【FX失敗】60%以上が20万円未満の損失!失敗しないコツは3つ

fx失敗

この記事で解決できる悩み
  • FXで失敗しないで稼げる方法ってあるのかな?
  • FXで失敗する人は、どんな人なんだろう?

あなたは上記のような悩みを持っていませんか?


この記事で解説する『FXの失敗例や対策』を知れば、FX初心者でも失敗の規模を小さくできます。


それでは以下で解説しますね。

実際に、FXで失敗している人は全体の何%?

2018年の利益額を確認して失敗を見通そう

「FXは失敗する投資!勝てないもの!」と聞くことも多いと思います。


しかし実際、失敗して損失を出しても結果的に利益を出している人が多いのも事実です。


そこで、最新データを元に「失敗をしても結果的に稼いでいるFXトレーダーがどれくらいか」を紹介します。

【2018年9月発表】FXによる昨年の利益額(損失額)について

金融先物取引業協会の調査によると、FXによる昨年の利益額(損失額)は、下記の結果が出ています。

利益額・損失額の結果
  • 利益額が「~20 万円未満」が35.6%と最も高い
  • 利益額(損失額)が「0円又は、損失額が-20 万円未満」が28.4%
  • 損益額が『-20万円未満~20万円未満』の間が全体の60%以上

性・年代別にみると、『利益を出している』計の比率は、男性30代で66.4%と最も高いです。


また職業別にみると、『利益を出している』計の比率は、常勤雇用(役員・管理職)で73.6%と最も高い結果が出ています。

つまり、損失も出すけれど、結果的に勝っている人も多いってことね!
そっか!でも、失敗する人ってどういう人なんだろう。。

FX初心者が失敗する原因TOP4

FX初心者が失敗するパターン

FX初心者が失敗するパターンは、ある程度決まっています。


あなたも、多くのFXトレーダーが失敗しているパターンを知ることで、危機管理のための知識を手に入れましょう!

FXで失敗する原因1:損切りできない

損切りをうまくできる人は、結果的に勝ちやすいです。


なぜなら小さく負けて大きく勝つ取引スタイルが、FXで失敗しないポイントだからです。


実際、稼いでいるFXトレーダーは「勝つことよりも負けないこと」を意識しています。


具体的に、FX初心者が損切りする場合は、OCO注文をすると失敗しにくいです。


OCO注文なら、「利確の決済注文」と「損切りのストップロス注文」の2パターンを同時に注文できるので便利ですよ。

OCO注文は便利だけど、値動きが激しいときは使わないほうが良いぞ!
どうしてですか?

値動きが激しいときは、自分が大きな利益として設定したレートより、もっと高いレートになることがあるからだ。
OCO注文は、利確ラインと損切ラインの両方を事前予想しないといけないのか!

しっかり根拠を持った上で設定するよう、注意しないといけないね!

※OCO注文に関する詳しい内容は、「【OCO注文っていつ使うの?】手法からメリット&デメリットまで紹介」をご覧下さい。

FX失敗する原因2:強制ロスカットされる

FXで失敗しないためには、余裕を持って証拠金を準備することが重要です。


なぜなら人間の心理現象から、損失が増えても「回復する」と期待してしまい、資金確認を怠った結果、強制決済(ロスカット)されて失敗するからです。


実際に外為オンラインL25というロスカットのコースは、証拠金維持率の20%を下回ったらロスカットです。


しかし証拠金維持率が20%の時点で大損ですし、加えてロスカットとなると、確実に損失が回復することはありません。


失敗してロスカットされないためにも、余裕を持った証拠金の準備と資金の確認を怠らないことが大事なのです。

FXで失敗する原因3:損益が大きいから

長期的な視点で見ると、スワップポイントよりも為替損益の利益が大きいです。


理由は、わずかなスワップポイントに対して、それを吹き飛ばすほどの相場変動が起こりうるからです。


実際に1か月間100円ずつスワップ利益が出ていても、3,000円以上の損失が出ただけでスワップ利益は0になります


そう考えると、スワップ利益は微々たるものだと理解できますね。

初心者は、スワップポイントはおまけ程度に考えたほうが良さそうだ!

