南アフリカランド(為替、FX)の2019年見通しを大手銀行員が解説!

南アフリカランドで毎日金利生活!

この記事で解決できるお悩み
  • 南アフリカランドってなんで下落したの?
  • 南アフリカランドの見通しってどう?2019年以降は?
  • 南アフリカランドは長期見通しいいの?

上記の悩みを解決できる記事を書きました。三井住友信託銀行出身のクニトミが解説します。


銀行員時代は『投資信託、外貨、保険、不動産、税金、遺言、相続』の7つの観点で、金融資産1〜5億のお客さまへのコンサルティングを行なっていました。


この記事で解説する『南アフリカランドの下落原因、2019年以降の見通し
等を理解すれば、南アフリカランドへの適切な投資タイミングが判断できます


それでは以下で解説します。


※『南アフリカランドで、低リスクに稼ぎやすいFX会社を知りたい!』という方は、『一目で分かる!稼ぎやすいFX会社の比較表』を参考にしてください!

目次

【南アフリカランド:半年間の推移】値動きの要因6つを解説

2018年12月〜2019年5月末までの6ヶ月間で、南アフリカランド は上昇したり、下落したりしましたよね。


この6ヶ月間の乱高下には全て『理由』があり、その理由を理解することが『南アフリカランドの2019年見通し』を理解することに繋がります。


銀行員目線での分析を『初心者でもわかるように』解説するので、この機会に理解度を深めましょうね!

南アフリカランドの半年間の推移
  1. 2018年12月:米国株の急落
  2. 2019年1月末:アメリカの利上げ休止の予測が強まった
  3. 2019年2月:停電によって南アフリカ経済に与える悪影響が心配された
  4. 2019年3月:トルコリラ の急落につられて下落
  5. 2019年4月:金の価格が下落
  6. 2019年5月末:米中貿易摩擦による投資家心理の悪化

2018年12月:米国株の急落

2018年12月には米国株式が大きく下落したことによって、南アフリカランドだけではなく、世界中の株、投資信託、通貨が下落しました。


上記でも説明した通り『何か1つが急落すると、その他の金融商品も下落する』という関係性があるからですね。


実際に、12月に米国株式が急落したタイミングで、『ユーロ、豪ドル、ブラジルレアル、トルコリラ』も急落しています。

以上のように『1つの銘柄や通貨が急落→投資家心理が悪化→その他の銘柄、通貨も下落する』という関係性を理解しておきましょう!

具体例:2018年8月にトルコリラの急落

実際に2018年8月トルコリラの急落によって、投資家心理が悪化して、南アフリカランドも下落しました。


繰り返しになりますが、『何か1つが急落すると、投資家心理が悪化し、その他の投資商品への投資をやめる』という関係性は理解しておきましょう!

2019年1月末:アメリカが利上げを休止した

アメリカが利上げを休止したことによって、新興国通貨は上昇しました。


なぜならアメリカの景気後退を懸念した投資家の投資資金が、新興国通貨に流れたからです。


そもそも利上げは『景気の良い時期』に、景気を『抑制』するために行います。つまり、『利上げを休止する』=『景気を抑制する必要がない』という意味なんです。


そのため新興国通貨へ投資資金が流れて、南アフリカランドが上昇したと考えられます。

利上げによって、為替が上昇したロジック

アメリカが利上げを休止した → 景気が今後悪くなる可能性あり → 利下げする可能性あり → 相対的に新興国通貨への投資魅力UP → 南アフリカランドの為替が上昇

2019年2月:停電によって南アフリカ経済に与える悪影響が心配された

2019年2月に大きく下落した原因は、停電が南アフリカ経済に悪影響を与える可能性があったからです。


“エスコム(国営電力会社)の経営危機によって電力の供給がうまくいかず、南アフリカでは5日連続で大規模停電が発生しました。


その結果を受けて、上の画像のように南アフリカランドは大きく下落したんです。


しかしラマポーザ・南アフリカ大統領はエコムスの経営危機を支援することを表明し、具体的な方針を発表した結果、為替の下落は止まりました。

2019年3月:トルコリラ の急落につられて下落

2019年3月にトルコリラ が急落したことで、南アフリカランドも大きく下落しました。


上記でも解説したように金融商品の特性として、『何か1つの商品が急落すると、その他の金融商品も下落する』という関係性があります。


今回は『トルコリラ 』が急落したことによって、南アフリカランドだけではなく、そのほかの通貨も大きく下落しました。


特に南アフリカランドに、マイナス要因があったわけではないので心配しないようにしましょうね!

