FX初心者でもブレイクアウト手法で勝率UP!騙しを回避するコツ3つも紹介

ブレイクアウトで利益をだす方法

この記事で解決できるお悩み
  • ブレイクアウトってよく聞くけど、どうやるの? 
  • ブレイクアウトで利益を出すにはどうしたらいいの?
  • ブレイクアウトを利用する時の注意点は?

といった悩みを解決できる記事になっています。


これから紹介する「ブレイクアウトの具体的な使い方」を覚えておけば、FX初心者でも失敗しずらいブレイクアウトを狙ったトレードが習得できます。


なぜなら私も、ブレイクアウトを活かして利益をあげたいという悩みを解決できたからです。


それでは以下で、使い方や注意点、トレードのコツを紹介します。

FXブレイクアウトとは

FXブレイクアウトとは

高値、または安値がサポートラインもしくはレジスタンスラインを超えたタイミングを「ブレイクアウト」といいます。


上昇トレンドでは高値を、下降トレンドでは安値を連続して更新していく考え方にもとづいた投資法です。


ラインブレイクやレンジブレイクなど、相場の重要な抵抗ラインを越えたときにするトレードも含まれます。

ブレイクアウトの基本的な形

ブレイクアウトとは

 ブレイクアウトが起こったからといって、価格は一方向に進むわけではありません。


上昇が一服すれば、ブレイクしたラインまで戻る習性があります。


しかし、そのラインが何度も勢いを跳ね返すような強い抵抗帯であれば、反転後は強固なサポートラインとして重視されます。


そのロールリバーサルを確かめてからトレードすると勝率が上がるのです。

損切りがブレイクアウトの推進力となる

ブレイクアウトが起こると、ロスカットを警戒した投資家の「踏み上げ」や「投げ売り」といった損切りの決済注文が増えます


注文が増えたことで相場一方向に大きく動かす推進力となり、トレンドが発生するのです。


レンジ相場の期間が長ければ長いほど、ブレイクアウトが強烈なトレンドを発生させる可能性があるので、ブレイクアウトかどうか確認するようにしましょう。

FXブレイクアウト手法について

ブレイクアウトは初心者でも簡単!ブレイクアウトの新規エントリーは、高値や安値がサポートラインやレジスタンスラインを更新したタイミングで投資するので、初心者にもわかりやすいトレード方法です。

ブレイクアウト手法は、

  • 買いエントリー:直近の高値で買い、さらに高値で決済する
  • 売りエントリー:直近の安値で売り、さらに安値で決済する

が基本的なエントリー方法です。


高値と安値は、直近の相場だけで考えるのではなく、過去最低か過去最高かという基準が大切なので、過去の相場も把握しておきましょう!

FXブレイクアウト手法のメリット2つ

ブレイクアウト利用のメリット2つ

レジスタンスライン抵抗帯をブレイクアウトすると、価格は突き抜けた方向に大きく動く可能性が高いです。


よって、その動きに追従すると大きな利益を得られます。


ブレイクアウト手法のメリットは以下の2つです。

メリット2つ
  • エントリーの基準をわかりやすい
  • うまくいけば大きな利益が出る

それでは詳しく説明していきます。

メリット1:エントリーの基準がわかりやすい

ブレイクアウトしたときのエントリーポイントはわかりやすく、初心者でもエントリーのタイミングがつかみやすいメリットがあります。


以下ではエントリーの基準となるブレイクアウトの種類を3つご紹介します。

ブレイクアウトの種類を3つ
  • 押し安値・戻り高値のブレイクアウト 
  • トレンドラインのブレイクアウト
  • 移動平均線のブレイクアウト

メリット2:うまくいけば大きな利益が出る

ブレイクアウトは基本的にトレンドフォローなので、大きく利益を伸ばせる可能性があります。


トレンドフォローは逆張りと違い、リスクが少ないので初心者向きの投資法です。


ブレイクアウトが一度出ると何度も上昇を繰り返し、過去最高値になることも珍しくありませんよ。

FXブレイクアウト手法のデメリット2つ

ブレイクアウト利用のデメリット2つ

トレードにブレイクアウトを利用するのにはデメリットもあるので、しっかりと理解したうえでリスク管理もしておきましょう。


デメリットは以下の2つです。

注意点2つ
  • ダマしが多い
  • ブレイクアウトが伸びないこともある

それでは詳しく説明していきます。

 デメリット1:ダマしが多い

だましに注意!

