RSIはオシレーター系の代表格!見方をチェックして相場を勝ち抜こう

RSI

代表的なオシレーターRSIを解説します。

RSIはオシレーターのかなでも代表的な指標で、「買われすぎ、売られすぎ」視覚的にチェックできるテクニカル分析です。

主に持ち合い相場で力を発揮しますが、トレンドが強いときはゲージが振り切れることも多いのがデメリットです。

では、実際の利用方法について確認していきましょう。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト中長期売買で金利収入自動売買でプロのようにFX
外為オンラインDMMFXYJFX!iサイクル注文

サインは売られすぎか買われすぎがをチェックする

RSIの見方

RSIは一定期間の中でどれだけ変動幅があったのかを見るオシレーター系です。

0~30%が売られすぎ、70%以上が買われすぎと判断してください。

為替は売買を繰り返しトレンドを形成する特徴から、

一度買われて、戻りを売られて、買われ直す」と一定の法則で動きます。

  • サインは買われすぎゾーンに入れば売り
  • 売られすぎゾーンに入れば買い

非常にわかりやすいため、人気のあるテクニカル分析です。

【画像:外為どっとコム提供】

持ち合い相場で力を発揮

2016y09m26d_140036476

【画像:外為どっとコム提供】

RSIのサインは持ち合い相場で有効ですが、強いトレンドが出ると、「買われすぎ、売られすぎ」にゲージが振り切れることが多くあります。

この場合のサインは無効ですので、他のテクニカルと併せて利用することをおすすめします。

特にMACDとの相性が良く、合わせて表示しているトレーダーが多いですね。