【一目均衡表まとめ】売買シグナルの3つの見方と実践での使い方を紹介

fx 一目均衡表

一目山人(いちもくさんじん)こと、細田悟一氏が、2千人のスタッフと、7年かけて編み出した純国産のテクニカル分析が一目均衡表(いちもくきんこうひょう)です。

一目均衡表は、時間軸、価格帯、トレンドの転換時期を1枚のチャートで確認できる、まさに一目で全てを確認できるチャートです。

日本人が作ったからこそ、見やすい点も多いのが特徴です。

テクニカル分析は海外発祥のものがほとんどですが、一目均衡表は、世界のプロトレーダーも「イチモクキンコウヒョウ」と呼び、利用しているほどの知名度を誇ります。

少しややこしい部分もありますが、使いこなせるとFXの勝率も上がってくること間違いなしです。

FX初心者も理解できる内容に記事を作成しましたので、今後のトレードに是非役立ててください。

はじめに用語説明

用語説明
基準線過去26日間の高値と安値の平均値をつなぎ、ラインにしたもの。
転換線過去9日間の高値と安値の平均値をラインにしたもの。
先行スパン1基準線と転換線の中間地を26日先に表示したライン。
先行スパン252日間の高値と安値の平均価格を26日先に表示したライン。
遅行スパン当日の終値を26日前に表示。
先行スパン1と先行スパン2の間の面積

これだけ説明されても全く意味がわかりませんよね。

この6つのラインが一目均衡表を作成している式だと思ってもらえれば大丈夫です

見方はとても簡単!3つの注目点を確認しよう

一目均衡表のグラフ

一目均衡表で気にするべき点
  • 転換線
  • 基準線

この3つだけ見方を覚えれば良く、ビジュアル的にも簡単に確認することができます。

基準線と転換線は今後のトレンドを予想するシグナルとして機能して、雲は抵抗ラインとして機能します。

では、詳しくみていきましょう。

ポイント1:一目均衡表は雲を見る

一目均衡表

【引用:外為どっとコム】

雲と書いてある部分がポイントです。

雲は先行スパンと遅行スパンの間の面積部分で(この部分はスルーで大丈夫です)雲の面積が厚ければサポート、薄ければ弱い抵抗を示すシグナルになります。

雲を抜けるとサポート・レジスタンスを抜けたことになり、相場の転換や、強いトレンドを示します。

実践ではこう使おう!

一目均衡表の使い方

ちょうど良いチャートがありました。2016年10月のドル円のチャートです。

104.05ラインに雲がありますよね。

この部分がレジスタンスになり、「いったん跳ね返されるか?」「抜けていくか?」と予想するのです。

雲の厚さ、薄さもテクニカル分析になります。

104円.05ラインはダブルゼロライン(104.00のゼロが二つなので、ダブルゼロと言います)なので売買の攻防戦が予想されますが、雲の大きさから抜けないレベルではなさそうですね。

このように一目均衡表は自分でラインを引かなくても、サポートとレジスタンスラインが一目でわかります。

使いやすいテクニカルですよ!

ポイント2:転換線と基準線

基準線と転換線

【引用:外為どっとコム】

2つ目のポイントは転換線と基準線の向きについてです。

実際に一目均衡表を表示させると基準線と転換線を何色で表示するか選べますので、お好みの色にしてみてください。

転換線と基準線は、ラインの方向で上昇トレンドが下降トレンドかの判断をします

過去の相場の動きが激しいと、ラインがカックンカックン動くこともありますが、その部分は気にせず向きをチェックしてください。

ポイント3:いつものパターン

テクニカル分析のいつものパターンです
  • 転換線が基準線を上に抜けると上昇トレンド発生
  • 下抜けると下落トレンド発生

これがシグナルになるので、転換線と基準線の色は自分で把握しておく必要がありますね。

一目均衡表の総合的な使い方

一目均衡表の総合的な使い方

日本人のすごいところは、複数のものを1つに集約したり、新しい機能を付け加えていくだと私は思っています。

一目均衡表もそれに当てはまり、1つのテクニカル分析で、1つで4回おいしいテクニカル分析です。

テクニカル分析の使い方
  • レジスタンス、サポートラインの確認
  • レジスタンス・サポートの強さの確認
  • トレンドラインの流れ
  • ゴールデンクロス・デッドクロスしたときのテクニカル

ぱっと見複雑なテクニカル分析ですが、ポイントだけ抑えて利用すると良いですね。

また、複数のテクニカルを一度に判断できることから、転換線がゴールデンクロスしたから買いシグナルか!と思っても、先にある雲が厚いと強いレジスタンスになります。

そうなると雲を抜けてから買う、雲の上限で明確にローソクが跳ね返されるようなら売るという分析もできます。

また、自信がない相場なら様子見にすることも1つのテクニカル分析で確認できるのです。

上手に利用して自分の使い方を研究してみてください。

一目均衡表のまとめ

国産のテクニカル分析でファンドトレーダーも利用している一目均衡表ですが、理由は多機能という面にあるでしょう。

一目均衡表の重要なポイント
  • 雲の厚さでサポートライン、レジスタンスラインを確認できる
  • 基準線、転換線の向きでトレンドを確認できる
  • 基準線が転換線を上抜けたら買いシグナル、下抜けたら売りシグナル
  • 複合的に、交差サインと雲を利用した分析をすることができる
  • 雲の表示は先までされているので、今後の相場予想をすることもできる

また、他のテクニカル分析同様、短い時間軸ではだましが多くなるので、日足(ひあし)などのローソク足でチェックしてから短い時間軸でチェックしていきましょう。