FXの勝率UPに必須!代表的な最強インジケーターの活用法5つと種類2つ

5つのインジケーターの活用法を解説

この記事で解決できるお悩み
  • そもそもインジケーターって何?
  • FXのテクニカル分析にはなぜインジケーターが必要?
  • インジケーターにはどんなものがあるの?

といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「インジケーターの上手な利用方法」を理解すれば、FX初心者でもインジケーターを使ったテクニカル分析の方法が理解できます。


なぜなら、私もこの方法で優位性と再現性のある取引手法を身につけるための悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「インジケーターの基礎知識とオススメのインジケーター5つ」について紹介します。

FXのインジケーターとは

インジケーターとは?

FXでは、チャートから将来の値動きを予測するためにテクニカル分析をおこないます。


その際、過去の価格をさまざまな方法で加工した新たな数値をデータ化し、売り買いのタイミングをつかむための指標としたものがインジケーターです。


初心者はローソク足だけ見ても今後の予測を立てるのが難しいので、インジケーターを表示すると視覚的にわかりやすくなります。

FXのインジケーターが重要な理由

インジケーターを使うと、ローソク足だけを見るよりもトレンドの強さや方向性がよりハッキリとわかるので非常に重要です。

チャートの節目は多くの人が注目するので利益確定や損切りのメドになりやすいです。


そのため、その節目を知っておかないと取引において損をしてしまうので、インジケーターで簡単に取得するのがオススメなのです。

FXのインジケーターは2種類

インジケーターは2種類

インジケーターの種類は数多くあり、有名なものだけでも数十種類あります。


インジケーターは相場のトレンドを示す「トレンド系」と、売られすぎや買われすぎを示す「オシレーター系」の2つに大別されます。


複数のインジケーターを組み合わせて分析すると、より売り買いのタイミングをつかみやすくなりますよ!

インジケーターの種類2つ
  1. トレンド系インジケーター
  2. オシレーター系インジケーター

種類1:トレンド系インジケーター

FXではトレンドフォローが基本です。


相場の大きな流れをつかんで、中長期的なトレンドの中で利益をあげていくためには、トレンド系インジケーターが役に立ちます。


代表的なものには「移動平均線」や「一目均衡表」があり、ローソク足と一緒にチャート上に表示されます。

後ほどチャート画面を使って詳しく紹介しますね。

種類2:オシレーター系インジケーター

一定の範囲内で上下するレンジ相場で、逆張り的に売買するときに役立つのがオシレーター系インジケーターです。


代表的なものには「RSI」「MACD」「ストキャスティクス」などがあり、レンジ相場では威力を発揮しますが、トレンドが発生しているときはダマシも多くなります。


そのため、ほかの指標とあわせて使うのがオススメですよ!


※『ダマシ』を知らない方は、知らないと損してしまうこともあるので下記もご覧ください。

FXのインジケーターを選ぶ際は、代表的なものを選ぼう!

インジケーターの選び方

為替のテクニカル分析をおこなうには、まずは代表的なインジケーターの使用をオススメします。


なぜなら、より多くの人が使っている指標は検証が繰り返されているので勝率も高いからです。


また、価格の節目としても注目されているため、その価格帯に近づいたときに大きな動きが出やすいことも理由として挙げられます。


では具体的にオススメなインジケーターについて以下で紹介しますね。

FXで代表的な無料で最強のインジケーター5つ

5つのインジケーターと活用法

テクニカル分析の基本として押さえておきたいインジケーターは次の5つです。

代表的なインジケーター
  1. 移動平均線
  2. 一目均衡表
  3. MACD(マックディー:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)
  4. RSI(Relative Strength Index)
  5. DMI(Directional Movement Index)

インジケーター1:移動平均線

移動平均線

移動平均線は、一定期間の価格の平均値をあらわしたもっとも重要なテクニカル指標のひとつです。


一般的には、5、10、13、21、25、50、75、90、200などの期間が用いられ、相場の大まかなトレンドを知るのに役立ちますよ。


また、移動平均線がサポートラインやレジスタンスラインになる場合も多いので、知っておくべき指標です。

実際のチャート

実際のトレードにおいて、移動平均線は売買のポイントや相場の方向性の転換サインにも使われます。


具体的には、移動平均線の傾きと価格の位置関係で売りか買いかを判断する「グランビルの法則」や、期間の違う2本の移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスで判断する取引手法です。


※『グランビルの法則』に関する詳しい内容は『グランビルの法則を使ったトレード手法』をご覧ください。

インジケーター2:一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表は日本人が考案したテクニカル指標です。


転換線、基準線、先行スパンA、先行スパンB、遅行スパンで構成され、転換線と基準線のクロスと位置で売買のタイミングを計ります。


また、先行スパンAとBの「雲」が厚くなっている部分はサポートやレジスタンスになり、遅行スパンと26日前のローソク足がクロスする地点では強いトレンドが形成されるのも特徴ですね。

