フィボナッチ数列で計算!継続的にFX利益を出す手法3ステップと注意点2つ

フィボナッチの基礎と使い方を解説

この記事で解決できるお悩み
  • フィボナッチとは、聞いたことはあるけどどんなものなんだろう?
  • FXトレードにおいてどのように使えばいいの?
  • フィボナッチの上手な使い方は?

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説するフィボナッチの原則と使い方を理解すれば、あまり取引になじみのない人でもトレードに活用できるようになります。


なぜなら、私もこのやり方で継続的に利益を出せるようになったからです。


それでは、以下で基礎や注意点について紹介します。

FXにおけるフィボナッチとは

フィボナッチの黄金比はFXで使われる単語だけ知っている人も多いと思います。


数学の世界でもフィボナッチ数列は有名ですし、絵画や建築などでよく耳にする黄金比もフィボナッチと親密な関わりがあります。


まずはどのようなものなのかについて説明しましょう。

フィボナッチ数列で計算する

多少数学的な話になりますが、フィボナッチ数列とは、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21…のように、n項目の数字とn-1項目の数字の和がn+1項目の数字となる数列を指します。


ここで、n+1項目÷n項目の計算結果は0.618に収束し、フィボナッチにおいてこの0.618が非常に重要な数字となるのです。


この0.618をフィボナッチ数と呼びます。

フィボナッチ比率は黄金比

モナ・リザの絵やパルテノン神殿の構造にも現れており、人間が心理的に整っていると感じる比として有名な黄金比ですが、これをフィボナッチ比率とも言います。


これは、黄金比が1:0.618であり、フィボナッチ数が現れる点に起因します。 

フィボナッチ比率の様々な手法

人間心理などにおいてしばしば現れる特殊な数字であり、株や為替のチャートで意識されます。


その数字を用いてFXを有利に進めようとするのが、以下のようなフィボナッチを用いたさまざまな手法なのです。

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・タイムゾーン

  フィボナッチ・リトレースメントがおすすめ

初心者にオススメ!リトレースメントとは?フィボナッチ比率を用いた数ある手法の中でも突出してメジャーなのが、フィボナッチ・リトレースメントであるといえるでしょう。


フィボナッチ・リトリースメントでは23.6%, 38.2%, 50.0%, 61.8%, 76.4% の数値がラインで表示されます。


まずは特徴について紹介します。

リトレースメントの特徴と役割

次に紹介するこの手法は、チャートの高値を1、安値を0としたときにフィボナッチ数である0.618などの位置に相当する価格にラインを引く手法です。


このライン上でレートが反発する傾向にあり、トレードの参考にできます。

リトレースメントがおすすめな理由

このようにこの手法はとてもシンプルな手法であり、それゆえにしっかりと機能します。


さらに、トレードするうえでエントリーや損切りの価格を決めやすいので非常に使い勝手のよい手法といえるでしょう。

フィボナッチはトレンドで効果的なテクニカル分析

逆張りと相性が良く、トレンドが掴みやすいこの手法は転換のポイントを見極めるのに有効な手法ですので、逆張りと相性がよいといえます。


とくに、トレンドが発生して一方向に動いているような相場の押し目を拾うときなどは、リトレースメントが有効な場合が多く、便利な手法であるといえます。

フィボナッチの使い方3ステップ

フィボナッチを利用する手順では次にフィボナッチの使い方を説明しましょう。


使い方はとてもシンプルで、以下の3ステップからなります。

  • フィボナッチのラインを引く
  • ラインごとの特徴を覚える
  • 押し目・戻りのポイントを図る

それでは以下で詳しく説明していきます。

ステップ1:フィボナッチのラインを引く

まずは目立った高値(A)と安値(B)を結び、100%と0%にあたる価格を指定します。


このとき、適当な価格ではなく、直近で意識されるであろう価格と価格を結ぶ点が重要です。


意識される5つの比率は高値と安値を結んだ後に自動で表示されます。

ステップ2:ラインごとの特徴を覚える

もっともメジャーなフィボナッチ数は0.618ですが、他にも代表的な数値がありますので、それぞれの特徴とともに解説します。

代表的な数値1:23.6%

1つ目は23.6%です。


この数値は(1-0.618)×0.618の数値になります。


高値安値を結んで引いたとき、23.6%はかなり高値に近い価格になります。


その特性から、トレンドが強いときに、若干の押しが入ったような状況では23.6%のラインがワークする傾向が多いです。

代表的な数値2:38.2%

2つ目は38.2%です。


この数値は1-0.618から算出されるものです。


