銀行員が解説!FXで大学生が失敗せず始める5ステップとおすすめ口座3つ

大学生がFXで稼ぐ秘訣を紹介

この記事で解決できるお悩み
  • 大学生だけどバイト以外で稼げる方法があるかな?
  • FXを始めるなら失敗したくない
  • FXで失敗をせずに稼ぐコツは?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。三井住友信託銀行のクニトミが解説しますね。


銀行員時代は『投資、外貨運用、保険、不動産、相続』などの観点から、1000人以上のお客様の資産を増やすお手伝いを行なっておりました。


この記事で解説する「大学生がFXで失敗しない5ステップ」を理解すれば、FX初心者のやりがちなミスを回避することができます。


銀行員時代は100個以上の投資失敗ケースを分析し、リスク管理方法を徹底的に学んだので、この記事で惜しみなく紹介していきますね。


まず、大学生におすすめのFX会社3つを知りたい方は、『大学生でも失敗しない!おすすめFX口座3選』をご覧ください。

目次

そもそも大学生でもFXはできるのか

未成年でもFXはできる「20歳超えないとFXってできないんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、18歳以上であれば未成年でもFXをすることができます


確かに多くのFX会社は「20歳以上」という年齢制限があります。


しかし、FX会社の中には「18歳以上だったら口座開設できる」ところもあるんです。

だから、未成年だからといって口座開設を諦める必要はありませんよ!

大学生は株とFXどちらが失敗しにくいのか

大学生がするなら、株よりFXの方が断然失敗しにくいです。


なぜならFXは低コストで始められる上に、知識を身に着ければ安定して勝つことができるからです。


株は安い銘柄で合っても1万円以上かかってしまいますが、FXは4円から始めることができます。


4円から手軽に始めることができるので、失敗しても大きな金額になりませんし、FXではレバレッジという仕組みがあるので少額からでも稼ぎやすいですよ。


下記は株とFXの比較です。こう見ると断然FXのほうが得だとわかりますね。

 FX株式投資
投資対象先通貨企業
対象数50通貨以上4,000社以上
最低必要資金数千円数十万円
1日の値動き小さい大きい
取引時間24時間(平日)9〜15時(平日)
必要知識海外情勢、為替企業、業界、会計

失敗以上に大学生がFXをするメリット4つ

大学生だからこそのメリットがあるこの記事を読んだことで確かに失敗する回数は減らせますが、完璧に失敗を避けることは不可能です。

しかし、失敗以上に大学生のうちからFXをすることで得られるメリットは非常に大きいです。


そのため、失敗が怖くてもFXを始めるほうがオススメなメリット4つを紹介します。

メリット1:社会人から始めるよりリスクが少ない

大学生は社会人よりも自由に使える時間が多いため、少ないリスクで運用可能です。


なぜなら、まとまった時間が取れ、集中的に勉強して知識を増やせるからです。


また、社会人が自分の給料で取引するのとは違い、大学生は自己資金も少なく少額での取引になるので、致命的な失敗も起こりにくいですよ。

メリット2:収入源を増やせる!

本業での稼ぎに加えて別の収入源も持っておけば、社会人になってからも余裕のある自由な生き方ができます。


正社員といっても何が起こるか分からず不安、もしもに備えて別の収入源も持っておきたい、結婚やマイホームなどの資金を貯めたいなど、お金に関する悩みはつきません。


しかし大学生のうちにFXを始めておけば、このような不安を先回りして対処ができます。


大学生のほうが社会人よりも時間があるためFXの基礎作りに向いており、将来を考えるとFXトレードを早く始める方が有利なのです。

メリット3:学生の時間を有意義に使える

FXで稼ぐことができれば、学生の時間を思いっきり謳歌できます!


学生のほとんどはアルバイトの経験があると思いますが、思い返すと長時間拘束されるわりに薄給だったり、人間関係がめんどくさかったりしませんでしたか?


FXであれば、短時間で月5~10万稼げるようになりますし、しっかり勉強すればもっと稼ぐこともできます。自分でやるので面倒な人間関係もありません。


稼いだお金で友人と旅行に行ったり、飲みに出かけたりと学生の時間を有意義に使うことができますよ!

