FX 成り行き注文とは?指値とどっちが最適?有効的な使い時2パターン

アイキャッチ

この記事で解決できる悩み
  • FXの成り行き注文って?

  • 成り行き注文は難しそうだけど、どういった使い方があるの?

  • 成り行き注文を活用する上でのポイントってある?

  • ほかの注文方法もある? といった悩みを解決できる記事となっています。

この記事で『成り行き注文のポイント』を理解できれば、FX初心者でも抵抗なく成り行き注文を使いこなせるようになります。

なぜなら私もこの記事により、成り行き注文で利益をあげたいという悩みを解決できたからです。

では以下で、『成り行き注文の使い方・活用方法・ほかの注文方法』について解説していきます。

FXの成行注文とは?指値注文との違い

FX成行注文とは

FXの成り行き注文は、動いているレート対して瞬間ごとのレートで注文する方法です。

その場の成り行きで注文するためこのような名前になっており、トレードにおいて簡単で基本的な注文方法です。

その瞬間のレートで注文を出すため、他の注文方法と比べて確実に売買可能な点が特徴になります。

注意

指値注文も「買い」または「売り」の注文を出す方法ですが、出しても約定が成立しない可能性があります。

そのため、『必ず売りたい』『必ず買いたい』際には、指値注文ではなく、売り値・買い値を指定しない「成行注文」を出しましょう!

FX成行注文のメリット

成り行き注文を行うメリットは、注文するとその場で素早く取引が成立するです。

成り行き以外の注文方法だとレートが指定した値に到達するまで待つ必要がありまが、成り行き注文ならその必要はありません。

ただし、希望するレートで注文を成立させるためには、ある程度チャート前で待機している必要があります。

スリッページが起こることもあるので注意!

成り行き注文は動いているレートに対してリアルタイムで注文を出すため、注文時のレートと約定時のレートがずれる「スリッページ」が起こるときがあります。

注文価格がすべるため、スリッページを「すべる」と表現する場合もあります。

スリッページは後述するFXプライムby GMOやYJFX!、FXブロードネットなど約定力の高いFX業者を活用すると、回避しやすくなります。


スリッページについては、以下の記事でより詳しく解説しています。

スリッページ幅を設定して取引しよう

注文時に許容可能なスリッページの幅を設定すれば、注文時と約定時のレートが大きくずれるケースを防げます。

スリッページは一度の注文量が多いほど発生しやすくなるため、滑りやすい場合には設定しておきましょう。

なおスリッページ幅を設定すると、設定幅以上にレートがズレる場合は注文が約定しなくなります。

FX 成行注文の使い方2つ

FX-成行注文の使い方2つ

成り行き注文はトレードの中でも基本的な注文方法なので、重要な部分をおさえておけば抵抗なくトレードに使えるようになります。

ここでは成り行き注文の重要な2つの使い方について紹介するので、ポイントをおさえておきましょう。

成り行き注文の使い方2つ
  • 売買を決済する
  • スキャルピングで使う

使い方1:売買を決済する

成り行き注文は売買を決済するときに主に使われます。

成り行き注文なら決済したいときにすぐに決済が可能なので、素早く損切りしたいときや利食いしたいときに重宝します。

トレード時の決済において頼りになる注文法なので、この機会に覚えておきましょう。

使い方2:スキャルピングで使う

成り行き注文はスキャルピングのエントリーや決済でも使われます。

なぜなら、スキャルピングは1分足や5分足などを見つつ、スピーディーに注文を行う必要があるため、成り行き以外の注文だと間に合わないからです。

注文画面をクリックするだけで、すぐに利用可能なので、スキャルピングと非常に相性がよいです。

感情的に成行注文を使わないようにしよう!

感情的に成行注文を使わないようにしよう!

成り行き注文を使ううえでは、可能な限り感情に左右されない点が大事です。

好きなときにすばやく売買できてしまうため、自己判断ですぐに決済してしまったり、あと少し…と損切り判断が遅れてしまいやすいからです。

感情によって注文タイミングがズレやすくなるので、成り行き注文をメインで使う場合は、くれぐれも注意する必要があります。

200人のアンケート結果!成行注文にオススメなFX会社3つ

200人のアンケート結果!成行注文にオススメなFX会社3つ

成り行き注文を使う場合はスリッページが発生しづらい、約定力の高いFX会社を選ぶべきです。

ここでは現役トレーダー200人のアンケートにもとづき、約定力が高いオススメの会社を3つ紹します。

まだ口座を開設していない会社がある場合、開設しておく点をオススメします。

オススメのFX会社3つ

オススメのFX会社1:FXプライム by GMO

FXプライム by GMO

FXプライム by GMOに向いている人
  • 約定力100%のFX会社で取引したい人
  • スリッページなしのFX会社で取引したい人
  • 少額取引ができるFX会社で取引したい人

FXプライム by GMOがオススメなのは、約定力の高さを売りにしているからです。

「スリッページ無し」「約定力100%」をセールスポイントとしている会社なので、スキャルピングをする人に向いています。

注文がすべりにくいのは、予定外のコストがかかりづらい点も意味します。

オススメのFX会社2:YJFX!

