FXスキャルピングとは?特徴や勝つためのコツ、おすすめFX会社を徹底解説!

この記事で解決できる悩み
  • スキャルピングの特徴とは?
  • 向いてる人、向いてない人は?
  • スキャルピングで勝つコツは?
  • 損しないためには?注意点は?

この記事では、上記の悩みを解決できます。


これから紹介するスキャルピングの特性や実践のコツ、守るべきポイントを学べば、初心者でもスキャルピングを行えるようになります。


実際にトレーダーが行っている手法なので、実用性がありますよ!


まずはFXにはどんなトレードスタイルがあるのか、それぞれの特徴から見ていきましょう。


スキャルピング 可能なFX会社を知りたい人は、以下のFX会社がオススメですよ!

スキャルピングでおすすめのFX会社3選

FXにおける4つのトレードスタイル

FXには4つのトレードスタイルがあり、取引の手法によって狙える利幅や取引時間、使う時間足が異なります。


投資家は自分の性格やライフスタイルに合わせて、下記のトレードスタイルから選んでいます。

取引スタイル取引時間取引回数利幅時間軸
スキャルピング数秒~数分1日に~100回以上1~10pips1分足~5分足
デイトレード数分~数時間1日に~2回10~100pips5分足~1時間足
スイングトレード数日~数週間数日~数週間に1回100~500pips1時間足~日足
長期トレード数週間~1年以上数週間~数年に1回500~1500pips週足~年足


ここでは超短期売買のスキャルピングについて、詳しく説明していきます。

超短期売買!FXスキャルピングとは?

スキャルピングは4つのトレードスタイルの中でも、取引時間が最も短い手法です。


数秒~数分で取引を完了させ、回数をこなすことで利益を積み上げていきます。


FXスキャルピングは4つのトレードスタイルの中でも、取引時間が最も短い手法です。


数秒~数分で取引を完了させ、回数をこなすことで利益を積み上げていきます。

取引時間がそんなに短いんですね!

多くのトレードスタイルがあるけど、その中でも新規注文から決済注文までにかかる時間がとても短いんだよ。


スキャルピングには、5つの大きな特徴があります。

スキャルピングの特徴5つ
  1. 早く利益が積み上がる
  2. 損失額が少ない
  3. 初心者には難しい
  4. 取引時間が短く効率的
  5. 取引経験を早く積める

1.早く利益が積み上がる

スキャルピングは取引時間が短く、取引回数が多いため、利益が積み上がるスピードも早いです。


小さな利幅を狙う手法ですが、回数をこなし、利益を増やしていきます。


逆に取引回数が少ないと、1回あたりの利益も少ないため、他のトレードスタイルよりも稼ぎにくくなってしまいます。


たとえば1日30回、10pipsの利幅を取れれば、300pipsの利益になるので、デイトレードでの利益(100~200pips)を超えることができます。

2.損失額が少ない

スキャルピングは利益額が少ない分、損失額も少ないです。


なぜなら、もし相場が予想と逆に動いてしまっても、必然的に取れる利幅や損切りの幅も小さくなるからです。


相場環境が一変したとき、損切りを行いすぐにポジションを手放すことで、損失を最小限に抑えることができます。

3.初心者には難しい

スキャルピングは一般的に、初心者には難しい手法だと言われています。


その理由は、短期間で相場分析や売買判断をしなければならないからです。


次々に来るチャンスをつかむためには、素早く分析・判断を行う必要があり、相場に慣れていない初心者にはハードルが高いのです。


また注文・決済を何度も行うので、心身ともに疲労がたまりやすいことも、初心者向きでない理由となっています。

4.取引時間が短く効率的

4つ目の特徴は取引時間が短く、効率的に利益を出せることです。


スキャルピングは数秒~数分で1回の取引を終えるので、投資資金が多ければレバレッジを抑えても短時間で1,000円以上の利益を出せますよ!


