未成年が口座開設できるFX会社は1つだけ!必要書類と2つの注意点

未成年はFXの口座開設ができるのか

この記事で解決できる悩み
  • 未成年はFX口座を開設できるの?
  • 未成年でも口座開設できるFX会社を知りたい!
  • 未成年が口座開設をするのに必要なものはなに?

上記のお悩みを解決できる記事となっています。

これから紹介する「未成年必読!FXにある年齢制限」を読めば、口座開設ができる対象年齢や未成年でも利用できるFX会社が分かりますよ。

なぜなら未成年が知るべき内容をすべて書いてあるからです!

ではまず、FXの年齢制限と制限がかけられている理由から見ていきましょう。

未成年必読!FXにある年齢制限

ほとんどのFX会社では未成年の口座開設不可FXの口座開設ができる年齢は、満20歳以上~満80歳が一般的です。

その理由は、FXを行うには「未成年は精神的に未熟でリスクが大きい」と、各社が考えているからです。

レバレッジを効かせた取引が可能なFXでは、思わぬ大損をする恐れもあるため、年齢制限をするのですね。

ただ、中には18歳以上でも親の同意があれば、高校生でも口座開設ができるFX会社があります。

18歳から口座開設ができるFX会社

FX会社年齢下限年齢上限
GMOクリック証券満20歳以上80歳以下
YJFX20歳以上なし
SBIFX満18歳以上80歳未満
外為オンライン20歳以上なし
DMMFX満20歳以上満75歳未満
FXトレーディングシステムズ20歳以上なし

未成年がFX口座を開設するのに必要な書類

未成年がFX口座を開設するのに必要なもの未成年がFX口座を開設するのに必要なものは、次の3つです。

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・住民票など)

  • マイナンバーカード(通知カード)

  • 保護者の同意書一式

また保護者の同意書一式の内容は、以下の通りです。

  • 法定代理人であることを証する書面(親権者全員と未成年者本人の続柄が記載された戸籍謄本

  • 法定代理人の本人確認書類(免許証・パスポートなど)

  • 未成年者の取引に関する同意書

※法定代理人とは、未成年者の両親のことです。

未成年者は法律で保護されているため、代わりに責任を負う人が必要になります。

注意

上記のことから、親にバレずにFXを行うことはできません。

未成年者がFX口座を開設する際は、必ず親の同意を得てからにしましょう。

FX口座開設の審査で重要なのは資産額

FXの口座開設を申し込むと審査が行われますが、その審査で重要なのが年収資産額です。

なぜなら年収や資産額が基準に満たない場合、審査に通らず、口座開設ができないからです。

たとえば未成年者で口座開設ができるSBI FXトレードでは、資産額が30万円あれば審査に通ります。

資産額や年収は多いほど有利ですが、最低でも30万円以上あると良いでしょう。

未成年のうちから口座開設してFXするメリット3つ

未成年のうちからFX口座を開設するメリット

FXを未成年でやるメリット1:就職先以外の収入源

18歳~20歳の若いうちから資産運用に成功すれば、就職先以外での収入源を期待できます。

なぜなら時間的余裕があり、FXを勉強したり実践で経験を積む機会が増えるからです。

社会人になるとFXに費やせる時間が少なく、相場を学んだり練習する機会が減ってしまいます。

自由な時間があるときからFXに慣れておくことで、効率的に資産運用ができます。

FXを未成年でやるメリット2:バイトよりも有利な時間効率

アルバイトを行うよりFXのほうが、自由な時間が得られます。

その理由は、FXは技術次第で利益が時間に制限されないからです。

たとえばアルバイトだと、決まった時間に働いた分だけしかお給料をもらえませんよね。

FXは短期間でも大きな利益が狙えるので、時間を有効活用できるのです。

FXを未成年でやるメリット3:自然と身につく資産管理能力

FXは資産管理が重要な投資なので、学生のうちに始めれば早い段階でこの能力が身につきます。

なぜなら社会人になると仕事で時間が限られてしまい、資産管理について考える余裕がなくなるからです。

資産管理能力は、FX以外の資産運用にも役立つため、学生のうちに身につけておけばライバルに差をつけられます。

未成年がFXをする上での2つの注意点

未成年がFX口座を開設する際に注意すべきこと

FXを行う際は、以下の2点を心がけましょう。

  1. 少額で始める
  2. レバレッジを低く抑える

まだ相場に慣れていないのに、多額の資金を入れたり、レバレッジを高くしてしまうと、相場が予想と反対に動いた際、一度に全資金を失う可能性があります。

またレバレッジを高くしすぎると、相場が急変したときに元手資金以上の損失が出る可能性もあるのです。

適正レバレッジは?

初心者は、レバレッジを3倍までに抑えることをお勧めします。

3倍ならロスカット(強制決済)を受けるリスクをかなり軽減でき、損失も抑えられます。

元手資金以上の損失が出ると借金になってしまうので、絶対に無理な取引はやめましょう。

少額取引ならSBI

未成年のFX口座開設 まとめ

未成年がFX口座を開設したら、慎重に取引を行おう上記で紹介した「未成年必読!FXには年齢制限がある」を理解すれば、FX口座を開設するには制限があることが分かります。

また未成年の方は「未成年がFX口座を開設するのに必要なもの」をよく読み、ご両親の許可を得るようにしてくださいね。

最後にもう一度、内容をおさらいしましょう。

未成年のFX口座開設 まとめ
  • 18歳以上で口座開設ができるのはSBI FXトレード
  • 未成年は親の同意書が必要
  • 若いうちにFXを始めると有利

残念ながら、ほとんどのFX会社では未成年の口座開設申し込みを受け付けていません。

しかしそれは、法律で未成年が保護されているからであり、それほど相場は甘くないのです。

もし未成年で口座開設をするのなら、上記の「少額トレード、低レバレッジを心掛けよう」を参考に、慎重な取引を意識しましょう。