トップFXトレーダーが無意識に使いこなす『おすすめ取引時間』を解説

FX取引時間はいつ?稼げる時間は?

この記事で解決できるお悩み
  • FXの取引時間はいつ?
  • FXの取引時間は24時間?365日ずっと取引できるの?
  • 平日仕事が忙しくてもFXで稼ぎたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「FXの取引時間の仕組み」を理解すれば、FX初心者でも勝ちやすい取引時間帯がわかるようになります。


なぜなら私もこの方法で、「仕事が忙しくてトレードできないけど、取引時間ごとの特徴を知って稼ぎたい」という悩みを解決できたからです。


それでは以下で、「FXの取引時間の仕組みや特徴」について紹介します。

FXの取引時間は平日24時間

FXの取引時間は24時間せきあ 十で動いている

上記の図のように、FXの市場は世界各国で順番に開くので、常にどこかの国の市場が開いている状態にあります。


そのため1日を通して見た結果、平日24時間(月曜早朝~土曜明け方)取引が可能です。

生活に合わせて24時間取引可能


ちなみに最も取引が活発になるのは「NY市場」と「ロンドン市場」が重なる時間帯、つまり「日本時間21:00〜26:00」です。

FXは土日が取引時間外なので注意せよ!

fx取引できないのは週末以外にもある

FXは平日以外に2つ、取引時間外のタイミングがあるので以下で詳しく解説しますね。

土日はできない!世界の金融機関の休みが要因

土日は世界中の金融機関が休業日であるため、市場が動かないので取引ができません。


FXには具体的な場所があるわけではなく、金融機関がオンライン上で行う「インターバンク市場」が中心なので、金融機関が活動しないとFX市場も動かないのです。

クリスマスなども休みになる

クリスマスや大晦日・元日は海外の金融機関が休みで市場が動かないため、トレードは休みになります。


例外として、12月25日が平日であれば東京の外為市場が開いている7時〜15時限定でトレードが可能ですね。


なお大晦日も平日なら取引できますが、元旦は日本も含めて全世界が休みとなっています。

FXでおすすめの取引時間2点

fx取引時間ごとに稼ぐコツ2点を解説

FXは取引時間ごとに稼ぐタイミングやコツが大きく異なります。


そのため以下では、FX初心者でも取引時間ごとに稼げるようにわかりやすく説明していきます。

FXでオススメの取引時間1:FX市場が開かれるタイミング

FXの取引時間に起こる窓について

(引用:外為オンライン

FXでおすすめの取引時間の1つ目は、FX市場が休み明けに開く時間を狙って稼ぐ「窓開けトレード」がオススメです。


窓開けトレードとは、前週末の市場のクローズ時のレートと、週明けの市場のオープン時のレートが乖離(これを窓と言います)した時に、その窓を埋める方向にレートが動きやすい点を利用して稼ぐ方法です。


この窓埋めは起こりやすく、相場の値動きで利益を狙えます。


窓が起こった後の相場の特徴は、週末の価格方向に戻りやすい傾向にあります。

たとえば上の画像の場合、米ドル/円の週末価格123.68円で、週明け価格が123.13円。特徴通り、週末の価格方向に動いていますね。

FXでおすすめの取引時間2:時間帯ごとのタイミング

FX取引時間をイメージできるように世界地図で表現

FXでおすすめの取引時間の2つ目は、世界の主要国の取引時間のタイミングによって異なるので以下で詳しく解説します。


取引時間ごとに開かれている市場が違うため、市場ごとの特徴を利用すると稼ぎやすくなります。

【オセアニア時間】6:00~8:00

外国為替市場のオセアニア市場は、外国為替市場の起点です。

オセアニア市場の特徴
  • 重要経済指標の発表はオセアニア市場の時間帯に合わせて行われることが多い
  • 国内のFX会社はこの時間にメンテナンスを行うことが多い
オセアニア市場の注意点
  • 週明け最も早くに始まるため、レートが大きく変動し、窓が大きく開きがち
  • トレードする人が少なく、流動性が低い時間帯ではありますが、いきなりスプレッドが開いたり、値が大きく飛ぶ