日中仕事で忙しいサラリーマンでも、就業後の通勤電車内や帰宅後、就寝前のベッドの上などで効率的に稼げる手法と言えます。

5.取引経験を早く積める

5つ目の特徴は取引経験を早く詰めることです。


なぜならスキャルピングは4つのトレードスタイルの中で最もトレード回数が多いからです。


取引経験を積めば次のメリットがありますよ。

スキャルピングに向いている人・向かない人

スキャルピングは一般的に、初心者には難しい手法だと言われています。


その理由は、短期間で相場分析や売買判断をしなければならないからです。


次々に来るチャンスをつかむためには、素早く分析・判断を行う必要があり、相場に慣れていない初心者にはハードルが高いのです。


また注文・決済を何度も行うので、心身ともに疲労がたまりやすいことも、初心者向きでない理由となっています。

1.スキャルピングに向いている人

向いている人
  • 瞬発力、判断力がある
  • 根気、忍耐力がある
  • チャートを毎日見続けることができる
  • FXに時間を費やすことができる
  • コツコツと続けるのが好き
  • コンピューターゲームが得意

スキャルピングに向かない人

向かない人

  • 決断力や反射神経に自信がない
  • 単調な作業を繰り返すのが苦手
  • 集中力がすぐに途切れる
  • 忙しくFXに費やせる時間がない
  • 一攫千金を狙っている
  • 分析や予想を時間をかけて楽しみたい

冷静に判断できたり、過去を引きずらない人にも向いているよ!

FXスキャルピングで勝つためのコツ6つ

スキャルピングで勝つには次の6つのコツを意識しましょう。

スキャルピングで勝つためのコツ
  1. 適した通貨ペア
  2. 狙うべき時間帯
  3. 狙える利幅
  4. 高機能ツールを使う
  5. ツールの操作力を磨く
  6. テクニカル分析を覚える

スキャルピングの勝ち方は以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

FXのスキャルピングで勝てない理由とは?10の勝ち方で完全攻略!

1.適した通貨ペア

スキャルピングに適した通貨ペアで取引するようにしましょう。


なぜなら、通貨ペアにはそれぞれ異なった特徴があり、トレードスタイルによって適正が変わるからです。


きちんと適した通貨ペアを選ばないと、取引の効率が悪くなり、利益も出しにくくなります。


そのため通貨ペア選ぶ際は、以下の特徴があるものにしましょう。

スキャルピングに適した通貨ペアを選ぶ特徴
  • スプレッドが狭い
  • ボラティリティが適度にある
  • 取引量が多い

(例:ドル円・ユーロドル・ポンドドル

2:狙うべき時間帯

日本時間の15時~翌1時は、スキャルピングを行うのに適した時間帯です。


この時間帯は流動性が高いため、チャンスが多く巡ってきます。


15時に欧州市場、21時にニューヨーク市場、翌1時はロンドン市場と、各市場が開く時間帯なのです。


外国為替市場は平日24時間動いていますが、特に取引が活発な時間を狙うことで、効率よくスキャルピングが行えます。


スキャルピングに適した時間帯をもっと詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてくださいね!

FXのスキャルピングで稼ぎやすい時間帯は?知らなきゃ損する!

3:狙える利幅

スキャルピングで狙える利幅は確実に仕留めていくのがコツです。


なぜなら、狙える利幅は1~10pipsと小さい分、スプレッドなどのコストのほうが大きくなってしまうと、結果マイナスになるからです。


スキャルピングは一定方向の相場を短時間で取引することで1回あたりの勝率が高くなるので、瞬間的な判断力を鍛えましょう。


スキャルピングに適した時間帯をもっと詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてくださいね!

4.高機能ツールを使う

高機能なツールを使えば操作がスムーズになったり、予測の精度が上がって収益性がアップします。


具体的には次の6つの機能を持つツールですね。

ツールに求める機能6つ
  1. 操作性がスムーズ
  2. 複数チャートの同時表示機能
  3. テクニカル系とオシレーター系のテクニカル指標を5つ以上搭載
  4. チャートに2つ以上のテクニカル指標を同時表示
  5. スリッページが小さい
  6. スピード注文・チャート注文機能

5.ツールの操作力を磨く

5つ目のコツはツールの操作力を磨くことです。


スピードが求められるスキャルピングで操作にもたつくと、チャンスを逃したり誤操作・誤発注で損失を出すおそれがありますよ。


損失のリスクゼロで練習するにはデモトレードを利用するといいですね。

6.テクニカル分析を覚える

6つ目はテクニカル分析を覚えることです。


理由はテクニカル分析を覚えれば予測精度がアップし、利益につながりやすいからです。


具体的なテクニカル指標は次のとおりです。

スキャルピングで有効なテクニカル指標5つ
  1. ボリンジャーバンド
  2. トレンドライン
  3. RSI
  4. 移動平均線
  5. MACD

テクニカル分析をもっと詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてくださいね!

FXはスキャルピングで勝つ!有効なテクニカル指標5つを徹底解説!

このコツを押さえておけば、スキャルピングで利益を出せる可能性は上がるよ!

