未成年が口座開設できるFX会社は2つだけ!必要書類と3つの注意点

未成年はFXの口座開設ができるのか

この記事で解決できる悩み
  • 未成年はFX口座を開設できるの?
  • 未成年でも口座開設できるFX会社を知りたい!
  • 未成年が口座開設をするのに必要なものはなに?

上記のお悩みを解決できる記事となっています。元銀行員のクニトミが解説しますね。

これから紹介する「未成年必読!FXにある年齢制限」を読めば、口座開設ができる対象年齢や未成年でも利用できるFX会社が分かりますよ。

なぜなら未成年が知るべき内容をすべて書いてあるからです!ではまず、FXの年齢制限と制限がかけられている理由から見ていきましょう。


『すぐに、未成年でも口座開設できるFX会社を知りたい!』という方は『SBI FXトレード』の1社しかないので、こちらで口座開設しましょう!

未成年必読!FXにある年齢制限

ほとんどのFX会社では未成年の口座開設不可

FXの口座開設ができる年齢は、満20歳以上~満80歳が一般的です。

その理由は、FXを行うには「未成年は精神的に未熟でリスクが大きい」と、各社が考えているからです。

レバレッジを効かせた取引が可能なFXでは、思わぬ大損をする恐れもあるため、年齢制限をするのですね。

ただ、中には18歳以上でも親の同意があれば、高校生でも口座開設ができるFX会社があります。

【比較表】18歳以上(未成年)で口座開設できるFX会社2社

FX会社18歳高校生必要書類親の同意必要資金公式
サイト

SBI FXトレード
公式ページを見る
花丸
5枚

約4円~

詳しくみる
LIGHT FX
公式ページを見る
×5枚

約4千円~

詳しくみる

18歳以上の未成年が取引できるFX会社はSBI FXトレードLIGHT FXの2社です。


未成年といっても、高校生が取引できるのはSBI FXトレードだけなんです。

18歳(未成年)から口座開設できるFXならSBI FXトレード

SBI FXトレードはおすすめ!

『18歳(未成年)でも利用できるFX会社はどこ?』と悩んでいるなら、SBI FXトレードがオススメです!


国内FX会社は確かにたくさんありますが、未成年でも利用できるのはSBI FXトレードだけ!

銀行員の視点から見ても、『安全、低リスク』にFX取引ができるように工夫している会社なので、一番オススメですよ!

未成年がFX口座開設をする4ステップ

未成年がFX口座を開設するのに必要なもの

未成年が口座開設をする際には、以下のような手順を踏むようになります。


事前に知っておけば、口座開設がスムーズでき、最速でFXをスタートできますよ!


それでは以下で確認してみましょう。

未成年が口座開設をするステップ
  1. 本人確認書類を準備する
  2. 口座開設の申し込み
  3. 審査に通過する
  4. FX口座に関する書類が届く

ステップ1:本人確認書類を準備する

未成年が準備する書類

口座開設をするには、自分と親の本人確認書類を準備する必要があります。


顔写真付本人確認書類を持っているかどうかで、準備する書類が変わってきますよ。


『未成年の取引に関する同意書』はSBIFXトレードのHPにありますので、そこからダウンロードして、記入をお願いしましょう!

ステップ2:口座開設の申し込み

SBIFXトレードの口座開設

(引用:SBI FXトレード)

次にSBIFXトレードのHPから口座開設に進みましょう。


用意した本人確認書類をアップロードする画面や、お客様情報を入力する画面がありますので、その通りに従っていけばOKです!


最短5分で入力を終えることができますよ。

ステップ3:審査に通過する

口座開設の申し込みをした後、FX会社で審査があります。


これは「この人は本当に投資をしても大丈夫なのか」を見極めるために行うためです。


未成年が審査を通過するには、資産額の部分が重要です。


資産額は30万円以上を記入してあれば、審査が通りやすくなりますよ!

