公務員が副業するならFXであるべき理由!収入を2倍にするステップ3つ

公務員がFXでお金を稼ぐ方法

この記事で解決できるお悩み
  • 公務員でもFXで副収入を得たい
  • 問題にならずにFXをする方法は?
  • 本業以外に許される副収入が知りたい

 といった悩みを解決できる記事になっています。


この記事で解説する「公務員がFXを始める方法」を理解すれば、FX初心者でも問題を起こさずにFXができます


なぜなら私もこの方法で、公務員をしながらFXで副収入を得たいという悩みを解決できたからです。


それでは、以下で「公務員が副業を始めるべき理由2つ」について紹介します。

公務員が副業を始めるべき理由2つ

公務員が副業で稼いだ方がいい理由

公務員が副業を始めるべき理由は、以下の2つです。

  1. 収入が減るから

  2. 支出は増えるから

給与が安定した公務員でも、副業を始めなければ将来的に苦労するかもしれません。


まずは、それぞれの理由について以下で詳しく解説します。

理由1:収入が減るから

1つ目の理由は、収入が減るからです。


なぜなら、以下の3つの原因によって、サラリーマンや公務員の収入がどんどん減っていきます。

  • 年金がもらえない

  • 銀行に預けても、金利が昔のようにつかない

  • サラリーマンの終身雇用制度が崩壊しつつある

とくに終身雇用制度については、公務員も今後どうなるかわかりません


少しでも資産を増やして、安定した生活を送るために副業は必須といえます。

理由2:支出は増えるから

2つ目の理由は、支出が増えるからです。


なぜなら、以下の3つの原因によって、サラリーマンや公務員の支出がどんどん増えていくからです。

  • 相続税増税の可能性によって、相続しても収入が増えず、支出が増える

  • 消費税の増税(8%→10%)

  • 少子高齢化による人件費高騰

相続税の基礎控除額が5,000万円から3,000万円に引き下げられ、今後はさらに増税される可能性があります。


また、消費税増税と人件費高騰により家計が圧迫されるので、支出が増えるおそれがあるので、今のうちから副業をしておくのがオススメなのです。

収入と支出のバランスが取れない

上記のように、今後は収入と支出のバランスが崩れていきます


その理由は「収入は減る」一方で、「支出は増える」現象が進むからです。


自由に使えるお金が少なくなるどころか、生活自体が苦しくなる可能性があります。


公務員は本業だけでは難しいため、副業を活用して収入を補う必要があるのです。

副業が『投資』でなければいけない理由2つ

投資は副業ではないため公務員でもOK

収入を補う手段として副業は数多くありますが、公務員の副業が投資でなければならない理由が2つあります。

  1. 時間の切り売りをする副業は意味がない

  2. 投資は副業にならない

それぞれの理由について、以下で詳しくみていきましょう。

理由1:時間の切り売りをする副業は意味ない

1つ目は、時間を切り売りする副業は意味がないからです。


公務員が副業をする際には、本業の後に体力を使う副業をすると疲れてしまうので、自分が働かなくても稼げる仕組み作りを意識するのが良いでしょう。


また、公務員は1日のうち使える時間が限られているので、通勤時・昼休みなどのすきま時間に可能な副業、つまり投資が理想です。

理由2:『投資』は『副業』に当てはまらないから

2つ目の理由は、投資は副業ではないからです。


一般的に株やFXは副業の代表例として扱われていますが、法律上は副業ではなく投資に該当します。


つまり、投資であるFXをすれば、問題なく本業と両立できます


ただし、夢中になって勤務時間中に取引すると、服務違反に問われる可能性があるので注意しましょう。

公務員はFXをしてもOK!

公務員はFXをしても問題ありません


その理由は、公務員の副業は禁止されていますが、投資は許されているからです。


先ほど説明したように、法律上FXは副業ではなく投資に該当するため、FXならやっても問題にならないのです。


ただし、公務員法に定める「職務専念義務違反」や「信用失墜行為」に問われないよう気をつけましょう。

資産運用以外の副業禁止理由

資産運用以外の副業はなぜ禁止されているのでしょうか。


その理由は、国家公務員法第103条と地方公務員法第38条で、営利を目的とする行為が禁じられているからです。


民間のサラリーマンなら勤務時間外は自由ですが、公務員は24時間365日、公務員として副業が制限されているのです。

許可を得ずに副業をした場合の処分例

無許可で副業した場合には、次のような処分が待っています。

  • 免職……クビになる

  • 停職……一定期間の職務停止

  • 減給……最大10%の給料カット

  • 戒告……口頭注意などの軽い処分(前科は残る)