メリット4:政治経済の理解が就活に役立つ

そして最後に、FXをすることにより政治経済の知識が必然的についてきます


なぜなら、FXでは政治経済の動向が価格に直結してくるので、政治経済についてある程度詳しくならないといけないからです。


例えば、2012年末から始まったアベノミクスの効果で1ドル75円台だった米ドル/円相場が、2015年には1ドル125円台までに円安・ドル高が進行し、FX界隈でも話題となりました。


こういった政治経済を理解しておくことで、金融関係の就活で話が振られたときにでもすぐに答えることができ、企業の採用担当者からも好印象がもらえるかもしれません

FXで大学生が失敗する原因4つ!

大学生がFXで失敗する原因を解説大学生がFXで失敗する原因は以下4つです。

大学生がFXで失敗する原因4つ
  1. 遊び半分でFXを行う
  2. 損切りをしない
  3. 金銭感覚が狂う
  4. 資金管理ができない

以下で具体的に解説します!

大学生のFX失敗の原因1:半分で取り組む

大学生がFXで失敗してしまう一番の原因は、遊び半分で取引を行ってしまう点にあります。


なぜなら学生のうちは遊びの誘惑も多く、自己管理をするのが難しいと感じる人も多いからです。


FXで利益を出すためには日々の分析が重要で、コツコツと経験を積むのが成功への近道です。


そのため自分の中で取引ルールを作り、遊びの延長で行う中途半端な取引は絶対に避けましょう!

大学生のFX失敗の原因2:損切りができず失敗する

損失を最小限にするための「損切り」は、FXで成功するために欠かせません。


なぜなら投資に失敗する人の多くは「損切りをしない」のが原因で、損失がどんどん膨らんでしまって、大損するからです。


大切なのは、『取引の全ての利益が損失を上回ればいい』と理解しておくことが無茶なトレードをせずに済みますよ。

大学生のFX失敗の原因3:金銭感覚が狂う

大学生でFXを始めて意外と簡単に稼げた方にも、失敗の落とし穴が潜んでいます。


なぜなら、このような成功体験がある場合、それをベースとした金銭感覚を形成しがちだからです。


この経験があると図に乗ってしまい、以下のように誤った金銭感覚を持ってしまい、借金をしてしまうのです。

  • 「もっとたくさんのお金で取引していたら、凄い利益になっていたはずなのに」
  • 「数万だったら余裕で稼げる」


間違った金銭感覚のまま取引を続けてしまうと、思わぬ損失を生みますので注意が必要ですよ。

大学生のFX失敗の原因4:資金管理ができない

資金管理を徹底していないと、ロスカットに合う確率が格段に上がります


なぜなら資金管理が徹底できないということは、資金を十分口座に入れることを忘れてしまったり、なかなか損切りができなかったりするからです。


資金管理ができない人にあるあるなのが「もう少ししたら上昇するかもしれない」「あとちょっと上昇したら利益の方が多くなる!」という状態で、その後一気に下落して強制ロスカットという状態です。


そんな状態ではなかなか利益を出すのは難しいので、損切りルールを設けるなど資金管理を徹底することが大切ですよ。

FXで大学生が失敗せず始める5ステップ

大学生が利益をだすための手順大学生がFXで失敗せず利益を出せるようになるには、以下のステップを踏むといいですよ。


利益を出せるようになりたいなら、しっかり確認してみましょう!

大学生がFXで失敗せず利益を出す5ステップ
  1. 1000通貨以下で口座開設
  2. FXの勉強をしっかりする
  3. 自分なりのルールを作る
  4. レバレッジは3倍まで
  5. 時間分散投資を活用する

