【FXの手法】シンプルこそが至高!考えすぎは損失をどんどん拡大する

アイキャッチ】シンプルな手法

この記事で解決できるお悩み
  • 簡単でシンプルな手法ってないの?
  • でもシンプルな手法ってちゃんと稼げるの?
  • シンプルな手法っていうか分析はないの?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


手法や分析はこだわればこだわるほど複雑になりますよね。


実はFXで利益を上げてる人のほとんどは、シンプルなルールで取引しているのです。


色んな知識をつけすぎた人も、一旦シンプルな手法に立ち返ってみては?きっと今よりシンプルな考え方で利益を出すことができるでしょう。

FXの手法はシンプルだった!

FXの手法はシンプルだった

初心者でも失敗が少なくシンプルに勝てるFX手法は「トレンド相場に順張りで入る」ことです。

為替相場には大きく分けて3つのトレンドがあります。

3つのトレンド
  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ

この3パターンの為替相場の動きに対して、いろんな人たちがいろんな手法でFX取引をしてるだけなのです。


「トレンド相場に順張りで入る」こと
がシンプルな手法なので、忘れないようにしましょう!

具体例

例えば、

  • 移動平均線やMACDのゴールデンクロスとデッドクロスでトレンドを確認
  • ボリンジャーバンドの±σや±2σ内での動きを見てレンジ相場を確認

など、得意なテクニカル分析やトレンドラインを引いてトレンドを確認しています。

このトレンドを確認しつつ、順張りでのトレードをするのが基本です。

FXで順張りする際の注意点

トレンドに対して順張りだからといって大きく利益を取ろうとはしないほうが良いです。


相場は刻々と変化しているので、トレンドに順張りをしているといっても急にそのトレンドが変わることもよくあります。

そうすると、せっかく出ていた利益がマイナスになることも…

なので、トレンドに対して「少しずつ」利確しながら利益を積み重ねていきましょう

FXのシンプルな手法を使うためのコツ4つ!

シンプルな手法を使うために

1:トレンドを見つける

トレンドに順張りするためには、まずはトレンドが何かを確認する必要があります。

先ほども説明しましたが、為替相場には大きく分けて3つのトレンドがあります。

3つのトレンド
  • 上昇トレンド(アップトレンド)
  • 下降トレンド(ダウントレンド)
  • ある一定の幅を上がったり下がったりするレンジ相場

トレンドにシンプルに乗るために、まずは今がどのトレンド相場なのかを把握することが重要です。

ではどうやってトレンドを見極めるかというと、以下3つのテクニカル分析を利用してより確実に判断していきましょう。

移動平均線よるゴールデンクロスやデッドクロス

よく使われるシンプルな手法の一つです。

長いラインを短いラインが上に抜けばゴールデンクロスで上昇トレンドに。

下に抜けばデッドクロスと言われ下降トレンドの開始合図と認識されています。

オシレーター系のMACDでも同じことが言われています。

詳細ページMACDの正しい使い方知ってますか?

ボリンジャーバンドからレンジ相場がトレンド相場か判断する

ボリンジャーバンドは主にレンジ相場の時に使われるテクニカル分析です。


しかし、トレンドが発生している相場ではボリンジャーバンドはあてになりません。

トレンド時にボリンジャーバンドだけで判断して逆張りなんてしていると大きな損失が出てしまうことも…

詳しい内容をお話すると長くなってしまうため、木になる方は以下の記事で確認してくださいね。

詳細ページボリンジャーバンドをどこよりわかりやすく解説

RSIで買われすぎ水準、売られすぎ水準を見極める

このオシレーターだけで判断することはあまりないですが、わかりやすいテクニカル分析の1つです。

他のテクニカル分析と合わせてより確実性をもたせるために使われるのがRSI。

一般的にRSIが25~20を割り込むと売られすぎ(ここから買われるかも)。

70~80以上に抜けてくると買われすぎ(ここから売られるかも)と判断することができます。

詳細ページRSIはオシレーター系の代表格!

