損切り3つの目安を徹底解説!FXの不安を解消する方法とは?

fx-songiri-ai

この記事で解決できる悩み
  • FXの損切り目安ってどのくらい?
  • FX損切りのpips目安は?
  • 損切りに使える注文方法は?

こんな悩みを解決できる記事になっております。


これを読んで利益率を上げることにつながる損切りのルールを学び、FXの利益をトータルで最大限のものにしていきましょう。

FXにおける損切りの重要性

損切りとは、自分が維持しているポジションが損失を出してしまうとき、損失を覚悟して決済することです。


損切りで一番大切なのは、ルールを必ず守る
ということです。


なぜなら、「もしかしたら上がるかも」という根拠のない決済の先延ばしは損失を拡大させる可能性が高いからです。


実際にFX以外でも、仮想通貨、株などで『損切りできないことが原因』で、大損をした人がたくさんいます。


つまりFXで利益を出すには、あらかじめここまでの損失を出したら損切りする、というルールを決めて置き、それに則って必ず損切りしていくことが大切なのです。

FX初心者が実践できる損切り目安3つ!

FX初心者にとって損切りのタイミングを見極めることはとても難しいことです。


FX初心者でも実践できる損切りの目安を3つご紹介します。

FX損切り目安1:損切するタイミングは余裕をもたせる

損切りを置く基準は、サポートラインとレジスタンスラインの「少し外側」です。


サポートラインとは、相場がそれ以上下落しないと考えられる「底」のことです。


レジスタンスラインは相場がそれ以上上昇しないと考えられる「天井」のことです。


トレンド相場やレンジ相場では、サポートラインとレジスタンスラインの間で相場は上下します。


小さな値動きはあっても、サポートラインやレジスタンスラインを超えることはありません。


サポートラインまたはレジスタンスラインを超えた時は、トレンドが変わるタイミングだからです。


変化するトレンドと逆のポジションを保有している場合は、損失を最小限にするために損切りをしなくてはなりません。


ですから「買い」のポジションの場合はサポートライン、「売り」のポジションの場合はレジスタンスラインを超えるかどうかが損切りの目安となるでしょう。


しかしサポートラインとレジスタンスラインに近すぎる値を損切りのラインにしておくのはNGです。


なぜなら一旦ラインを超えたとしても、それがトレンドが変わる「ブレイク」なのか、今まで通りの相場へとまた戻る「騙し」なのかわからないからです。


「騙し」が起こるのは突発的なニュースや、投機的にまとまったポジションが出た時などです。


一旦はラインを超えるものの、再びサポートラインとレジスタンスラインの範囲内に収まってしまいます。


慌てて損切したのにすぐにレンジ相場に戻ってしまえば、損切りした意味がありません。


それを防ぐためには、損切りのラインをサポートラインとレジスタンスラインの値からすぐではなく、すこし余裕を持たせた値にしておくことです。


サポートラインとレジスタンスラインから少し余裕を持たせることで、確実にトレンドに入った場合に損切りをすることができます。

ラインと損切りポイントの幅


サポートライン・レジスタンスラインと損切りポイントには、どれくらいの幅を持たせればよいのでしょうか?


ラインから損切りポイントまでどれくらいの幅を持たせればよいのかを紹介しましょう。


損切ポイントにどれくらいの幅を持たせるかは、その日の為替の値動きによって変わります。


これは為替相場は日によって動きが違うため、直近の値動きを見て決めるのが効果的だからです。


レンジ相場であっても、その幅の中で天井と底を大きく行き来するのか、それともほとんど動きがないのかによって損切り幅は異なります。


まずはそれまでの値動きをチェックして、自分の損切り幅を決めましょう。

そうは言っても一般的な損切り幅は?