週明けはスキャルピングをする人にとっては、大きな利益チャンスでもありますが、初心者は気をつけましょう。

【東京時間】8:00~15:00

東京市場は世界三大市場の一つです。


ただ、世界全体の取引高の約5%程度と流通量は決して多くはありません。

東京市場の特徴
  • 株取引がされる9:00~15:00は、FXの取引量も多くなる
  • 9時55分ごろは銀行の「仲値」を決める時間(※仲値は各金融機関の顧客に対する為替レート)
  • 5と10の付く日は、ドル買いが出やすく仲値の決まるドル円の動きが活発化する
  • 15時になるとロンドン市場が始まり、大きなトレンドが出る時間帯になる
  • 21時になりニューヨーク市場が入ると、さらに値動きが活発化する
東京市場の注意点
  • 9:00~15:00はロンドン市場やNY市場と重ならないため、大きくトレンドが出ることは少ない
  • 東京時間の値動きは限定的でレンジ相場が多いため、FX初心者にはなかなかトレードチャンスがない
  • 15時は東京オプションカットの時間帯なので円相場が大きく動くことがある

基本的にFXトレーダーは、ロンドン時間・ニューヨーク時間をメインにトレードするんですよね?

その通り。東京時間はレンジ相場は値動きの幅の予想がしにくいから、FX初心者にはオススメしないですね。

【欧州時間】15:00~21:00

15:00~21:00は世界全体の取引量の40%を占めるロンドン市場が開くため、非常に流動性が高いです。

欧州市場の特徴
  • ユーロ円、ユーロドルのペアは素直な動きをすることが多いため、トレンドに乗った順張りに適している
  • FX初心者で、「とにかくわかりやすいトレンドに乗りたい!」という方は、欧州時間でのトレードがオススメ
  • ロンドン市場の時刻に合わせて欧州内で要人発言があったり、重要な指標があるため、大きな利益獲得ポイントになることもある
欧州市場の注意点
  • ロンドン市場オープンと同時に値動きが荒くなりやすいので、ユーロやポンド、その他欧州通貨でトレードする人は利益を狙いやすいがリスクも大きい
  • ポンドはとくに値動きが荒い

【ニューヨーク時間】21:00~6:00

ニューヨーク市場は、世界全体の取引高の約20%を占めます。

ニューヨーク市場の特徴
  • ニューヨーク市場のオープン前後はドルの値動きが大きくなる
  • 1日の中でもっとも取引量が多くなる時間帯
  • ニューヨーク時間に発生したトレンドが、その後マーケットの動きを決定づけることも多い
ニューヨーク市場の注意点
  • 21:00~6:00で米国の重要指標(米国雇用指数など)は発表されることが多いので、発表時間の前後は動きが荒くなる
  • 0時(米国冬時間は23時)にはNYオプションカットがあるため注意が必要

FX取引時間における注意点2つ

FX取引時間における注意点を解説

FX取引時間の注意点1:夏時間と冬時間で変わる

FXの取引可能時間は「夏時間」と「冬時間」で変更されます。


夏時間は、冬時間よりも1時間時計の針が早められるので、その分取引時間も変わります。


たとえばアメリカの雇用統計が夏時間は21:30、冬時間は22:30に発表されたりと、経済指標の時間もずれるので要注意です。

≪各FX会社の比較表≫【夏時間】取引時間&メンテナンス時間

FX会社
開始時間
(全て月曜)
終了時間
全て土曜)
通常メンテナンス時間
外為オンライン午前7:00午前5:55日次:火曜~金曜 午前5:55~午前6:05
週次:土曜 午前5:55~正午
YJFX午前7:00午前5:50火曜~金曜 午前5:55~午前6:00
土曜 午前5:50~午前6:00
週次メンテナンスは不定期
MT4チャートは毎月最終土曜 午前9:00~午前12:00
DMMFX月曜:午前7:00
火~木曜:午前6:00
金曜:午前6:00
翌午前5:50土曜12時00分~18時00分
FXブロードネット午前7:00午前5:55日次:火曜~金曜 午前5:55~午前6:05
週次:土曜 午前5:55~正午
GMOクリック証券午前7:00午前6:00毎週土曜 午前8:00〜午前9:00
SBIFXトレード午前7:00午前5:30月曜 午前6:30~午前7:00
火曜~土曜 午前5:30~午前6:00
ひまわり証券月曜:午前7:00
火曜~金曜:午前6:05
翌午前5:55日次:火曜~土曜 午前5:55~午前6:05
週次:土曜 午前5:45~正午
外為ジャパン午前7:00午前5:50土曜 12:00~18:00
fxprime"午前7:00午前5:50日次処理:午前5:57から約10~15分間程度
メンテナンス:毎週土曜 午前8:00〜正午の間で約1時間程度
マネーパートナーズ午前7:00午前5:50火曜~金曜 午前5:55~午前6:10
土曜 午前5:50~午前6:10
日曜日 午前2:00~午前8:00
ヒロセ通商午前6:00午前5:00午前6:00前後から5分程度(〜最大30分程度)