  • 訓告……口頭注意のみ(前科は残らない)

  • 厳重注意……軽い注意のみ

処分例としては、県庁の職員がバイク屋でバイトをして免職になったり、市役所の職員が水田耕作をして停職6ヶ月の処分になったりしています。

リスクが大きいので、副業はやめておいた方が良いですね!汗

公務員がFXをするべき理由3つ

公務員はFXがおすすめな理由

資産運用には株やFX、仮想通貨があるものの、そのなかでもとくにFXをするべき理由は3つあります。

  1. 少額からOKなので、コツコツ安定した収益が見込める

  2. 他の資産運用に比べるとリスクが低い

  3. 空き時間の活用が可能

それぞれの理由について、以下で詳しくみていきましょう。

理由1:少額からOKなので、コツコツ安定した収益が見込める

1つ目の理由は、FXは少額から取引可能なので安定した収益が見込めるからです。


株では数十万円〜数百万円が必要な場合もあるものの、FXだと4円〜1,000円から始められます。


資金量が少ないので大きな損失が出るリスクも低く、コツコツ稼げるのでオススメです。

理由2:他の資産運用に比べるとリスクが低い

FXは、他の資産運用に比べるとリスクが低い点も理由のひとつです。


なぜなら、FXは投資対象が実際に普及している各国の通貨であるため、相場の値動きが小さく安定しているからです。


一方、仮想通貨は実験的に使用されているのみで普及していないので、値動きが大きく価値が不安定だといえます。

理由3:空き時間を活用できる

3つ目の理由は、公務員であっても、空き時間の活用が可能だからです。


本業と両立しながら投資を行う場合、どの時間帯に取引可能かがとても重要です。

FXと株式投資の取引可能時間帯は以下の通りだぞ!

  • FX:平日24時間

  • 株式投資:9時~11時30分、12時30分~15時

FXは株式投資と異なり、平日の好きなときに投資可能なので、空き時間を有効に活用できます。

公務員がFXで稼ぐための3ステップ

公務員がFXで稼ぐためのステップ3つ

公務員がFXで稼ぐための3ステップは以下のとおりです。

  1. 基礎知識を覚える

  2. 少額でFXをする重要性を知る

  3. 口座開設をする

それぞれのステップについて、以下で詳しくみていきましょう。

ステップ1:基礎知識を覚える

まずは基礎知識を覚えましょう。


基本的な知識がないとFX取引のやり方がわからないだけでなく、リスク回避もできません。


そのため、最低でも以下で紹介するような5つの基礎知識を覚えておきましょう。

基礎知識5つ

  1. レバレッジ
  2. スプレッド
  3. スワップポイント
  4. ロスカット
  5. 通過ペア

 上記の基礎知識について詳しく知りたい人は、『FXの基礎知識』を参考にしてください。

ステップ2:少額でFXをする重要性を知る

次のステップは、少額からFXを始める重要性の認識です。


その理由は、本番に慣れていない状態で大金を投じると、冷静な判断ができずに大損する可能性があるからです。


最初に大きく稼いでから、再投資してさらに稼ぎたい気持ちはわかりますが、失敗するとせっかく用意した大切な資金を一気に失いますので慎重にいきましょう。

ステップ3:口座開設する

最後のステップは、FX会社を選んで口座を開設します。


なぜなら、取引する口座を作らなければ、実際にFXで投資できないからです。


最近では、オンライン上で必要事項を入力するだけの簡単手続きで口座が作れるので、平日仕事で忙しくても10分ほどで完了します。


口座が開設できたら、銀行口座から証拠金を入金して取引を始めましょう。

公務員におすすめ!少額から取引できるFX会社3つ

少額で取引できるおすすめFX会社

公務員が少額で取引可能なFX会社は以下の3社です。

それぞれのFX会社の特徴について説明していきます。

1:4円から取引できるSBIFXトレード

SBIFXトレードで少額に始めよう!

