FX証拠金は3種類!計算方法やレバレッジ、ロスカットとの関係性も紹介

FX証拠金の仕組みを徹底解説

この記事で解決できるお悩み
  • FXで出てくる証拠金ってどういう意味?
  • 証拠金の計算方法を知りたい
  • 必要証拠金と最低証拠金の違いを知りたい

 といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「証拠金の仕組みと計算方法」を理解すれば、FX初心者でも自分の証拠金維持率が計算できます


なぜなら、私もこの方法で証拠金の意味を理解して、自分にあった金額で少額口座を利用したいという悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「FXで使う証拠金の意味」について紹介します。

FXで使う「証拠金」の意味とは?

FX会社の口座に預け入れる資金FXで使う「証拠金」とは、取引の際にFX会社の口座に預け入れる資金で、FX会社から信用力を得るために必要なお金です。


言い換えると、証拠金はFX取引をするための担保のようなものといえます。


FXの正式名称が「外国為替証拠金取引」といわれるように、FXは証拠金にもとづいて行われるのです。

FX証拠金とレバレッジの関係性

FX証拠金とレバレッジの関係性

証拠金とレバレッジは密接な関係があります。


なぜなら、レバレッジをたくさんかけるほど、証拠金よりも大きい金額の取引が可能だからです。


今の日本では、個人トレーダーは最大25倍までレバレッジが使えるので、たとえば100万円の証拠金があれば2,500万円までの大金が取引できます。


※レバレッジについて詳しく知りたい人は、FXレバレッジとは?を参考にしてください。

FXで出てくるさまざまな「証拠金」を知ろう!

必要証拠金・有効証拠金・最低証拠金

FXではいろいろな証拠金が出てくるので、関連ワードとあわせて理解しましょう。

  1. 必要証拠金とは
  2. 有効証拠金とは
  3. 最低証拠金とは

 それぞれの証拠金について、以下で詳しくみていきましょう。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、動かしたい金額と設定したいレバレッジに対する必要な証拠金を指します。


必要証拠金は金額とレバレッジによって変動します。

  • 1米ドル円=100円

  • 取引したい額1万米ドル

  • 設定したいレバレッジ5倍

とすると、必要証拠金はいくらか計算してみましょう。

  • 取引金額 1万米ドル×100円=100万円

  • 必要証拠金100万円÷5倍=20万円

レバレッジ倍率が大きくなるほど、必要証拠金は少なくなるんですね。

有効証拠金とは

有効証拠金とは、取引に使える証拠金があとどのくらい残っているかを表しています。


そのため、自分の取引余力を判断するときによく使います。


有効証拠金は、ポジションの含み損益や未決済のスワップ損益がある場合には、全て今ある証拠金に加算・減算する仕組みです。

有効証拠金があるからといって目一杯使うトレードをすると、リスクが高くなるので控えましょう。

最低証拠金とは

最低証拠金とは、動かしたい金額に対して最低限必要になる金額です。


レバレッジを25倍で取引すると、最低証拠金は小さくなりますがロスカットされるリスクも高まるので注意しましょう。


具体的に計算すると、動かしたい金額を1万米ドル、設定レバレッジを25倍とすると最低証拠金は4万円になります。


一般的には、「最低証拠金=取引金額÷レバレッジ」 で計算できます。

FXで出てくる証拠金維持率とは?

必要証拠金・有効証拠金・最低証拠金

証拠金維持率とは、証拠金全体に対する有効証拠金の割合、言い換えると自分の取引余力です。


証拠金に関連して、証拠金維持率もよく出てきます。

証拠金維持率が下がるとロスカットされて大損する原因になるので、どんな仕組みなのかしっかりと理解しておきましょう。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、先ほど説明した有効証拠金÷必要証拠金×100%で求められます。


証拠金維持率は今の自分の資産状況を示す目安となるので、トレードを開始したら頻繁に計算すべきです。


毎回自分の手で計算するのは大変ですが、取引ツールの口座残高照会メニューなどで自動計算されている場合が多いので安心してください。  

FX証拠金維持率の目安を理解しておこう

FX取引するときには、証拠金維持率の目安の理解が大切です。


なぜなら、証拠金維持率が低すぎると暴落が起こったときに対応しきれないからです。


相場が大きく下落しても耐えきるためには、証拠金維持率300%を目安、つまり必要証拠金を証拠金全体の3分の1以下に抑えましょう。

【注意】証拠金維持率の低下でロスカットの危険増

証拠金維持率が低下すると、ロスカットの危険性が高まります。


なぜなら、FX会社は証拠金維持率に基づいてロスカット基準を定めているからです。


証拠金維持率が低いところでは20%、高いところでは100%でロスカットされます。

【人気FX会社のロスカット基準比較表】

⇩人気FX会社⇩ロスカットライン
外為オンライン
L25Rの場合、証拠金維持率100%未満
L25の場合、証拠金維持率20%未満
DMMFX
証拠金維持率50%以下
YJFX
証拠金維持率50%を下回ったとき
GMOクリック証券
個人口座:証拠金維持率50%未満
法人口座:証拠金100%未満