 注意しなければいけないのは、ブレイクアウト後に値動きが押し戻されてしまうダマシが多い点です。


ブレイクアウトが起こると、機関投資家がトレンドにならないように大量に買いもしくは売りを行います。


そのため一度ブレイクアウトしたもののライン内に戻ってきてしまうのです。


ダマしのタイミングでエントリーしても利益を上げることができないので、注意しましょう。


※ダマしについて詳しく知りたい方は、以下のリンクを参照してください。

デメリット2:ブレイクアウトが伸びないこともある

ブレイクアウトし、トレンドが少し続いてもあまり伸びずに下降もしくは上昇する場合があります。


ブレイクアウトがうまくいかないと、逆方向のトレンドに転換し損失が出てしまう可能性もあるのです。


ブレイクアウトした段階でトレンドが始まらないこともあるので、動向に注意してエントリーするようにしましょう。


上下に大きく振れているようなレンジ相場の場合、狭いレンジ幅のボックス相場に比べて市場エネルギーは大きくありません。


レンジをブレイクしたからといっても、続伸しない場合もあります。

FXブレイクアウト手法で利益を出すコツ3つ

ブレイクアウトで稼ぐコツ3つ

ブレイクアウト手法を使って利益を伸ばすための、コツは以下の3つです。

コツ3つ
  • ブレイクアウト直後は様子を見る
  • ボラティリティの高い時間帯を狙う
  • エントリー回数を絞る

この3つのコツを知るのと知らないのとでは利益に差が出てきますので、しっかり覚えておきましょう。


それでは詳しく説明していきます。

コツ1:ブレイクアウト直後は様子を見る

ブレイク直後だと、ダマシに合う可能性があるのでエントリーするのはオススメしません。


上記でもお伝えしたように、ブレイクアウト手法はダマしに合う可能性があります。


ダマしの被害に遭わないためにも、押し目や戻りのタイミングを待ち、ロールリバーサルを見て判断すれば、低リスクで利益を狙えます。

コツ2:ボラティリティの高い時間帯を狙う

ブレイクアウトにオススメの時間帯は、値動きに勢いがある「ボラティリティが高いとき」です。


なぜならボラティリティが高いと値動きも大きくなり、利益確定のチャンスも多くなるからです。


具体的に言うと、市場参加者の多い「ロンドン時間(16時~24時)」や「ニューヨーク時間(22時~6時)」の開始時間が狙い目です。


ただ、ボラティリティの高い時間帯のトレードは、資金管理もしっかりと行う必要があります。

コツ3:エントリー回数を絞る

売買サインが出たからといって何回もエントリーしてしまうと、ダマシにひっかかって損切りする危険も多くなります。


特に初心者はポジションを多く保有してなかなか決済できない「ポジポジ病」になる可能性も高く、何回もトレードすることも多いです。


ブレイクアウトした後も、上位足のトレンド方向を確認し、トレードのタイミングを待つなど、 エントリーするポイントを絞って取引することがの姿勢が大事です。

失敗する可能性大なFXブレイクアウトの形4つ

失敗するブレイクアウトの形4つ

レンジブレイクアウトを狙う場合、形の悪いレンジを選ぶと失敗する可能性が高くなります。


避けるべきレンジのパターンは以下の4つです。

  • レンジ相場自体が長くない
  • レンジ相場の値幅が大きい
  • ブレイクアウト前後の勢いがない
  • レンジ相場が安定していない

それでは詳しく説明していきます。

失敗する形1:レンジ相場自体が長くない

相場が転換する前には価格が収束し、ブレイクアウト後にはその方向への勢いが強まります。


しかしレンジ相場自体が短いと、まだ市場参加者が相場の方向性を見極めていません。


そのため、価格も充分に収束されておらず、ブレイクアウトしても中途半端な結果に終わります。

失敗する形2:レンジ相場の値幅が大きい

長いレンジの中で市場エネルギーを溜め込み、値動きが小さくなると、上下どちらの方向にも動きやすくなる状態になります。


値幅が大きいと価格が充分に収束しておらず、ブレイクアウトしてもその勢いは長くは続きません。


エントリーしようとしている通貨ペアが一日の平均値幅を半分以上動いている場合には、エントリーしないほうがいいでしょう。

失敗する形3:ブレイクアウト前後の勢いがない

ブレイクアウトをする前後の値幅が小さい場合、エントリーしても失敗する確率が高いです。


