主婦がFXで【1500万円】の借金!その原因と3つの対処法をたった5分で解説

fx-shakkin-shuhu1

この記事で解決できるお悩み
  • FXで借金ってするの?
  • 主婦で借金した人の境遇は?
  • 主婦がFXで借金したときの対処法は?

上記の悩みを解決できる記事を書きました。

この記事で解説する「FXで主婦が借金する原因3つと解決策」を理解すれば、主婦でもFXでしっかり稼げますよ。


なぜなら、主婦の私もこの方法でFXで失敗しない方法を知り、月5万円ほどのコツコツお小遣い稼ぎができているからです。


それでは以下で、「主婦がFXで借金してしまう原因」からみていきましょう!

主婦がFXで借金してしまう原因

fx-shakkin-shuhu4

最大の原因:追加証拠金の発生

主婦がFXで借金をしてしまう原因は「追証」の発生です。


なぜなら余剰資金内で入金するお金がではない場合、追証代を払おうとする人が多いからです。

追証とは
追加証拠金の略で「おいしょう」と読む。取引決済の損失額が口座の残高より多い場合、FX会社より追加で証拠金を求められることを指す。

追証が発生する原因2つ

ロスカットやマージンコールがあるはずなのに、なぜ追証が発生しちゃうんでしょう?

追証の発生原因は様々ですが、主に以下2パターンに分かれます。

  1. 急激な為替相場の変動
  2. 借金してFX資金をつくる

原因1:急激な為替変動時にロスカットが追い付かない場合

数年に1度くらいで起こる相場の急変動時は、ロスカットが追いつかない場合も多いです。


最近だと、2019年年明けの米ドル/円フラッシュが有名です。年明け早々、109円から107円まで一気に下落しました。


米ドル/円フラッシュ時には一瞬で数千万円プラスになった話や、逆に2,000万円追証が発生したという話も多くありました。

doruenflash

原因2:借金してFX資金をつくる場合

原因2つ目は、マイナス分を取り戻そうとして借金をしてまでFX資金を増やす人がいることです。


サラリーマンの場合は本業の収入があるので借金まではいかないかもしれません。


しかし専業主婦や収入が少ないパート主婦の場合、FX資金を簡単に用意することができませんよね。


そのため主婦が借金をしてさらにFXをしてしまうケースがあるのです。

追証を防ぐためには

追証にならないために自分で作ってルールを守ることが重要です。


具体的には「どこで損切りするか」「レバレッジは何倍までにするか」などです。


「主婦が失敗するパターン」でも紹介していますが、しっかり取引ルールを決めて無用な損失を出さないようにしましょう。

詳細ページ【FXで主婦が失敗するパターン】失敗しないための3箇条を紹介!

FXで借金地獄になった主婦たち

fx-shakkin-shuhu3


主婦の場合、FX資金が豊富にあるケースは少ないですよね。


さらに旦那に隠れて勝手にFX資金を次々導入してしまうと、家庭自体が崩壊しかねません。


相談サイトにそうした数多くの悩みが載っていました。

海外FXの失敗による借金の自己破産について

海外FXで1,500万円の借金を作ってしまいました。

親に頼み、父の生命保険から450万円借りてもらい、返済にあてていましたが、それでも返済できなくなってしまい、自己破産を考えております。

(引用:エクスガイド

FXで全財産を溶かしてしまい借金地獄。親の介護で思ったように働けず返済が間に合わない

私は工場勤務で働いていましたが中々給料も上がらず友人の紹介でFXに手を出しました。投資資金は70万円。


当初は、ビギナーズラックなのかお金がどんどん増えていき200万、300万まで増える事に成功しました。


しかし、2016年秋頃FXにて全てのお金を溶かしてしまい、借金地獄のスタートが始まりました。


初めにモビット130万、銀行系に150万、マイカーローン100万円、友人等に約100万円、合計500万程の借金を作ってしまいました。


現在友人には、全額返したのですがカードローンは、元金が中々減らず毎月約10万返済に回していますがまだ約300万近くの借金が残っており又、親が倒れ、親の介護等で仕事が中々出来ない状態です。