1つ目におすすめするFX会社は、4円から取引可能でスプレッドが業界最狭水準SBIFXトレードです。


 FX会社の中でも一番低い資金である1通貨から取引可能で、チャートも見やすいのでFX初心者〜上級者まで幅広く使われています。


またスプレッドが広がりにくいので、スキャルピングで取引したい方にもオススメです。


少額取引は資金管理がしやすいので、安全にFXを始められますよ。

2: 初心者向けのセミナーも充実!外為オンライン

外為オンライン

2つ目は、初心者向きの外為オンラインです。


最低取引単位が1,000通貨なため、約4,000円からの少額取引が可能です。


また、外為オンラインは「はじめてのFXセミナー」や「FX取引入門セミナー」など、初心者向けの無料セミナーを全国で開いているので、トレードの相談にも使えますよ。


外為オンラインのスプレッドは1銭なので、短期売買より2日以上の中期取引に向いています。

3:ヤフーグループが運営!安心のYJFX!

YJFX!は少額から取引可能

3つ目は、ネット大手のヤフーグループが運営するYJFX!です。


YJFX!は最低取引単位が1,000通貨なので、少額取引ができます。


また、YJFX!のスプレッドは米ドル円の0.3銭など業界最狭水準なだけでなく、スプレッド提示率99.8%と脅威の実績によりスプレッドが広がりにくいと定評があります。


リスクとコストをどちらも抑えて取引したい初心者は持っておくべきですよ。

公務員がFXをする際の注意点3つ

公務員がFXをする場合の注意点

公務員がFXをする際の注意点3つは以下のとおりです。

  1. 公務員がFXをするなら知っておくべき法律

  2. 公務員が知っておくべきFXの税金について

  3. 公務員がFXをする際に会社にバレないようにする

それぞれの注意点について、以下で詳しくみていきましょう。

注意点1:公務員がFXをするなら知っておくべき法律

公務員がFXに取り組む場合には、副業禁止の3原則といわれる、下記の法律を絶対に押さえておかなければいけません

  • 信用失墜行為の禁止:国家公務員法第99条・地方公務員法第33条

  • 守秘義務:国家公務員法第100条・地方公務員法第34条

  • 職務専念の義務:国家公務員法第101条・地方公務員法第35条

違反すると、先ほど説明したような懲戒処分を受ける可能性があるので要注意です。

注意点2:公務員が知っておくべきFXの税金について

FXで得た利益は、「先物取引に係る雑所得」として、20.315%の税金がかかります。


FXの利益が20万円を超えると、確定申告が必要になり、利益が20万円を超えていなくても、住民税の申告は必要です。


公務員が副業としてFXで収入を得た場合はFXと税金の関係を理解しておきましょう。


※FXの税金についての詳細は以下のリンクを参照してください。

注意点3:公務員がFXをする際に会社にバレないようにする

3つ目の注意点は、「会社にばれないようにする」です。


その理由は、公務員は頭が固い上司や同僚がいる可能性があり、職場でFXがバレると都合が悪くなるからです。


FXが原因で仕事に支障が出るのは問題外ですが、そうでなければ聞かれたときだけ正直に答えていれば問題ありません。

職場にFXがバレない方法

最後に、職場にFXがばれない方法を紹介します。


住民税の納税方式は、「特別徴収」 ではなく「普通徴収」を選択します。


普通徴収を選択すると、FXの税金は自宅に送られてくる納付書を使っての支払いになり、翌年の給料から天引きされなくなるのです。


その結果、住民税の金額の違いが原因で、職場にバレずに済みます。

FX 公務員まとめ

公務員もFXでお金を稼ごう

上記で紹介した「公務員がFXをする方法」を実践すると、今後は公務員がFXをやって問題になりたくないと悩むことは一切なくなり、安全に副収入を得られますよ。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

まとめ
  • FXは公務員でも問題なく行える投資
  • 仕事中にFXをすると職務専念義務違反に問われて懲戒処分を受ける可能性があるため注意する
  • 公務員がすきま時間で効率的に利益を出せ、少額からOKなので非常にオススメ
公務員にもオススメの少額で取引可能なFX会社3選
  1. 1通貨単位〜取引可能!SBIFXトレード
  2. 初心者向けのセミナーも充実!外為オンライン
  3. ヤフーグループが運営!安心のYJFX!

「本当に職場にばれずにFXができるのだろうか」と最初は思うかもしれません。


しかし、安全にFXを始める方法を一度身につけてしまえば、簡単に副収入が得られるようになりますよ。


まずは少額で可能なFXを始めてみましょう!!