ステップ1:1,000通貨以下で口座開設

大学生が選ぶべき口座は1,000通貨以下で口座開設できるFX会社です。


なぜなら、1,000通貨以下のFX会社を選ぶことで損失額をかなり抑えられるからです。


1000通貨以下の口座だと仮に失敗しそうになっても大きな損失にはならないので、大学生は1000通貨以下のFX会社で口座開設するのがいいでしょう。


※オススメのFX会社は、「大学生でも失敗しない!オススメのFX口座3選」で詳しく解説しますよ。

ステップ2:FXの勉強をしっかりする

最も基礎的で、最も重要になってくるのがFXの勉強をしっかりすることです。


勉強不足の状態でFXを始めても『どこでエントリーすべきか』『今の相場はどんな傾向にあるのか』などの判断ができず、継続的には利益を出せません。


FXの勉強をしっかりして用語や分析方法を頭に叩き込んでから取引に臨むことで、着実に利益を出すことができますよ。


「レバレッジ」「スプレッド」などは本当によく見る単語ですので、わからなければ下記の記事を読んで覚えてくださいね。

ステップ3:自分なりのルールを作る

取引スタイルや損切りルール、取引回数はどうするかなど自分なりのルールを作って取引をしましょう。


自分なりのルールを定めて取引を行うことで、資金管理を徹底したり、精神面に影響を及ぼさないようにコントロールができたりします。


ルールを定めていないと「このシグナルが出たからエントリーしよう」とか「ここまで下がったから損切りしよう」など、判断がなかなかできません。


自分なりのルールを作ることで機械的にトレードすることができ、精神的な影響も及びにくいですよ。


※『ルール』に関して下記で詳しく紹介しているので、「ルール」の作り方がわからない方は参考にしてください!

ステップ4:レバレッジは3倍までにする

大学生でFX初心者の場合、レバレッジは3倍までにしましょう。

なぜならレバレッジが3倍以上だと緊張感で冷静な判断ができなくなるからです。


レバレッジが3倍までだと、「あ、このくらいの損益が出そうかな」と気軽に計算ができますが、3倍以上だと「急に1円下がった…どうしよう…」といったように焦燥感でいっぱいになります。


また、レバレッジはかけるほど取引額を少なくできますが、損失も利益も倍になってしまうので、リスクの少ない取引を目指しましょう!

ステップ5:時間分散投資を活用する

大学生がFXでリスクを抑えるには、時間分散投資を活用しましょう!


時間分散投資とは、投資するタイミングを『1箇所』に集中させるのではなく、投資するタイミングを『何箇所』にも分散をさせることを言います。


上記のように投資タイミングを分散することによって、高値掴みのリスクを軽減することができます。


なかなか『大学生』で時間分散投資を知っている人はいないので、ぜひ活用して大事な資産を守っていきましょう。

地域分散投資もおすすめ

もし『徹底的にリスクを下げたい!』と思うなら、地域分散投資を活用しましょう!


時間分散投資は『投資するタイミングを分散すること』でしたが、地域分散投資は『投資する”地域”を分散すること』です。


たとえばですが、100万円をFX投資するなら以下のように地域を分散するのがオススメです。

具体例:100万円
  1. 米ドル:40万円
  2. 豪ドル:30万円
  3. トルコリラ :10万円
  4. メキシコペソ :10万円
  5. 南アフリカランド:10万円

上記のように『時間分散』と『地域分散』の2つを活用して、徹底的にリスクを下げていきましょうね!

大学生でも失敗しない!おすすめFX口座3選

少額でできる初心者おすすめFX会社FXで大きな失敗をしないためにもFX口座選びは大切です。


以下で大学生でも失敗しない、少額から始められるおすすめのFX会社をご紹介しますので、チェックしてみましょう!

未成年の場合:1通貨から可能!SBIFXトレード

SBIFXトレードで大学生でも失敗しないで始めよう!

向いている人
  • 1通貨単位から取引可能
  • 18、19歳でFXをしたい人
  • 資金管理が苦手な人
  • 資金を10万円以上用意できない人

SBI FXトレード業界最安値の4円からFXをスタートすることができます。


また、18歳以上なら口座開設可能な唯一の国内FX会社なので、未成年でもFXを始めることができますよ。


大学生のうちにコストをおさえてFXをしたい!という人にオススメのFX会社です。

20歳以上の場合:1000通貨単位で取引できる!YJFX!

YJFX!は少額から取引可能

向いている人
  • 1,000通貨単位で取引したい人
  • スプレッドが業界最狭水準のFX会社が良い人
  • 短期売買がしたい人
  • スマホアプリが使いやすいFX会社を選びたい人

YJFX!1000通貨と少額から始められるFX会社の1つです。


有名なYahoo!グループが運営している会社で、24時間電話相談もできるので、安心感も抜群!