YJFX!

YJFX!に向いている人
  • スマホアプリが充実しているFX会社で取引したい人
  • Tポイントが貯まるFX会社で取引したい人
  • 最低4,000円から始められるFX会社で取引したい人

YJFX!も、約定力が高いFX会社としてオススメできます。

注文がすべりにくいだけでなく、スプレッド幅も狭く、スキャルピングをやるトレーダーには嬉しい会社といえます。

最低取引単位が1,000通貨となっており、小資金から始められる点もメリットです。

慣れないうちは、1,000通貨から練習を始めるとスムーズです。

オススメのFX会社3:FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットに向いている人
  • スプレッドが狭いFX会社で取引したい人
  • 米ドル円のスワップポイントが高いFX会社で取引したい人
  • 少額から取引できるFX会社で取引したい人

FXブロードネット約定力が高く、スプレッド幅が狭い人気の会社です。

スプレッド幅は時間帯や相場環境によって、会社がサイトなどで提示している数値より開く場合も多いです。

しかしFXブロードネットは、そういった公式数値との乖離が少ないとの口コミが多く、トレーダーからも評価されています。

また裁量トレードに自信がない人に向けて、トランキングトレードと呼ばれる自動売買のサービスを提供している点も特徴です。

FX覚えておきたい他の注文方法5つ

FX覚えておきたい他の注文方法5つ

FXでもっとも基本的な注文が成り行き注文ですが、他にも複数の注文方法があります。

トレーダーがよく使う注文方法を5つご紹介するので、目的や状況に応じて臨機応変に使い分けられるようになりましょう。

注文方法1:指値注文

指値注文とは現在より有利なレートを指定して行う注文です。

現在のドル円レートが100円だとすると、買いなら100円以下、売りなら100円以上を指定して行うのが指値注文です。

現在のレートが指定した値に到達すると自動的に注文が成立となり、指定レートに到達するまではいつでも注文を取り消せます。

指値注文は利益確定の決済や新規のエントリーで頻繁に用いられます。

注文方法2:逆指値注文(ストップ注文)

逆指値注文は、現在より不利なレートを指定して行う注文方法で、指値注文と真逆の方法です。

現在のドル円レートが100円だとすると、買いなら100円以上、売りなら100円以下を指定して行うのが逆指値注文となります。

指値注文と逆指値注文は混同しやすいので注意が必要です。

有利なレートを指定するのが指値不利なレートを指定するのが逆指値と覚えましょう。

また逆指値注文は利確や損切りの決済によく用いられます。

リスクを低減するために重要な注文なのでしっかりマスターしましょう。

注文方法3:IFD注文

IFD注文は「If done」の略で、指値と逆指値を組み合わせた注文方法です。

買いと売りの注文を同時に出せるので、チャートをずっと見ていられない人にとって非常に便利です。

指値と逆指値の注文に慣れてきたら、IFD注文も躊躇せずに使っていきましょう。

注文方法4:OCO注文

OCO注文は「One cancel the order」の略で、1度に2つの注文を出せる点はIFD注文と一緒です。

OCO注文の場合、一方の注文が約定されたらもう一方の注文はキャンセルされる点がポイントです。

損切り注文を出すときに役立つので、リスクが高い相場でとくに効果を発揮します。

注文方法5:IFO注文

IFO注文はその名の通りIFD注文とOCO注文を組み合わせたものです。

IFO注文はエントリーの決定まではIFD注文、決済はOCO注文と同じ仕組みになります。

やや複雑ですが便利な注文なので、自在に使いこなせるようになりたいところです。

FX成行注文のまとめ

FX成行注文のまとめ

この記事のまとめ
  • 成り行き注文はその時のレートに対して、成り行きで注文する方法である

  • 成り行き注文はトレードの決済やスキャルピングによく用いられる

  • 成り行き注文を活用するには、スリッページが起こりにくいFX会社を選ぶことが重要である

オススメのFX会社3つ

上記で紹介した「成行注文の使い方」を実践すると、今後はほかの注文との違いがわからないと悩むことは一切なくなり、成り行き注文を活用してスピーディーな取引ができます。

「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、成り行き注文が簡単にできるようになります。

成り行き注文はFXの基本として覚えて、ほかの注文と使い分けて利益を目指しましょう。