FXスキャルピングで稼ぐための手法

テクニカル指標と同じくらい手法も大切です。


なぜなら手法を知らなければエントリーポイントを見つけられず、利益につながらないからです。


以下の記事で、スキャルピングの手法8つと手法を磨く11のコツをチェックしてくださいね!

FXはスキャルピングで勝つ!有効なテクニカル指標5つを徹底解説!

FXスキャルピングで損しないコツ4つ

FXスキャルピングの損失リスクを抑えるには次の4つを意識しましょう。

スキャルピングで損しないコツ4つ
  1. 取引数量の固定
  2. 通貨ペア選び
  3. 損切りの徹底
  4. 情報収集

1.取引数量の固定

まったくの未経験だったり、まだ経験が浅いうち取引数量を固定すべきです。


確実に利益を積み上げるには、安全な範囲で取引を繰り返すことが重要なのです。


取引量を増やせば大きな利益も期待できますが、失敗した場合は損失も大きくなります。


そのためまずは取引量を少なく固定し、慣れてきたら徐々に取引量を増やすようにしましょう。

2.通貨ペア選び

通貨ペアはスキャルピングに適したものを選び、1つに絞りましょう。


なぜなら初心者が複数の通貨ペアを同時に見ながらスキャルピングを行うのは、かなり難しいからです。


通貨ペアが増えてしまうと分析や検証、売買判断などの作業も大幅に増えてしまい、ミスが増えます。


ただでさえ難しいスキャルピングなので、はじめは通貨ペアを1つだけに絞り、余計な作業やストレスを増やさないようにしましょう。

3.損切りの徹底

損切りの徹底は、どのトレードスタイルでも重要なリスク管理法です。


なぜなら、損失を最小限に抑えないと、せっかく大きく稼げても、その利益を損失が圧迫してしまうからです。


とくに初心者は取引をする際は必ず損切りポイントを決め、そのポイントに達したら潔く決済し、資金を次の取引につなげましょう。

有効な損切りルール

有効な損切りの方法として初心者にオススメなのが、「2%ルール」です。


これは損失が資金の2%に達したら損切りをする方法で、実際にプロも推奨しています。

4.情報収集

4つ目は情報収集です。


相場に影響する情報を知らずに取引すると、大きな値動きに巻き込まれて損失が出るからです。


例えば次のようなケースですね。

情報不足で損失が出るケース
  1. FX会社のメンテナンス時間を知らず、注文再開時にレートが乖離して損失
  2. 政策金利の引き上げを知らず、売りエントリーして損失
  3. 経済指標の発表時間を知らず、急騰・急落に巻き込まれ損失

 

情報不足で損失が出るケース
  1. FX会社のメンテナンス時間を知らず、注文再開時にレートが乖離して損失
  2. .政策金利の引き上げを知らず、売りエントリーして損失
  3. 経済指標の発表時間を知らず、急騰・急落に巻き込まれ損失

FXスキャルピングを行う際の注意点4つ

FXスキャルピングでは次の4つに注意が必要です。

スキャルピングの注意点4つ
  1. スプレッドが蓄積する
  2. チャートに張り付く必要がある
  3. FX会社によっては使えない
  4. 通信環境が良い場所で取引する

1.スプレッドが蓄積する

スキャルピングはスプレッドが蓄積します。


その理由は、他のトレードスタイルよりも取引の回数が多くなるためです。


スプレッドは1回の取引につき必ず徴収されるので、回数が多いほど必然的にコストも増えてしまうのです。


そのためFX会社を選ぶ際は、各社を比較してスプレッドが狭いところを使うようにしましょう。

2:チャートに張り付く必要がある

スキャルピングでは取引機会を逃さないために、チャートに張り付く必要があります。


なぜなら、1回の取引で得られる利益が少ないため、チャンスをなるべく逃さないためです。


他のトレードスタイルよりもチャンスが多い分、常にチャートを見ていないと、運用効率が悪くなってしまいます。


PCモニターを増やしたり、取引に集中する時間を確保することで、効率よくスキャルピングが行えます。

3:FX会社によっては使えない

スキャルピングはFX会社によっては使えないことがあります。


なぜならDMMFXのように、FX会社が自主的にスキャルピングを禁止していることがあるからです。


FX会社は状況に応じてカバー注文をしますが、スキャルピングはカバー取引が間に合わなくなるリスクがあります。


たとえばDMM FXでスキャルピングを行ったトレーダーの中に、口座を凍結されてしまった人もいます。


そのため口座開設を検討しているFX会社が、スキャルピングを禁止しているのか、事前に調べておくことをお勧めします。


スキャルピング禁止の理由と対策については以下の記事で詳細をご覧ください。

【FXスキャルピングって禁止なの?】その真偽と2つの対策を徹底解説!
口座凍結されて、その間まったく取引できないのはトレダーにとって痛手ですね

凍結されている期間や解除される条件はFX会社によって違うから、しっかり確認しよう!

