら、テクニカル分析のなかには特定の相場しか有効でないものがあり、どの手法をどの状況で使うかが大事だからです。

注意
たとえば、要人発言や経済指標による荒れ相場を狙ってスキャルピングする場合、ファンダメンタルズ分析を使って長期的なトレンドを掴もうとするのは避けましょう。

ステップ2:おすすめのテクニカル分析5つ

テクニカル指標は初心者向けから上級者向けまでかなりの数があります。


ただ、とくに初心者でも見やすく重要な指標が下記5つなので、知らなかった方は活用できるようにしましょう。

  • 移動平均線…もっともメジャー
  • ボリンジャーバンド…統計的なばらつきを利用
  • RSI…30%と70%ラインが目安
  • MACD…移動平均線の応用版
  • ストキャスティクス…RSIよりもわかりやすい指標

上記の具体的な使い方や見方は、下記の記事でわかりやすく書いているのでご覧ください。

ステップ3:テクニカル分析の本で理解を深める

テクニカル分析の理解を深めるために役立つのが本です。


いくつかありますが、その中で一冊選ぶなら「先物市場のテクニカル分析」が初心者向けでおすすめです。


シンプルでわかりやすい説明で、図解もあるため頭に入りやすいので、テクニカル分析について全く知らない方でも活用方法までマスターできちゃいますよ。


購入したい方は『先物市場のテクニカル分析』をクリックするとamazonに飛べますよ!

テクニカル分析の注意点:依存しすぎてはいけない

ここまでテクニカル分析が重要と言うお話をしてきましたが、テクニカル分析を過度に信用しないように注意してください。

なぜなら、テクニカル分析はトレードするうえで参考にはなるものの、100%正確なわけではないからです。

ただし、テクニカル分析を適度に活用すれば、根拠を持ってトレードできるので、勝率を確実に高められます。

分析が外れたと思ったらすぐに損切りして、次のトレードに切り替えれば大丈夫です。

FX初心者におすすめのテクニカルは移動平均線!

FXテクニカル分析でおすすめの移動平均線

移動平均線とは、一定期間に投資家たちが売買した為替レートを平均化したもので、初心者にオススメです。

なぜなら移動平均線は、テクニカル分析の基本だからです。

また、多くの投資家に利用されている分析手法のひとつで、MACDなどの応用も利きます。

ゴールデンクロスやデッドクロスなど、移動平均線の組み合わせで売買シグナルがわかるなどのメリットもあるんだ。覚えておいて損はないよ!

FXテクニカル分析でおすすめのMACDなどに関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

テクニカル分析がしやすい!おすすめFX会社2選

テクニカル分析がしやすい!おすすめFX会社2選

テクニカル分析を有効に活用するためには、チャート機能が優秀であることが大切になってきます。


そこで、数あるFX会社の中でもチャート機能が優秀でテクニカル分析がしやすい会社を2つご紹介します。

テクニカル分析がしやすいFX会社2選
  1. GMOクリック証券
  2. FXブロードネット

チャートに特化したツールがオススメのGMOクリック証券

FX

GMOクリック証券に向いている人
  • 1万通貨単位で取引する人
  • チャート機能に特化したツールを使いたい人
  • スプレッドもスワップも上位のFX会社を希望する人

GMOクリック証券はチャート機能に特化した「プラチナチャート」と呼ばれる取引ツールが優秀です。

GMO プラチナチャート

テクニカル分析で使うインジケーターも豊富に搭載しているため、初心者から上級者まで幅広いトレーダーが使っています。


チャート分割機能や描画オブジェクトなど、様々な便利機能も搭載しているので、他社のチャートとは一線を画しています。

見やすく、レイアウトが自由自在なFXブロードネット

見やすく、レイアウトが自由自在なFXブロードネット
FXブロードネットに向いている人
  • 低コストで低リスクに取引したい人
  • 取引ツールがシンプルで見やすいFX会社が良い人
  • 豊富なテクニカル指標を持っているFX会社が良い人

FXブロードネットのチャートは豊富なインジケーターを搭載しているだけでなく、初心者でも見やすく、レイアウトが自由自在に変えられるチャートです。


チャート上で発注することも可能なので、テクニカル分析をしてすぐに発注したい方にもオススメのチャートになっています。


1000通貨からの少額取引に対応しているため、初心者の方にもオススメできます。

FX テクニカル分析 意味ないのまとめ

[テクニカル分析]正しく使えば無意味じゃない

上記で紹介した「テクニカル分析と上手く付き合うコツ2つ」を実践すると、今後はテクニカル分析が無意味ではないとわかり、自分のトレードの質も変わってきますよ!

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

テクニカル分析が無意味といわれる3つの理由
  1. ランダムウォーク理論の存在
  2. 正しく使えていないこと
  3. テクニカル分析が機能しない相場がある
テクニカル分析と上手く付き合う3つのコツ
  1. テクニカル分析には、投資家の集団心理や売買のタイミングを掴めるメリットがある
  2. テクニカル分析は、使いどころを見極めて過信しないことが大切
  3. 初心者におすすめのテクニカル分析は、利用者が多く応用もきく「移動平均線」

「いくらテクニカル分析しても、100%当てられないのなら無意味だ」と最初は思うかもしれません。

しかし、使いどころを見極めれば徐々に勝率を上げることができます。