インジケーター3:MACD

MACD

MACDは指数平滑移動平均線(EMA)を使った分析法で、短期EMAと中期EMAと、それらの平均値を用いて分析をおこないます。


MACDが0より下でシグナルを下から上に突き抜けたら買い0より上で上から下へ突き抜けたら売りのサインとなります。


また、大きなトレンドの中で、MACDが相場と逆行する動きを見せたときは、天底が近い可能性もあるので要注意ですよ。

インジケーター4:RSI

RSI

RSIは「買われすぎ」「売られすぎ」を%であらわした指標で、ボックス相場で威力を発揮します。


一般的には20~30%以下が売られすぎ70~80%以上が買われすぎの水準と言われているんです。


「30%以下で反転したときが買い」「70%以上で反転したときが売り」のように、主に逆張り的な売買手法として使われます。

インジケーター5:DMI

DMIは「方向性指数」ともよばれ、トレンドの勢いの強さを測るのに使われます。


上昇力をあらわす+DIと、下降力をあらわす-DIの2本の線を使って判断するのですが、もみ合い局面では売買サインが頻発してしまうのが欠点です。


なお、DMIのダマシを防ぐために併用される指標として、ADX(Average Directional Movement Index)があります。

FXでインジケーターを使う際の注意点3つ

インジケーターを使う際の注意点

インジケーターを使う際には、大きく3つ注意しなければならない点があります。

インジケーターを使う際の注意点3つ
  1. ひとつのインジケーターに頼りすぎると、ダマシに合う可能性がある
  2. インジケーターを表示させすぎると、判断の邪魔になるときがある
  3. 相場を動かす要因はテクニカルだけでなく、ファンダメンタルズや要人発言にも注意が必要

注意点1:1つのインジケーターに頼らない

インジケーターにはそれぞれ短所・長所があります。


ひとつのインジケーターに頼りすぎるとダマシに合う可能性も高くなるので、「トレンド系」と「オシレーター系」のインジケーターを組み合わせて使う点をオススメします。


つまり、トレンド系で相場の方向性や強さを測り、オシレーター系で売買のタイミングを計るのがベストです。

注意点2:インジケーターを出しすぎない

より的確に相場を判断するのに、複数のインジケーターを表示させるのは有効ですが、多すぎてはかえって判断を鈍らせてしまいます


インジケーターは使いこなせればかなりの武器になりますが、自分にとって使いやすいもの、使いにくいものがあります。


自分が投資判断するのに使いやすいインジケーターに絞って表示させましょう。

注意点3:ファンダメンタルズ要素も確認する

為替相場を動かす要因はテクニカル的なものだけではありません。


米雇用統計などをはじめとする経済指標や、各国の金融政策、国債の利回りなどのファンダメンタルズも大きくかかわってきます。


また、要人の発言などにも敏感に反応するので、常日頃から政治・経済のニュースはチェックするように心がけましょう。


※『ファンダメンタルズ』に関する詳しい内容は、下記をご覧ください!

インジケーターが使えるオススメチャート2選

インジケーターが使えるおすすめチャート

チャート分析に欠かせないのが取引ツールです。

カスタマイズ性の高さとオリジナルのテクニカル指標を作れる点で人気のMT4が使える会社と、独自の高性能ツールを扱っている2社をご紹介します。

インジケーターが使えるおすすめチャート

会社1:YJFX! 「MT4」

FXスキャルピングに向いていて、テクニカル指標も豊富なFX会社はYJFX!

こんな人におすすめ
  • 少額でトレードしたい
  • 使いやすいスマホアプリでトレードしたい
  • 世界中で利用されているチャート「MT4」を利用したい

MT4とは、ロシアのメタクオーツ社が開発したトレードツールで世界的に人気が高く、多くの分析手法が標準搭載されている点に加え、カスタマイズ性にも優れています


また、カスタムインジケーターのインストールや、EAによる自動売買も可能な高性能ツールです。


そんな高性能ツールMT4は、インターネット大手ヤフーグループが運営するYJFX!なら利用できますよ!


YJFX!の外貨ex口座を開設すれば、誰でも無料でテクニカル分析に使えます。

会社2:GMOクリック証券「プラチナチャート」

GMOクリック証券画像

こんな人におすすめ
  • 取引コストは抑えたい
  • スワップポイントでコツコツ稼ぎたい
  • 機能が豊富な国産のチャートを使いたい

GMOクリック証券FX取引高7年連続世界第1位(※)を誇る人気のFX会社です。


スプレッドは業界最狭水準でコストを抑えながらトレード出来ます。


MT4は使えませんが、独自のプラチナチャートが秀逸で、全38種類の人気テクニカル指標を搭載し、多彩な機能を持った取引ツールです。


ただ、取引単位が原則として1万通貨単位なので、少額取引からスタートしたい初心者は注意が必要です。


ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

FXはインジケーターを活用して利益アップを目指そう

インジケーターで利益アップを目指そう

上記で紹介した「インジケーターの上手な利用方法」を実践すると、今後はどのインジケーターを使うかで悩むことは一切なくなり、インジケーターを使ったテクニカル分析をおこなうことで利益をあげることができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

インジケーターのポイント
  1. インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類がある
  2. インジケーターは代表的なものを使うのがオススメ
  3. インジケーターは複数を組み合わせることで、より的確に相場を判断することができる
インジケーターが使えるおすすめチャート

最初は「慣れないし、めんどうだな」と思うかもしれませんが、一度身につけてしまえば、トレードを有利に進めることが簡単にできるようになりますよ!