ステップ4:FX口座に関する書類が届く

審査に通ると、登録した住所へFX口座に関する書類が届きます。


この書類にはFX口座にログインするIDやパスワードなど重要な項目が記載されています。


大切な書類なので、捨てないようにしましょうね。

未成年のうちから口座開設してFXするメリット3つ

未成年のうちからFX口座を開設するメリット

未成年のうちからFXを経験しておくと、将来役に立ちます!


以下では未成年がFXをやるメリットをご紹介します。


未来を見据えて取引をしましょう。

未成年がFXをやるメリット
  • 就職先以外の収入源が得られる
  • バイトより有利な時間効率
  • 自然と身につく資産管理能力

FXを未成年でやるメリット1:就職先以外の収入源

18歳~20歳の若いうちから資産運用に成功すれば、就職先以外での収入源を期待できます。

なぜなら時間的余裕があり、FXを勉強したり実践で経験を積む機会が増えるからです。

社会人になるとFXに費やせる時間が少なく、相場を学んだり練習する機会が減ってしまいます。

自由な時間があるときからFXに慣れておくことで、効率的に資産運用ができます。

FXを未成年でやるメリット2:バイトよりも有利な時間効率

アルバイトを行うよりFXのほうが、自由な時間が得られます。

その理由は、FXは技術次第で利益が時間に制限されないからです。

たとえばアルバイトだと、決まった時間に働いた分だけしかお給料をもらえませんよね。

FXは短期間でも大きな利益が狙えるので、時間を有効活用できるのです。

FXを未成年でやるメリット3:自然と身につく資産管理能力

FXは資産管理が重要な投資なので、学生のうちに始めれば早い段階でこの能力が身につきます。

なぜなら社会人になると仕事で時間が限られてしまい、資産管理について考える余裕がなくなるからです。

資産管理能力は、FX以外の資産運用にも役立つため、学生のうちに身につけておけばライバルに差をつけられます。

未成年がFXをする3つの注意点

未成年がFX口座を開設する際に注意すべきこと

FXは大きな利益を見込めますが、取引の仕方によっては損失となってしまう場合があるのです。


以下では未成年がFXをする注意点をご紹介します。


注意点をあらかじめ抑えておくことで、コツコツ資金を増やしてお小遣いをUPできますよ!

未成年がFXをする注意点
  • 少額から始める
  • レバレッジは3倍以下
  • メジャー通貨で取引する

注意点1:少額から始める

FXをこれから始める人は、少額から始めるようにしましょう。


なぜなら始めから大きな金額をかけてしまうと、経験不足によって大きな損失を出す可能性があるからです。


『これから下降するシグナルが出ているのに、買い注文をしてしまった』など、初心者にはありがち。


大きな金額を投資して全額損失し、再度FXができないようにならないためにも、少額から取引を始めましょうね。

注意点2:レバレッジは3倍以下

FX初心者はレバレッジを3倍以下に抑えましょう。


理由は簡単で、レバレッジが高ければ高いほど損失になるリスクも高くなるからです。


例えば、レバレッジ1倍では5円の下落に耐えられても、5倍では1円の下落までしか耐えられないというようなイメージですね。


FXに慣れた人でも、レバレッジのかけすぎで大損することがありますので、初心者はレバレッジ3倍以下を目途に取引しましょう。


レバレッジについて詳しく知りたい方は以下の記事にも目を通してみてくださいね。

注意点3:メジャー通貨で取引する

FXを始めるのであれば、まずはメジャー通貨で取引を始めましょう。


なぜならマイナー通貨は値動きが激しく、思わぬ損失を被る可能性があるからです。


例えばトルコリラ/円は2018年8月にわずか8分の間で約2円の大暴落を起こしたことがあります。


メジャーな米ドル円などでは、ここまでの大暴落を起こすことはまずありません。


これから始める方は、値動きの安定しているメジャー通貨から取引を始めましょうね。

未成年のFX口座開設でよくあるQ&A

未成年の口座開設でよくある疑問

ここでは未成年が口座開設するときによくある疑問をまとめました。


口座開設をするときに不安なことも多いと思いますので、以下を読んで疑問を解決しましょう!