≪各FX会社の比較表≫【冬時間】取引時間&メンテナンス時間

FX会社
開始時間
(全て月曜)
終了時間
(全て土曜)
通常メンテナンス時間
外為オンライン午前7:00午前6:55日次:火曜~金曜 午前6:55~午前7:05
週次:土曜 午前6:55~正午
YJFX午前7:00午前6:50火曜~金曜 午前6:55~7:00
土曜 午前6:50~午前7:00
週次メンテナンスは不定期
MT4チャートは毎月最終土曜 午前9:00~午前12:00
DMMFX午前7:00午前6:55土曜12時00分~18時00分
FXブロードネット午前7:00午前6:55日次:火曜~金曜 午前6:55~午前7:05
週次:土曜 午前6:55~正午
GMOクリック証券午前7:00午前7:00毎週土曜 午前8:00〜午前9:00
SBIFXトレード午前7:00午前6:30月曜〜土曜 午前6:30~午前7:00
ひまわり証券月曜:午前7:00
火~金曜:午前7:05
午前6:55日次:火曜~土曜 午前6:55~午前7:05
週次:土曜 午前6:55~正午
外為ジャパン午前7:00午前6:50土曜 12:00~18:00
fxprime"午前7:00午前6:50日次処理:午前6:57から約10~15分間程度
メンテナンス:毎週土曜 午前8:00〜正午の間で約1時間程度
マネーパートナーズ午前7:00午前6:50火曜~金曜 午前6:55~午前7:10
土曜 午前6:50~午前7:10
日曜日 午前2:00~午前8:00
ヒロセ通商午前7:00午前6:00午前7:00前後から5分程度(〜最大30分程度)

FX取引時間の注意点2:金曜日の終値と月曜日の始値に注意!

金曜日の終値(終わりの価格)と月曜日の始値(始まりの価格)は大きく相場が変わるため、FX初心者は注意が必要です。

もちろんスイングトレードのような長期売買であれば、さほど気にしなくても問題ありません。

ポジションを土日に持ち込んでしまった場合、含み損が大きくなり、最悪の場合にはロスカットになることもあります。

デイトレードをメインでやるFX初心者は、ポジションの持ち越しをできるだけ避けた方が賢明です。

平日忙しくてFXできないなら自動売買

平日は忙しい!FX取引時間がない人は自動売買

自動売買を利用すれば、平日忙しくてトレードできない人でもFXで稼げます。


プログラムで一旦発注すれば、利確も損切りも機械的に行ってくれるので、チャートを分析する必要もないだけでなく、焦って利確が早過ぎたり、塩漬けになったりなどの人間の心理が入らないメリットがあります。


※下記のリンク先で自動売買について詳しく解説していますので、参考にしてください。

FXの取引時間に関するまとめ

FX取引時間の仕組みを理解しよう上記で紹介した「FXの取引時間の仕組み」を理解すると、今後はFXの取引時間はいつなのか分からないと悩むことは一切なくなります。


その結果、忙しくてもを自分に合った時間を見つけられ、またFXの知識を十分に持っていれば自動売買を使うことで稼げる可能性が高まります。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXの取引時間は、基本的に平日24時間(月曜朝〜土曜朝)
  • 「夏時間」と「冬時間」で取引時間や経済指標の発表時刻が変わる
  • 土日・クリスマス・大晦日・元旦は休み
  • 「窓空きトレード」や「市場ごとの時間帯による特性を利用したトレード」で稼ぎやすい
  • 自動売買」を使えば忙しくても効率的に稼げる

「仕事で忙しいから、FXトレードの時間がない」と最初は思うかもしれません。


しかし、時間帯により稼げるポイントを的確に掴んでトレードしたり、時間がなくても自動売買を活用することで、稼ぐチャンスを掴むことができますよ。