FXで失敗する原因4:いつでも投資し、売買できない

市場が読めないなら「休むも相場」と肝に銘じることが重要です。


なぜなら、勝てるかわからない注文を多く入れたところで、勝率は上がらないからです。


実際に、勝てないポジションを何個も抱えてしまうことを揶揄するポジポジ病という負けパターンがあります。


そのため、先行き不透明な時期や通貨には相場感覚に慣れるまで手をつけず、根拠がある時のみ注文しましょう!

FX初心者でも失敗しない方法3つ

FXで失敗しないための対策

FXを始める前に、成功の筋道を理解してから取り組むことは、大きなリスクヘッジになります。


失敗しないための対策を理解して、損失を小さくする方法を身につけましょう!

FXで失敗しない方法1:損切りルール

FX初心者は、損切りや利益確定の基準、レバレッジの大きさなど、自分なりの成功ルールを作り上げましょう。


自分なりのルールを確立することで、次も同じ取引ができるからです。


具体的には、「得意なパターンが来るまで待つこと」や「リスクリワードレシオ1.5を活用すること」などをオススメします。

リスクリワードレシオ1.5ってなに?
「利確の決済注文」と「損切りのストップロス注文」を設定する際の目安だ!

損失:利益1:1.5と設定することで、さっき紹介した損小利大の数値目安を導けるのよね!
この割合をOCO注文の設定時に利用すれ良いのか!FX初心者には分かりやすい!

FXで失敗しない方法2:投資スタイルを確立する

失敗を少なくするには、自分なりの取引スタイルを確立することが良いとされています。


理由は、経験を積まないことには、取引の感覚が養われないからです。


そのため、まずは100回の少額取引をしてみましょう!


ただ、一日中取引をするデイトレードは多くの時間が必要となるため、サラリーマンには厳しいですよね。


そういうときは、帰宅後にスキャルピングなどの短期間トレードを試してみてください。

スキャルピングってなんだっけ?
分単位や時間単位などの短期間に何度も注文する取引スタイルだ!

短い期間の相場予想をするほうが、長期間の相場予想するよりも簡単なのよね。
しかも短時間で終わるなら、仕事帰りでも出来そうだ!

FXで失敗しない方法3:資金管理

資金維持率・レバレッジの管理は徹底して行うと、失敗を避けられます。


理由は、ロスカット比率がFX会社ごとに異なるため、確認不足で失敗する可能性があるからです。


実際に証拠金維持率の約20%を下回った段階でロスカットする会社もあれば、約100でロスカットする会社もあります。


FX初心者は、ロスカット値が50%〜100%のFX会社を選ぶと安心です。

⇩人気FX会社⇩ロスカットライン
外為オンライン
L25Rの場合、証拠金維持率100%未満
L25の場合、証拠金維持率20%未満
DMMFX
証拠金維持率50%以下
YJFX
証拠金維持率50%を下回ったとき
GMOクリック証券
個人口座:証拠金維持率50%未満
法人口座:証拠金100%未満

「FX失敗」まとめ

FXの失敗を把握して、冷静な取引をしましょう

今回紹介した『FXの失敗原因と対策』を理解すれば、今後はFXの失敗を恐れなくなり、成功する道筋を立てられます。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXは失敗するのが当たり前!結果的に勝つためにどうすべきかが重要
  • 結果的に勝つためには、損切りをうまく活用しよう!
  • 資金の確認をしっかりし、ロスカット回避を心がける

最初は『FXでの失敗が怖くて、取引できない』と思うはずです。


しかし、損切りのルールや失敗の対策を一度身につけてしまえば、将来的に利益を出せます


FXの失敗パターンを理解して、FXを始めてみてはいかがでしょうか?