また、スプレッド(実質的FXの手数料)も業界最狭水準なので、短期売買予定でも安心して取引できますよ。


「少額から始めたいけど、安心感も欲しい・・・」という人にピッタリなFX会社です!

20歳以上の場合:初心者へのサポートが充実!外為オンライン

大学生にもオススメの外為オンライン

向いている人
  • 1,000通貨単位から取引したい人
  • 中長期の運用をしたい人
  • 情報が豊富なFX会社が良い人
  • 自動売買も使ってみたい人

外為オンラインは1,000通貨単位で取引ができ、初心者へのサポートが充実しています!


例えば、無料セミナーが豊富で、初心者〜上級者向けに頻繁に無料セミナーを行なっています。


私も行ったことがあるのですが、非常に丁寧な講義でわかりやすいですよ!投資方法まで解説してくれるので、初心者は行かないと勿体無いと思います!


「初心者がステップアップできるサポートが充実していて、1,000通貨で取引可能なFX会社がいい!」という方は口座開設しておくのがオススメです。

FXで大学生が失敗しないための注意点3つ

気をつけるべきポイントを解説大学生は時間があり、FXに集中できる時間は社会人よりあるでしょう。


だからこそ気を付けてほしい注意点が3つあるので、以下で確認してみましょう。

失敗しないための注意点
  1. 借金せず余剰資金で始める
  2. 頻繁に取引しようとしない
  3. 負けを取り返そうと無茶な取引はしない

注意点1:借金せず余剰資金で始める

FXをするのに生活費に手を出したり、家族・友人から借金をしたりしてはいけません。


なぜなら、本来手を付けてはいけないお金を使って取引しようとすると、冷静な判断ができなくなるからです。


そういったお金で取引すると「稼がなければ!」「ちゃんと利益だしてお金を返さないと!」という気持ちが強くなり、なかなか冷静な判断をすることができません。


メンタルをコントロールしながら冷静に取引をするためにも、借金はせず余剰資金でFXを始めるのが大切ですよ。

注意点2:頻繁に取引しようとしない

頻繁に取引しようとしない理由は2つあります。

  • メンタル面で勉学にも大きな支障をきたしてしまうこと
  • 1日のうち取引チャンスはそう多くないから

頻繁に取引しようとすると、授業中やテスト期間にも『FXで取引をしなきゃ!』と気になってしまい、勉学にも大きな支障をきたしてしまいます


また、頻繁に取引しようとしない2つ目の理由は、1日のうち取引チャンスはそう多くないからです。


FX初心者のうちは、稼ぐ気持ちを抑え、リスクを取らないように取引し、徐々に取引単位を上げていきましょう。

注意点3:負けを取り返そうと無茶な取引はしない

もし仮に負けて損失が出てしまっても、その損失を取り返そうと無茶な取引をするのはやめましょう


なぜなら、無茶な取引は損失をする原因になるからです。


自分で作ったルールを破ると精神面で安定しませんし、なにより無茶な取引をしようと思った時点で冷静な精神状態ではありませんよね。


FXはリスクをどれだけ抑えて取引できるかが重要な投資なので、初心者のうちから無理しないで取引しましょう。

大学生がFXで失敗する原因まとめ

FXに挑戦して充実ライフを送ろうこの記事に書いてある『大学生がFXで失敗してしまう原因4つと失敗しない方法5つ』を理解すれば、大学生でも失敗しない方法がわかり、安全にFXを始められますよ。


最後にもう一度内容を確認しましょう。

大学生がFXで失敗せず利益を出す5ステップ
  1. 1000通貨以下で口座開設
  2. FXの勉強をしっかりする
  3. 自分なりのルールを作る
  4. レバレッジは3倍まで
  5. 時間分散投資を活用する
大学生にオススメのFX会社3選

『FXを始めてみようかな?』と思っている学生の人たちは、これらの点に気を付けてFXデビューを検討してみてはいかがでしょうか。

【次のステップ】