大切な資産の大半を失わないためにも、証拠金維持率は常に気にかけておきましょう。

ロスカットには、損切りが重要

ロスカット対策としては早めの損切りが重要です。


その理由は、早めに損切りをして証拠金維持率を回復しておくと、ロスカット基準に該当するのを避けられるからです。


損切りしないと損失がどんどん広がり、結果的にロスカットされて大損してしまいます。


早めに損切りして次のトレードに活かすためにも、市場を見極めての早めの撤退は重要です。


※ロスカット対策について詳しく知りたい方は、以下のURLを参照してください。

実際の取引で必要なFX証拠金の具体例を知ろう

実際にどれくらい証拠金が必要?

取引数量を1通貨と1,000通貨に絞り、レバレッジを変えたときに各FX会社でどれくらいの証拠金が必要なのかをまとめてみました。


まだ証拠金の意味がぼんやりとしか理解できていない人は、この表を使って証拠金のイメージをつかんでください。

取引単位レバレッジ必要証拠金
1000ドル(10万円)2倍5万円
2000ドル(20万円)2倍10万円
2500ドル(25万円)5倍
4000ドル(40万円)2倍20万円
5000ドル(50万円)10倍
5000ドル(50万円)5倍
1万ドル(100万円)10倍
1万ドル(100万円)5倍
2万ドル(200万円)10倍

【証拠金がわかったら】少額OKなFX会社で口座開設をしよう!

少額で取引可能なおすすめFX会社

証拠金の仕組みが分かったら、少ない証拠金で取引可能なFX会社を利用しましょう。


なぜなら、少額でスタートすれば仮に損を出しても大損はなく、リスクを下げられるからです。

  1. サポートが充実!外為オンライン
  2. ヤフーグループが運営!安心で低コストのYJFX!
  3. 1通貨単位〜取引可能!SBI FXトレード

上記のオススメFX会社3社の特徴について、下記で詳しくみていきましょう。

FX会社1:サポートが充実!外為オンライン

外為オンライン

 

1つ目のオススメFX会社は外為オンラインです。


その理由は、全国で無料のセミナーを開催しているので、知識や取引経験が少ないFX初心者でも安心して取引が始められるからです。


また、外為オンラインは最低1,000通貨から取引可能なため、初心者がリスクを抑えながら相場の経験を積むのに適しています。


FX初心者で一人で取引する際にセミナーとかで誰かに相談したい方、スプレッドが狭くないのであまり短期売買を行わない方にオススメです。

FX会社2:ヤフーグループが運営!安心で低コストのYJFX!

テクニカル分析でおすすめのFX会社はYJFX!

2つ目のオススメFX会社はYJFX!です。


その理由は、ネット大手であるYahoo!グループが運営しているFX会社だからです。


そのため、知名度が高く安心して取引可能なだけでなく、ユーザーサポートも充実しています。


外為オンラインと同様、最低取引単位が1,000通貨からですし、スプレッドも業界最狭水準の0.3銭(米ドル円)なので、短期売買も予定している方や少額取引から始めたい初心者にオススメです。

FX会社3:1通貨単位〜取引可能!SBI FXトレード

SBIFXトレードで少額に始めよう!

3つ目のオススメFX会社はSBI FXトレードです。


SBIFXトレードは何と言ってもFX会社で唯一1通貨単位から取引可能なので約4円からFXができます

またスプレッドも業界最狭水準の0.27銭(米ドル円)なので、取引にあまりお金を費やせない人でもFXを安心して始められますよ。


さらに、国内のFX会社でも18歳以上であれば未成年でも取引が可能なのはSBIFXトレードだけなので、幅広い層から支持されている人気FX会社です。


取引単位が細かい分、証拠金維持率の管理はマメにチェックする必要はありますが、ロスカットのリスクを抑えたいFX初心者には非常にオススメですよ

証拠金の意味をおさえて無理のないFXライフを送ろう!

証拠金に注意してFX取引をしよう

上記で紹介した「証拠金の仕組み」を理解すると、今後は各種証拠金の違いで悩むことは一切なくなり、証拠金維持率を管理しながら安全に取引できます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

FX証拠金まとめ
  • FXの「証拠金」とは、FX取引をする際にFX会社の口座に預け入れること
  • 証拠金には、必要証拠金・有効証拠金・最低証拠金の3種類があること
  • 証拠金維持率が下がるとロスカットされて資産の大半を失ってしまうので、早めの損切りが大切なこと
初心者にもお数sめの少額FX会社3選
  1. サポートが充実!外為オンライン
  2. ヤフーグループが運営!安心で低コストのYJFX!
  3. 1通貨単位〜取引可能!SBI FXトレード

 

「いろいろな証拠金があってややこしい」と最初は思うかもしれませんが、3種類の証拠金の仕組みを一度身につけてしまえば、より安全に取引ができるようになりますよ。