こちらも上記と同じく小さな逆行が起こったときに機能しやすいです。


23.6%よりも機能する頻度は高く、よく使用される水準といえるでしょう。

代表的な数値3:50%

3つ目は50%であり、いわゆる半値戻しです。


キリのよい数値でよく機能する水準です。


0%と100%のちょうど真ん中の位置になるため、視覚的にも見やすく、多くのトレーダーが気づきレートが反転しやすい水準になります。

代表的な数値4:61.8%

もっともメジャーな数値であり、それなりに深い押しが発生した際に機能するケースが多いラインです。


そのため、トレンドが強いときはあまり機能せず、もっと小さな逆行だけで反転する場合も多いです。

ステップ3:押し目・戻りのポイントを図る

それぞれのラインの特徴は以上になります。


次は実際にどのラインが押し目・戻りとして機能するかですが、これはトレンドの強さなどの状況によって違うため、経験を積んで感覚をつかむしかありません。


ほかのインジケータとフィボナッチを同時に使用し判断のヒントとなる場合もあります。

これについては、下記で詳しく解説します。

フィボナッチをFXに利用する際の注意点3つ

フィボナッチをFXで活用する上での注意点この手法には以下の3つの注意点があります。

  • ラインは正確に引く必要はない
  • フィボナッチを信用しすぎない
  • 時間差なくラインに触れた場合はNG

それぞれの注意点について解説していきます。 

注意点1:ラインは正確に引く必要はない

ラインはあくまで黄金比の比率にあたる価格がどこにくるかの水準を見極めるものであるため、神経質になるほど正確に引く必要はありません。


また、ぴったりライン上で反発する場合はまれであるため、大体の目安として活用する点が重要です。

注意点2:フィボナッチを信用しすぎない

ラインは絶対ではありません。


まったく反発せず高値もしくは安値を更新してしまう場合もあります。


大きな時間軸から大局を読み、押し目や戻りとして反発する場面であるのかしっかり見極めてから使用するようにしましょう。 

注意点3:時間差なくラインに触れた場合はNG

ほとんど時間差がなく、複数のラインに触れるほどの急変動が起きている相場では、機能しない場合が多いです。


勢いが強すぎるがゆえにラインを突き破ってしまうケースが多いためです。


この手法は相場がそれなりに落ち着いているときに機能するものなので、相場のボラティリティにも注意しましょう。

フィボナッチ・リトレースメントは他テクニカルと併用しよう

リトレースメントの問題点とポイントこの手法はシンプルすぎるゆえに、単体ではトレードの根拠として薄くなってしまう傾向にあります。


そこで、他の手法と組み合わせてさらに有利なトレードを可能にします。

フィボナッチ・リトレースメントの2つの問題点

この手法はあくまで重要となる水平ラインを表示するだけのテクニカルなので、問題点もいくつか存在します。


代表的な2つを紹介しましょう。

問題点1:この手法だけでは見えない

抵抗線や支持線が存在します。


それらは、たとえばボリンジャーバンドのような他のテクニカルが示す反発ポイントであったり、過去の目立った水平ラインであったりとさまざまです。


これらが示す抵抗線や支持線は、リトレースメントだけでは判断できないため、事前にチェックしておく点が大切です。

問題点2:トレンドの強弱をはかれない

リトレースメントは、トレンドの強弱をはかるのには向いていません。


トレンドの強弱を計りたいときは、次に紹介するようなRSIを使用します。


インジケータ&フィボナッチ・リトレースメントの組み合わせがよいでしょう。

フィボナッチを補えるテクニカル分析はRSI!

リトレースメントと相性を補完するため、RSIはとても相性のいいインジケータです。


RSIとは、値動きの値上がり幅と値下がり幅から計算され、価格が買いと売りのどちらに勢いがあるのかを計るインジケータです。


トレンドの強弱をRSIで計ったうえで、反発ポイントを考えるやり方がよりよい使い方といえるでしょう。


※テクニカル分析に関する詳しい内容は下記で解説しています。

FXでのフィボナッチまとめ

フィボナッチを活用して利益を出そう上記で紹介した手法を実践すると、今後は押し目・戻りの判断に関する分析で悩むことは一切なくなり、トレードにおいて成功することができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。 

まとめ
  • フィボナッチとは黄金比をもとにした分析である 
  • 価格がどこまで調整するかの判断に使いやすい
  • 他の分析との組み合わせでさらに力を発揮する

 「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、テクニカル分析による優位性のあるトレードが簡単にできるようになります。


FXにおけるフィボナッチについて理解した後は、以下のリンク「フィボナッチ使い方」を参照してください。