2019年4月:金の価格が下落

2019年4月は、金の価格が下落したことによって、南アフリカランドは再度下落をしました。


なぜなら南アフリカの主要産物は『金』だからです。


つまり『金』で儲けている国なので、金の価格が下落すれば南アフリカの収益性も失われて、南アフリカランドの価格が下落するのは当然ですよね。


また国営電力会社の財務に対する懸念の再燃も、下落要因に加わったようです。

2019年5月末:米中貿易摩擦

2019年5月末は米中貿易摩擦による世界経済への悪影響が懸念されて、『南アフリカランドにも影響を与えるのでは?』との予測から再度下落しました。


ここで安心してほしいのは、『南アフリカランドに下落原因があった訳ではない』ということですね。


あくまでも以下のようなロジックで悪影響が及んだと推測しております。


米国と中国の経済に悪影響が及ぶ → 米国や中国と貿易関係のある国や企業が悪影響を受ける → そのほかの国も影響を受ける→全世界的に株や通貨が下落する(南アフリカランド含む)


以上が2018年12月〜2019年5月末までニュージーランドドル に起こっている相場分析になります。

【南アフリカランド:2019年以降の見通し】明るくなる可能性あり

2019年は見通し良好!

南アフリカランド通貨への投資は、長期的な目線に立つと、見通しは『明るい』と考えております。


以下で見通しが明るい理由3つを解説しますね。

南アフリカランド見通しが明るい理由1:アメリカの利上げ回数が減る

2019年以降、アメリカの利上げ回数が減る見通しがあり、それが相対的に南アフリカランドへの投資魅力が増すことに繋がります。


『アメリカが利上げを行わない→米ドルへの投資魅力が下がる→相対的に高金利な新興国通貨への投資魅力が増す』という関係性があるからです。


実際、BBC(イギリスの公共放送機)でも以下のような記事内容があり、アメリカの利上げ回数は減速する可能性が高いので狙い目です。

来年は利上げペースを減速 

引用元:BBC      ※来年=2019年のこと

つまり『米国が利上げを行う可能性が低い』→『米ドル通貨の魅力が低下』→『相対的に新興国通貨の魅力が高まる可能性がある』と想定できます。


※利上げと通貨の関係性について理解したい方は『南アフリカランド下落理由1:米ドルの利上げ』に目を通しましょう。

南アフリカランド見通しが明るい理由2:野村證券の予測

野村證券が『南アフリカランドの見通しが明るい可能性がある』と発表したのも、1つの判断指標になると思います。


実際に野村證券は南アフリカランドの見通しレポートで、以下のように発表しています。

2019年入り後に米国の利上げペース鈍化観測などを背景に、ランドは回復基調にあります。


向こう1年間の南アフリカランドの対円相場レンジを1ランド=7.8~9.6円と予想します。

引用元:野村證券

野村證券の予測だと2019年の南アフリカランドの動きは7.8〜9.6円を推移するとのことなので、


非常に狙い目であることが、以下の画像からもお分かりいただけると思います。

南アフリカランド見通しが明るい理由3:他の新興国に不安を抱いている人が多い

上記では『アメリカの利上げによって、他の新興国通貨への投資魅力が高まっていること』を解説しましたが、他の新興国も同様に2019年のうちは懸念点がある国が多いです。


しかし南アフリカランドはそのような懸念点がないため、上記の野村證券のような『強めの見通し』があるのだと考えられます。


実際に他の新興国には2019年中は以下のような懸念点があります。(長期的な目線だと、見通しは明るいです。)

新興国通貨の見通しに注意!
  • トルコリラ:エルドアン大統領が、中央銀行の金融引き締めに対し、反対姿勢を示している
  • メキシコペソ :大統領ロペス氏の今後の活動が不透明

以上3つの理由から『長期的な目線に立つと、南アフリカランドの見通しは明るい』と考えることができます。

【南アフリカランド:2019年以降の見通し考慮!】4パターンの人へアドバイス!

2019年ランドの4つのポイント

『南アフリカランドには投資すべき?』『すでに南アフリカランドに投資した人はどうする?』


上記のように疑問を抱えている人も多いと思うので、以下4パターンに分けてアドバイスしますね。

4パターンの人へアドバイス
  • 南アフリカランド投資を検討し、投資資金は余剰資金でない人
  • すでに南アフリカランド投資し、投資資金は余剰資金ではない人
  • すでに南アフリカランド投資し、投資資金も余剰資金である人
  • 南アフリカランド投資を検討し、投資資金は余剰資金である人