その日のチャートのふり幅で利食いレベルと損切り幅を決めるといっても、できれば参考にする値が知りたいものです。


一般的な損切り幅は「利食い幅の半分以下」です。


利食い幅とは「ここまで利益を出したならポジションを決済し、利益を確定しよう」という幅になります。


利食い幅はその日の相場の動きによって異なります。相場が大きく動いているようであれば広め、あまり動きがないのなら狭くしていきます。


利食い幅が決まったら、損切り幅は利食いの幅の半分以下に設定します。


利益幅と同じ幅を損切り幅に持たせてしまうと、スプレッドのコストまで計算すればマイナスが大きくなってしまうからです。


利食いは「もう少し」と粘ることも効果的ですが、損切りはなるべく早く、小さく収めるのが鉄則です。


損切りの幅は利食いの幅の半分以下を目安にして、なるべく損失を抑えていきましょう。


損切り3つの目安は分かったかな?これを参考に上手に損切りしよう!

各トレードスタイル別の利確幅


利益幅はトレードスタイルによっても異なります。

各トレードスタイルの利益幅の目安を紹介しておきましょう。

スキャルピング


スキャルピングは数秒から数十秒でポジションを決済し、小さな利益をどんどん積み重ねていくトレードスタイルです。


利益幅は最も小さく、10ポイント未満でも利益が出たらすぐに決済していきます。

デイトレード


デイトレードは数時間から1日でポジションを決済するトレードスタイルです。


ポジションを翌日に持ち越すことはありません。


デイトレードの利益幅は数十から100ポイント以上です。


ある程度の利益幅が出たところで決済し、スキャルピングのように10ポイント未満でポジションを決済することはありません。

スイングトレード


スイングトレードは数日から数週間でポジションを決済します。


スイングトレードの場合は中期トレンドを狙い、利食い幅はデイトレードよりも大きくなります。

長期トレード


スワップポイントを狙い1年以上から数年ポジションを維持するのが長期トレードです。


基本的には為替差益を狙ってポジションを決済することはありませんが、あまりに大きな値動きがあり為替差益が狙える場合は決済することもあります。

FXで損切りするならOCO注文の逆指値を使おう!


FXで損切りを確実に行いたいなら、OCO注文と逆指値を組み合わせて注文するのがおすすめです。


なぜなら、OCO注文を使えば、利確と損切両方の決済注文を一度に入れることができるからです。


OCO注文とは「「One Cancels the Other」といいます。


日本語に訳すと「一方はキャンセルする」という意味です。


新規注文または決済注文で、異なる2種類の指値注文をすることができます。


2種類の注文どちらも成立するのではありません。


どちらか一方が成立したら、もう一方は自動的にキャンセルされます。


逆指値注文とは、指定した値よりも為替が上がる、または下がった場合にのみ注文が成立する注文方法です。


この二つを組み合わせることで損切りを確実に行うことができます。

OCOtyumon

 

例えば100円で買いポジションを持ったとします。


ここでOCO注文を使い、2つのオーダーを逆指値注文するのです。


ひとつは利食い、ひとつは損切りです。


利食いのポイントを111円、損切りのポイントを109円と決めます。


それには111円で指値注文、109円で逆指値注文をするようにOCO注文を行います


もし為替レートが上昇すれば110円で売りとなり、利益が確定します。


逆にレートが下降した場合、109円以下になった時点で売りとなり、損失を最初に決めた損失幅で抑えることができます。

 

どちらかの注文が成立した時点で、もう一方はキャンセルされるため、損失を最初に決めた幅で抑えることが可能です。


OCO注文と逆指値注文に関しては以下の記事でも詳しく紹介しています。


ぜひチェックしてみてください。

FXの損切り目安 まとめ

FXの損切り目安 まとめ
  • FXでトータルの利益を上げるには損切りが大切
  • 損切りのラインはあらかじめ決めておき、そのルールを確実に守ることが大切
  • FXの損切りポイントはレジスタンスラインとサポートラインの少し外側
  • 損切りの目安は利益幅の半分以下
  • 損切りにはOCO注文と逆指値注文を組み合わせる注文方法が最適

FXの損切りの目安についてご紹介しました。


損切りをしっかり行うことは、FXでトータルの利益を上げるためにとても大切です。


まずは自分の損切り幅を決めて、それを確実に守っていくことで損失を最小限に抑えることができます。


一旦損失が出たとしても、許容幅の損失であれば後ほど取り戻すことも可能です。


あらかじめしっかりと損失幅を決め、それを大切に守っていくことで、FXで確実に利益を上げていきましょう。

FXにおいて損切りはとても重要なんだね。ルールを守って、着実に利益を上げよう!