4.通信環境が良い場所で取引する

通信環境が良い場所で取引するのが大切です。


通信環境が悪いとレートの更新が遅れたり、注文処理の遅延が生じて取引が不利になるからです。


損切り注文が通らないと含み損が膨らんで大損するおそれがあるので、機器のスペックや電波・Wi-Fiの状況には注意してくださいね。

スキャルピングに適したFX会社3つ

スキャルピング目的でFX会社を選ぶ際は、以下の4つの条件を満たすところをオススメします。

スキャルピング目的でFX会社を選ぶときの条件4つ
  1. スプレッドが狭い会社(米ドル / 円なら0.3銭以下)
  2. 約定力が高い会社(意図する価格・タイミングで取引成立できるか)
  3. 高機能なスピード注文がある会社(簡単&高速に注文できる機能があるか)
  4. タイムリーなニュース情報配信がある会社(情報数と配信スピードは適切か)

上から優先順位が高いです。

以下に紹介するFX会社は4つの条件を満たしており、スキャルピングに向いている会社の中で特におすすめの3社※になります。

※当サイトの「現役FXトレーダーへの満足度調査」を一部参考にしています。

1:初期費用を安く抑えたいならMATSUI FX

松井証券

MATSUI FXの評価ポイント

MATSUI FXの取引手数料は無料で、さらに取引に必要な各種サービスも無料で受けれるようになっています。


費用を安く抑えてFXを始めたいという方にオススメですよ。


またスプレッドが業界再狭水準のため、スキャルピングであれば月数千円~数万円の取引コストを節約できます。


最初はあまりお金をかけたくない人に、利用するべきFX会社ですよ!

2:総合評価No.1のGMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券の評価ポイント

GMOクリック証券は主要な基本通貨ではもちろん、それ以外の通貨でも常にスプレッドが業界最狭水準。


そのため、どの通貨ペアを選択しても安心してスキャルピング取引ができます。


また、ニュース配信の情報ソースが3社と業界でも最多レベルであり、タイムリーに情報収集しながら取引が可能。


現役トレーダーからの総合評価第1位当サイト調査)に輝いたFX会社だけあって、スプレッド・情報・取引ツールとスキャルピングにもってこいです。


ただ、ひとつだけ不安なのが約定力の満足度が高くないこと。


それを除けば、スキャルピングで外せないFX会社です。

3:約定率100%のFXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOの評価ポイント

FXプライムbyGMOスキャルピングを公認しているFX会社です。


高い約定力が自慢の会社で、当サイトで実施した現役トレーダー222名が選ぶ「約定力の高さ満足度」ランキングでも第1位を獲得しており、プロトレーダーも認めるFX会社です。


為替の情報源であるニュース配信数は2社と多くはないのですが、人気アナリストが発信する「セミナー」や「オンラインマーケット情報」があり、毎日20種類以上のマーケット情報が得られます。


FX初心者から経験豊富な専業トレーダーまで、幅広い層に対応したFX会社です。

安定して取引できる会社を選ぶのが重要だよ!

FXはスキャルピングに限らず損小利大

どのトレードスタイルでFXを行うとしても、損小利大が基本です。


なぜなら損失は最小限に抑え、利益は最大限に伸ばすことで、トータルでプラスになることを実現できるからです。


FXで成功出来る人は、損小利大を絶対に守っています。


スキャルピングは「損大利小」になりやすいといわれているので、とくに気を付けましょう!

【FXスキャルピングの特徴とコツ】まとめ

上記で紹介した「超短期売買!スキャルピングとは」を学べば、スキャルピングの特性を知ることができます。


また「実践のコツ3つ」「初心者が守るべき3つのポイント」を取引に落とし込むことで、大失敗をするリスクが大幅に軽減します。


最後に、もう一度おさらいしましょう。

スキャルピングの特徴と重要なポイント
  • 引時間が短いため、回数をこなす必要がある
  • 通貨ペアは一つに絞り、流動性の高い時間を狙う
  • FX会社によっては禁止されているので注意
スキャルピングでおすすめのFX会社3選

スキャルピングは、FX初心者には難しい手法かもしれません。


しかしどのトレードスタイルでも、実践・検証・改善を繰り返さなければ、成功はできないものです。


多少の負けを恐れず、経験値を上げていってくださいね。