なぜなら、値幅が小さい場合は売り手と買い手が拮抗しており、すぐにレンジ内に戻されてしまうからです。


ブレイクアウト前後の値幅が小さい場合にはローソク足を見ましょう


ラインを大陰線もしくは大陽線が抜けていれば、トレンドになる可能性があります。


ブレイクアウト前後に勢いがないとはいえ、まだ完全にレジスタンスラインとしての機能がなくなったとは言い切れません。


そのため、状況によってはいつまたレンジ内へ戻されるかわからないリスクがあります。


※ローソク足の見方について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参照してください。

失敗する形4:レンジ相場が安定していない

高値や安値がそろっていなければ、ブレイクアウトしたと思ってエントリーしてもすぐに跳ね返されてしまいます。


なぜなら、レンジ相場が安定せず、高値・安値が安定していないためラインの引き方によって微妙に抵抗帯となる重要なラインが変わってきます


ほかのトレーダーからみるとまだレジスタンスラインにいると判断されてしまうからです。


エントリーしても利益が出ないことが多いので、きちんとしたレンジ相場になっているか確認しましょう。

チャート機能が抜群!持っておくべきオススメFX会社2社

チャートが見やすいおすすめFX会社2つブレイクアウトを判断するには、チャートの見やすさも重要です。


チャートの見やすいおすすめFX会社は以下の2社です。

おすすめFX会社2つ

それでは詳しく説明していきます。

 チャートが高機能!スマホアプリも使いやすいYJFX!

FXで複数口座開設するならYJFX!

向いている人
  • 低コストで取引したい人
  • スマホアプリが使いやすいFX会社が良い人
  • チャート画面を複数表示させたい人
  • チャート画面が見やすく分析しやすいFX会社が良い人

YJFX!のスマホアプリは幅広いデバイスに対応しており、相場の動きを見ながら素早く操作可能なワンタッチ注文に優れています。


また、チャートも高性能でカスタマイズしやすく高値と安値が出せるので、ブレイクポイントを見つけるためにも向いています。


さらに、人気のボリンジャーバンドなどを含めた全36種類の豊富なテクニカル指標が利用可能です。


最大で6チャート画面を表示できるので、FXトレーダーがぱっと見で比較しやすいチャート画面にもできますよ。


1,000通貨単位で取引しようと考えているFX初心者は、YJFX!を持っておくのがオススメです!

おすすめ2:カスタマイズ性が高いGMOクリック証券

FXで口座を複数持つのであれば持っておくべきGMOクリック証券

向いている人
  • 1万通貨単位で取引したい人
  • 取引ツールが豊富で、使いやすいFX会社が良い人
  • 総合的に人気のFX会社が良い人
  • 各通貨ペアの強弱を比較してくれるFX会社が良い人

GMOクリック証券のプラチナチャートは、FXトレーダーから絶大の人気があります。


カスタマイズ性が高い上に、25種類の描画ツールも自由に使えるので、トレードスタイルに合わせた汎用性の高い使い方が可能です。


また、YJFX!同様、テクニカル指標が38種類と非常に多いので、様々な分析に役立ちます。


チャート上からも時系列にニュースを確認できるので、値動きに影響したニュースをぱっと見で知ることができます。


FX初心者でも、GMOクリック証券を使用することで、実践するにつれて知識が溜まっていきますよ!

FXブレイクアウト手法をうまく使って利益を出そう!

ブレイクアウトを利用して稼ごう!ここまで解説した「ブレイクアウトの活かし方」を知ることにより、ブレイクにあわせたポイントを理解した状態で、優位性の高いエントリーができるようになります。


最後に記事のポイントをまとめます。

FXブレイクアウトのまとめ
  • ブレイクアウトは、高値や安値を更新したタイミングでエントリーする
  • ブレイクアウトではダマシも多いが、利益を大きく伸ばすチャンスも多い
  • 失敗しないためには、より優位性の高いエントリーポイントを選ぶべき
おすすめFX会社2つ

 

ブレイクアウトについて理解するためには、サポートラインやレジスタンスラインを正しく引く技術が必要になります。


「トレンドラインの引き方」についても、以下の記事で詳しく説明しているので参考にしてください。