(引用:エクスガイド

主婦がFXで借金した時の対処法3つ

fx-shakkin-shuhu2

借金の対処法1:家族から借りる

貸してもらえるのであれば、家族から借りるのが一番安全で金利分を安くすることができます。


消費者金融で借入すると、金利がとても高く15%になることもあります。


なので、万が一FXで借金ができてしまった場合、まずは家族に相談するのがおすすめです。

家族間でのお金の貸し借りの注意点

家族間でお金を貸し借りした場合は、贈与税が発生するケースがあるので注意が必要です。


110万円以上を家族から借りる場合、厳密には贈与税が発生します。

例)親から500万円借りると15%の贈与税が発生

 

【基礎控除後の課税価格】

500万円-110万円=390万円

 

【贈与税額の計算】

390万円×15%-10万円=48.5万円

つまり、500万円親から借りた場合は48.5万円の贈与税が発生してしまいます。


解決策としては、家族同士でも贈与税を避けるためには以下の対策をしておきましょう。

贈与税の対策
  • 借用書を作成する
    • 署名は直筆で
    • 契約日はお金を借りた日にしてもらう
    • 金利と遅延損害金も記入する
    • 税務署から聞かれた時のために手渡しではなく振込で返済する。

これらをしっかり守っておけば、万が一税務調査が来た場合でも対処することができます。


家族間でのお金の貸し借りは金利や期限の心配も少ないのですが、贈与税に関する部分には注意しておきましょう。

借金の対処法2:カードローン

カードローンには総量規制総量規制対象外の2種類があり、専業主婦は総量規制対象外カードローンでお金を借りられます。


テレビCMでよくみかける『アイフル』『プロミス』などの消費者金融、クレジット会社のカードローンは総量規制対象のカードローンです。


総量規制対象とは

借入金額を原則年収の3分の1までと定められている法律のことです。


借金が増えて返済できなくなる多重債務者を増やさないために2010年に定められました。

専業主婦はそもそも収入がないので、総量規制対象の金融業者からお金を借りられないのです。


そのため、必然的に総量規制対象外のカードローンの利用しかできません。

総量規制対象外のカードローン3つ!

  • 銀行
  • 労働金庫
  • 信用金庫


など、アイフルやプロミスなどの貸金業法で運営されている金融機関ではなく、銀行法に基づいて運営している金融機関のカードローンになります。


申し込みをすると審査がありますが、審査に通れば専業主婦でも数万円~数十万円お金を借りることができます。


金利は要注意ですが、専業主婦でも借りられる手段の1つとして知っておきましょう!

FX借金への対処法3:弁護士に相談する

専門的な知識のある弁護士に相談することがオススメです。


具体的には任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産といった債務整理の手続きを行うことで、借金を解決できる可能性があります。


自己破産は避けたいところです。とはいえ、自分で判断するより弁護士に相談したほうが確実ですよ。


自己破産も含め、債務整理についてのアドバイスをもらえるので、住んでいる市役所や役場で無料相談できる場合もあるので、探してみましょう。

主婦がFXで借金する原因・対処法のまとめ

fx-shakkin-shuhu5

この記事で解説している「主婦がFXで借金する原因・解決策3つ」を実践すれば、主婦トレーダーのあなたが失敗したとしても、自己破産する可能性は無くなりますよ。

それでは、この記事のおさらいです。

まとめ
  • FXで借金を背負う原因は追証の発生
  • 主婦が借金をした場合に最適な解決策は以下3つ
    1. 借用書を書いて家族から借りる
    2. 総量規制対象外カードローンで借りる
    3. 弁護士に相談して支払金額を調整してもらう

追証になることは正直ほとんどありません。


しかし、”借金のリスクがあること”や”借金をしてしまった時の対処法#がわかっていれば、安易なFX取引をしなくなり、いざという時に役に立ちます。


あまり無理なFX取引をせず、コツコツ積み重ねていきましょう!