Q1:学校や家に電話はかかってくる?

口座開設の時に電話番号や住所を入力しますよね。

家とか学校とかに電話がかかってくることってあるんでしょうか?

かかってくることはほとんどないな。

電話はかからないが、口座情報は書類は届くから、あらかじめ親に伝えてから始めるんだぞ。

Q2:口座開設にお金はかかる?

口座開設でお金取られるんじゃないかって不安なんですが・・・。

口座開設にはお金が必要でしょうか?

口座開設にお金はかからないぞ!

口座開設自体は無料でできるんだ。

ただ取引を開始するとなれば、取引の資金は必要になるぞ。

Q3:年齢を偽って口座開設ってできないですか?

僕の知り合いが17歳なんですが、早くFXを始めたいみたいで、嘘の年齢を入力しようとしてます。

年齢を偽って口座開設ってできるんでしょうか?

本人確認書類の提出が義務付けられているので、できないぞ。

もし年齢を偽って登録しようとすると、審査が落ちるどころかそのFX会社で二度と口座開設できない可能性もあるので、やめておくべきだな。

Q4:親名義の口座を使うのはありですか?

僕の親もFXをやっているんですが、親の口座を利用するって大丈夫でしょうか?

親御さんの許可を取り、その監視下で行うのであれば大丈夫だろうな。

ただ、勝手に名義を使ったり、口座を使ったりすると犯罪になるから注意が必要だぞ。

Q5:国内業者と海外業者はどちらがおすすめ?

FXの会社って国内業者と海外業者がありますよね。

ぶっちゃけどっちがおすすめなんですか?

断然、国内業者だな。

国内の業者は金融庁から取引許可を得ているから、安心して取引ができるんだ。

海外業者は国のライセンスを得ていなかったり、稼いだお金を出金できないトラブルもあったりするからおすすめできないな。

Q6:親にFXしていることはバレますか?

親に内緒でFXを始めたいんですが・・・。

親にバレちゃいますか?

親にはバレるだろうな。

そもそも親に同意書を書いてもらわないと始められないから、バレずに始めることはできないと思うぞ。

Q7:親に取引内容はバレますか?

どのくらいの損益を出しているのか、親に知られたくないのですが、取引内容って親にバレますか?

これはバレないだろうな。

自分が取引する画面を覗き見たり、同じ口座を使ったりしない限りバレることはないぞ。

Q8:銀行の口座は必要ですか?

僕はまだ自分の銀行口座を持ってないんですが、銀行の口座って必要でしょうか?

口座開設の段階では必要ないぞ。

しかし、取引を始めて、稼いだお金を引き出すときに必要になるから、追々必要になるな。

未成年は口座開設をしてFXをスタートしよう!

未成年がFX口座を開設したら、慎重に取引を行おう上記で紹介した「未成年必読!FXには年齢制限がある」を理解すれば、FX口座を開設するには制限があることが分かります。

また未成年の方は「未成年がFX口座を開設するのに必要なもの」をよく読み、ご両親の許可を得るようにしてくださいね。

最後にもう一度、内容をおさらいしましょう。

未成年のFX口座開設 まとめ
  • 18歳以上で口座開設ができるのはSBI FXトレード
  • 未成年は親の同意書が必要
  • 若いうちにFXを始めると有利

残念ながら、ほとんどのFX会社では未成年の口座開設申し込みを受け付けていません。

理由は法律で未成年が保護されているからであり、FXの相場はそれほど甘くないのです。

もし未成年で口座開設をするのなら、上記の「少額トレード、低レバレッジ」をモットーに、慎重な取引を意識しましょう。