2:基本は順張りで稼ぐ

先ほども述べましたが、トレンド方向がわかれば、順張りでコツコツ利益を重ねていくのがおすすめです。

なぜなら為替チャートはどちらかの方向にトレンドが発生すれば、一定期間その方向に動き続けるからです。

注意点:トレンドが変わる場合

アジア時間、欧州時間、米国時間のマーケット開始時間帯でトレンドがかわる場合があります。

なので、その時間帯は読めないのでトレードを避けるのがおすすめ。

その辺りの時間帯を避けた上でトレンドライン(間近の高値同士、又は安値同士のローソク足のラインを引くこと)を引いてみましょう。

そして、そのラインに近づいてきたら注文。自分で決めたpips又は利益が出たら利確。これだけでも、コツコツ稼げます。

3:スキャルピングなら逆張りで稼ぐ

トレンドに対しての順張りがオススメといいましたが、スキャルピング取引においては例外です。


この順張りと対局にあるのが逆張りという手法。

逆張りとは

トレンド方向とは逆方向にトレードする手法の1つ

【例】1ドル=100円の下降トレンドにも関わらず、1ドル99円の買い注文からエントリーすること。


逆張りは主にスキャルピングで大活躍する手法です。

スキャルピングとは

数秒から数分で注文と決済を高速で行う手法


トレンド相場はトレンドといっても一直線に動くわけではありません。

「下降と上昇を繰り返しながらトレンド方向へ動く」のが為替の特性です。

この特性を利用します。

スキャルピングは短い時間で注文・決済をします。

これは、短期間の上下の値動きから利益を狙うためです。

つまり、為替チャートも短期間に上下に動いているのです。


そのため、トレンドに対して逆張りでエントリーしたとしても値がトレンド方向に動いて、エントリー価格よりプラスになれば利益を出せるんです。

スキャルピングは、この上下に動く間隔が短いため逆張りの手法が生きてきます。

とはいえ、トレンドに逆らってポジションをとるということはリスクもあります。

反動で逆に動いても結局トレンド中はトレンド方向に戻されることが多いので、利確・損切の早い決断が重要です。

FXはなぜシンプルな手法でも勝てない人がいるのか

シンプルな手法でも勝てないのはなぜか

 

FXで大損した!なんて話もよくありますが、大損に限らずマイナスになってしまう人にはある共通点が。

それはルールを守れないから。又はルールを作っていないから。

具体的には、10pipsマイナスになったら損切、1,000円分マイナスになったら損切。のようなルールです。

ルール通りなら1,000円のマイナスだったところ、損切できずに5,000円もマイナスになってしまったなんてよくある話

ルールを守る!

相場と戦っているトレーダー達は大抵の人が「マイルール」を作っています。

自分で作ったルールに従うことで感情的にならず勝率の高いトレードを繰り返すことができます。

注意

人の利確ルール、損切ルールをマネするのではなく自分の資金力・メインの時間足を考慮しながらルールは自分で決めましょう。


損切ルールはpipsで決めてもいいですし、何円マイナスになったら損切というように決めても大丈夫ですよ。

何故ルールを作って守るかというと、そうしないと感情的なトレードになるからです。

「今日はマイナスになっても持ち続けていればプラスになりそう」なんて、適当にトレードをしているといつか大きく損失を出してしまいます。

そんな適当なトレードだと、プラスになったりマイナスになったり運任せに。

損小利大という言葉がありますが、損は最小限に抑えて利益を伸ばすルールをしっかり考えましょう。

人は利益が出ている場合はその利益がなくならないようにすぐに確定し、


損失が出ている時は、いつかプラスになると長い時間持ち続けてしまうことがよくあります。

そうなると、損小利大どころか、損大利小に。

そうならないためにも、例えば損切は5pipsで、利確は10pipsなどルールを決めて守りましょう。

一度損切で5pipsマイナスになっても、次に10pipsとれれば、5pipsの利益になります。

FXのシンプルな手法まとめ

シンプルな手法まとめ

FXのシンプルな手法としては以下の通りになります。

まとめ
  • テクニカル分析を利用し、トレンドを見極める
  • トレンドに乗った順張りでコツコツ利益を重ねる
  • 逆張りのスキャルピング取引で利益を重ねる
  • マイルールを決めて絶対守る
  • 感情的にならず、機械的にトレードをする

 

FXで稼ぐ方法はシンプルです。

変にテクニカル分析をあれもこれも入れて複雑に考えるのではなく、まずはこの点を意識してトレードをしてみてください。

特に大事なのはルールを決めること。

コツコツ9割勝っても、1割の負けが大きければ意味がありません。

トレンドを見極めながら損小利大を意識してシンプルなトレードをしましょう。