FXの買い注文方法と押し目買いとは?エントリー判断がわかれば勝率UP

【初心者向け】FXの買い方と売り方

この記事で解決できるお悩み
  • 買い方と売り方の種類を知りたい
  • 注文のタイミングがわかるようになりたい
  • FX初心者なので買い方の知識を身につけておきたい

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「買いにおける基本から応用までの注文方法」を理解すれば、FX初心者でも適切に売買できます。


なぜなら私もこの方法で、売り方・買い方の種類がわからない悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「FXを始める基本的なフロー4つとおすすめの買い方・売り方」について紹介します。

FXの代表的な「買い」「売り」方法3つ

【応用編】おすすめの売買方法3つ

FXの代表的な注文方法は、下記の3つです。

注文方法3つ
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

買い方・売り方の基本編で、応用編でも使用する知識なので、上記は覚えておきましょう!


それでは、それぞれについて詳しく説明していきます。

おすすめ1:成行注文

成行注文は、リアルタイムの為替レートを見ながらその場の成り行きで注文する、FXでもっともメジャーな取引方法です。


チャート画面を見ながら注文をするため、初心者はこの成行注文から入って、トレードの感覚をつかみましょう。


一人前の投資家になった後にもよく使うので、成行注文について詳しく書いてあるこちらの記事でより深く学びましょう。

おすすめ2:指値注文

指値注文とは

動き続ける外国為替の相場において、自分の希望したレートで買えるのが指値注文です。


ピンポイントで指定する注文方法で、自動で注文が成立するのでチャート画面を見ていない時でも取引ができます


指値注文の上級テクニックを説明しているこちらの記事も一緒に読んでおくと、高度なロジックの取引が可能です。

おすすめ3:逆指値注文

逆指値注文とは

逆指値注文は、今よりも悪い条件をあらかじめ設定しておく注文方法です。


予想外のダメージを軽減するための損切りや、トレンドが進む先でエントリーするのに適している注文方法です。


FX初心者の場合、目先の利益を考えてしまって損切りができない傾向にあるので、逆指値注文はとても重要な注文方法です。


※より詳しくは下記で書いているので、知らなかった方はご覧ください。

【買い方を知ったら】応用のFX注文方法を使おう

【応用編】おすすめの売買方法4つ

買い方・売り方の基本をマスターした人は、次に以下の応用編の注文方法4つも学んでおきましょう。

応用編の4つの注文方法
  1. IFD注文
  2. OCO注文
  3. IFO注文
  4. トレール注文

応用編では、基本の注文を連続で行います。


指定した条件を満たした時点で自動的に発動するため、FXの買い方のバリエーションが広がります。

応用1:IFD注文

IFD注文とは

FXで新規注文と決済をまとめて出せるのが、IFD注文です。


英語の「if」と「done」の組み合わせで、新規注文が約定した場合に決済の注文が有効になります。


取引画面を見られない時間に取引したいケースでオススメです。


決済については、狙った為替レートに到達したタイミングでの利益確定か、逆行での損切りのどちらかになります。

応用2:OCO注文

OCO注文とは

これからの相場が読めないときには、OCO注文が便利です。


英語では「One Cancels the Other」といい、買い注文と売り注文を同時に出せます


損切りの代わりに、OCO注文で『ここまでなら下がってもいい』という位置を決めて売り注文を出しておくことで、予想外の大損はなくなるのです。

また、どちらか一方が約定したら、残りの注文は自動的にキャンセルされるので安心して注文を出せますよね!


FXで大損せず稼ぐためにOCO注文が役立つので、こちらの記事でそのコツを知っておきましょう。

応用3:IFO注文

IFO注文とは

状況に応じて注文を切り替えたい方は、IFO注文を活用しましょう。


IFD注文とOCO注文を合わせた注文方法で、新規注文から利益確定や損切りを自動で行ってくれます。


ポジションの決済まで任せられるため、長時間チャートを見られない場面でも安心して発注できます。


初心者でもすぐに利益を出せるIFO注文の詳しい使い方は、下記の記事で書いているので、気になる方はご覧ください。

応用4:トレール注文

トレール注文とは

トレール注文は、逆指値注文の1つです。


あらかじめ損切りのポイントを指定しておくと、損切りの値幅を保つために自動的に調整してくれます。


万が一、チャートが逆方向に大きく動いても、適切な位置にストップがあるから小さな損失です。


値動きを追いかける性質なので、『買い』だけではなく、『売り』でも同様に注文できますよ。


※『トレード注文』に関する詳しい内容は下記をご覧ください。

買い方に慣れたら、FX 自動売買もオススメ!

知識不要!初心者は自動売買がおすすめ

買い方がわかったので自動で設定したい方には、自動売買もオススメです。


自動売買とは、はじめに設定した通りに取引を繰り返してくれるシステムのことです。


短期のトレンドでこまめに取引ができるので、多くの投資家が利用しています。


『設定が難しいのでは?』と思う方もいると思いますが、FXトレーダーが注文しているランキングから選ぶことも可能ですよ!