南アフリカランド投資を検討し、投資資金は余剰資金でない人

確かに南アフリカランドの2019年中の見通しは明るいですが、『余剰資金がない人』は絶対に投資をしてはいけません。


なぜならFXの場合は借金を背負ってしまうこともあるからです。


投資資金が生活費であった場合に、もし損害を出した場合は取り返しのつかないことになるので絶対にやめましょう。


※余剰資金とは、万が一無くなっても生活に困らない資金のことです。

すでに南アフリカランドに投資し、投資資金は余剰資金ではない人

2018年8月や12月のトルコリラや米国株式の急落によって、損している状況かと思います。


このパターンの人たちは、2019年の南アフリカランドの動きを見て、マイナスが取り返せる水準まで戻ったら利益確定することをオススメします。


『余剰資金でない』人たちはなるべく早く投資は控えるべきですので。

すでに南アフリカランドに投資し、投資資金も余剰資金である人

このパターンの人は、長期的な目線で南アフリカランドに追加投資をするなら、いい選択だと思います。


なぜなら『野村證券の南アフリカランド見通しで、2019年中は7.8円〜9.6円を推移する』という予測があるからです。


今のうちに仕込んでおき、こまめに利益確定をするのは1つの戦略としてありですね。


※追加投資する場合のおすすめFX会社は下記で紹介

※野村證券の予測は、結果を保証するものではございません。

南アフリカランド投資を検討し、投資資金は余剰資金である人

もし僕が同じ立場なら、2019年中の7.5〜8.3円のどこかのタイミングで『投資』をすると思います。


なぜなら上記と同じように、野村證券の南アフリカランドに対する見通しが良好だからです。


米国の利上げ回数の減少は、新興国通貨への投資魅力を高めるため今のうちに仕込むと思いますね。


みんなが『そろそろ仕込もうかな〜』という時期に仕込んでも、儲からないので。


※追加投資する場合のおすすめFX会社は下記で紹介

【南アフリカランド:2019年以降の見通し良好!】おすすめのFX会社

2019年ランドのおすすめFX会社

僕に『余剰資金』があれば、南アフリカランドに投資すると思いますが、大切なのは『南アフリカランド投資に適しているFX会社』を選択することです。


そして南アフリカランド投資する場合は、スワップポイントが重要になるので以下で解説します。


※南アフリカランド以外で、『一番条件のよい通貨ペアと、FX会社でスワップ金利を受け取りたい!』という方は『最新FXスワップポイント比較』に目を通してくださいね。

スワップポイントとは?

※2019年3月時点の政策金利を参考にしております。2019年7月時点での政策金利は6.50%

スワップポイント(金利差調整分)とは、2カ国の金利差から得られる利益のことを指します。


たとえば日本円(低金利通貨)のを売って、南アフリカランド(高金利通貨)を買うと、その金利差の差額を利益として『毎日』受け取れます。

南アフリカランド投資ならスワップポイントが重要です!

南アフリカランドに投資する場合は、スワップポイントに着目しましょう!


なぜならスワップポイントが高いほど、毎日積み上がる利息が大きくなり、投資リスクを抑えることができるからです。


『普段は仕事や家事があり、パソコンに貼りつけない』『大きくリスクをとって稼ぐより、リスクを抑えてコツコツ稼ぐ感じがいい』という人は、南アフリカランドの長期投資がおすすめです!

具体例:南アフリカランドのスワップポイント=12円の場合

南アフリカランドで得られるスワップポイントのシュミレーションのイメージ図

5万通貨を半年間保有し、スワップポイントが12円の場合は、1年間では21600円の利息が積み上がります。


※お取引する際のスワップポイントは、金利情勢に伴い、日々変動するためご注意くださいませ。

11/11更新 南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社

2019年11月11日時点で、一番高いスワップを受け取れるのは151円/日LIGHT FXです!
FX会社最新
スワップ
ポイント
年間
スワップ
ポイント
スワップポイント実績公式
サイト
1月~10月累計
1月~10月平均
FXプライムbyGMO
110
円/日
40,150
41,430
136
円/日
詳しくみる
LIGHT FX
151
円/日
55,115
23,743※
129※
円/日
詳しくみる
ヒロセ通商
150
円/日
54,750
45,150
148
円/日
詳しくみる
SBIFXトレード
110
円/日
40,150
34,660
114
円/日
詳しくみる
YJFX!
110
円/日
40,150
33,200
109
円/日
詳しくみる

・スワップポイントは全て10万通貨買いになります。
・最新スワップポイントは情報取得日:2019/11/11時点のスワップポイントになります。
・年間スワップポイントは『最新スワップポイント×365日』で算出しています。
・スワップポイント実績は『2019年1月〜情報取得日の前月末まで』の累計額になります。
※LIGHT FXの実績は2019年5~10月の6ヶ月間の実績となります。

南アフリカランドのスワップポイントが高い5社のなかで、銀行員目線で特にオススメの2社を紹介します!

高スワップポイントで運用したい人にオススメ!:LIGHT FX

LIGHTFXスワップポイント

■最新スワップポイント(情報取得日:2019/11/11