おすすめ1:外為オンライン『iサイクル2取引』

FXで練習するならおすすめの外為オンライン

向いている人
  • サポートが充実しているFX会社が良い人
  • 為替情報が豊富なFX会社が良い人
  • 1,000通貨単位から取引したい人
  • 自動売買『iサイクル注文』を使用したい人

外為オンラインの『iサイクル2取引』は、トレンドの転換点をシステムが判断して、そのときの相場に合わせて売買を繰り返します。


従来の固定した変動幅ではなく、相場の動きに自動的に追従する自動売買です。


設定は「想定変動幅」などの約3個のパラメーターで、シミュレーションの結果から導き出された注文内容のランキングからも選択できます。


初心者にオススメの自動売買になっており、賢いトレードを24時間続けられます。

おすすめ2:FXブロードネット『トラッキングトレード』

FXブロードネット

向いている人
  • 自動売買『トラッキングトレード』を使用したい人
  • トレードプランの設計をしてほしい初心者
  • 発注ルールがシンプルなFX会社が良い人
  • 1,000通過で取引可能なFX会社が良い人

FXブロードネットの『トラッキングトレード』は、リピート型注文の進化形です。


価格が上下どちらに動いても、システムが連鎖的に発注してくれるので儲けるチャンスを逃しません。


手動では面倒になる細かい作業ではあるものの、システムが自動的に行ってくれるのでストレスフリーです。


注文を仕掛けるための「想定変動幅」と「対象資産」が重要であり、ポジションと資金の管理に注意する必要があります。

FXの買いエントリーを入れるコツ:押し目買い

 

『押し目買い』とは、上昇トレンドにおいて、目の前のレートではなく少し下落したところを買いエントリーすることを言います。

『押し目』とは、小さな上下動を繰り返して、上値を切り上げつつ上昇していく上昇相場の中の小さな下げのことです。

この『買いエントリー』の機会は少ないですが、『押し目』がきたら『買い』と覚えておきましょう!


※他の『エントリー方法』に関しては、下記をご覧ください。

FXを始める基本的なフロー4つ

口座開設から決済までの流れ4つ

FXの基本的な流れは、以下で紹介する「口座開設から決済まで」の4段階になっています。

  1. 口座開設をして入金する
  2. 新規注文を入れる
  3. 取引成立
  4. 決済する

口座開設には約2日〜5日ほどかかるので、早めに申し込む点が重要です。


オンラインで売買注文を出すので、インターネット回線とパソコンなどの情報機器も用意しておきましょう。


それでは以下で詳しく説明していきます。

フロー1:口座開設をして入金する

口座開設が完了したら、自宅に届いた書類に記載されたIDとパスワードでFX会社のホームページからログインできます。


書類には入金先も載っており、取引に使うお金の入金が出発点です。


FX会社と提携している金融機関からの振込では、リアルタイムでFX口座に反映されるクイック入金を利用できます。

フロー2:新規注文を入れる

チャートを分析し売買の戦略を立てて、注文を入れましょう。


売買の注文は、FX会社のホームページから専用ページにログインしている状態で、口座に預けている資金と有効なレバレッジによる上限までの範囲で自由に出せます。


詳しい買い方などは、以下で詳しく説明するのでしっかり確認しておきましょう。

フロー3:取引成立

売買の注文が成立すると、ポジションの項目に新しく追加されます。


取引成立は専門用語で約定ともいうので、「ドル円の買い注文が約定しました」とメッセージを表示するチャートソフトもあります。


いったん約定したら取り消しはできず、そのポジションを決済するしかないので注意しなければいけません。

フロー4:決済する

自分が持っているポジションの正反対の注文を出すのが、FXの決済です。


決済用の注文が約定したら、そのときに抱えていた損益が正式に確定します。


含み益なら利益に、逆に含み損では損失になるのです。


自分の判断で決済するのは難しいので、便利な注文方法をうまく活用する点をオススメします。

FXで様々な買い方をする時の注意点2つ

FXを買う際に覚えておくべき注意点

FXのさまざまな買い方を使うときには、下記の注意点2つを覚えておく点が大切です。

注意点2つ
  1. 約定しないことがある
  2. 自分に合わない注文方法は損

注文方法によってはトレードルールを守りにくくなる等のデメリットがあるため、自分の取引との相性についても気にかけておきましょう


初心者は少額取引で実際に試して、注文方法の使い勝手を確かめておくのがポイントです。


それでは詳しく説明していきます。

注意点1:約定しないことがある

買い方の注文は、指定したレートまで価格が到達しなかった場合、約定せずに時間切れになる可能性があります。


成行注文はリアルタイムの価格で成立しますが、許容しているスリッページがせまく、短時間で急激にレートが動いているときにはなかなか約定しません


そのときの為替相場によっては、注文の内容を随時更新する点が必要です。

注意点2:自分に合わない注文方法は損

自分のトレードと合わない注文方法を使っていると、なかなか利益を出せないので損です。


短時間のスキャルピングやデイトレードでは、その場で約定する成行注文がよく使われています。


その一方で、トレンドの発生を待つ長時間のスイングトレードにおいては、IFD注文などの複合型とマッチングするのです。


普段チャートを見る時間が多い人は、指値注文よりも成行注文のほうが利益を出せる場合もあります。


自分の取引スタイルに合わせて、注文方法を考えましょう!

FXで様々な買い方を試してみよう!

FXの売買を理解して取引を始めよう

上記で紹介した「おすすめの買い方・売り方3つと応用の注文方法」を実践すると、今後は買い方・売り方の種類とタイミングで悩むことは一切なくなります。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

FXの買い方まとめ
  • 少額取引ができるFX会社で口座開設
  • 買い方・売り方の基本と応用の注文方法を覚える
  • 初心者には便利な自動売買もおすすめ
自動売買でおすすめのFX会社2つ

おすすめFX会社「慣れないし、めんどうだな」と最初は思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、FXの買い方をすべて理解した取引が簡単にできるようになります。


少額取引ができるFX口座で様々な買い方を試して、自分に合う注文方法を探してみましょう。


FXで勝てるエントリーポイントの見つけ方をこちらの記事で学べば、さらにトレードの完成度を高められます。