FXで稼ぐための両建て手法に関する基礎知識とやり方3つを紹介

fx 両建て 手法

この記事で解決できるお悩み
  • 両建てのメリットって何?
  • 両建てのデメリットって何?
  • 両建てを使った戦略が知りたい

こんな悩みを解決できる記事を書きました。


この記事を読めば、誰でも両建ての使い方をマスターでき、より勝てる戦略を建てることができます。


なぜなら私も最初は『両建て』を理解できない状態でしたが、この記事に書いてある内容を理解したことで、両建てを使って利益を出せるようになったからです。


戦略的に両建てを使うことで、為替レートがどちらで動いた時も利益を出したり、スワップポイントで稼ぐなど、利益を出すことができるのです。


両建てを理解して、FXでより効率的に勝っていきましょう。

FX両建て手法を徹底解説

FX両建てとは

まずはFXの両建て手法について徹底解説していきます。

両建てとは

両建てとは、同じ通貨ペアの「売り」と「買い」のポジションを同時にもつことです。

  • 安く買った通貨を、レートが上がった後に売ることで、その差額が利益になる
  • 高く買った通貨を、レートが下がった後に売れば、差額が損失になる

ですが、両建ては同じ通貨のペアを同時に「売り」「買い」のポジションを持ちます。


そのため、相場が上がっても下がっても利益と損失が相殺されて、プラスマイナスゼロになります。


意味がないように感じますが、実は使い方によってかなり有効なので、じっくり読み込んでくださいね。

FX両建て手法のメリット3つ

FX両建て手法 メリット

利益がでないのにコストが2倍になると聞くと、両建てにはメリットがないと思えますよね。


しかし、両建てはきちんと使いこなすことができれば様々なメリットがあるのです。


以下では両建てのメリット3つについて解説します。

FX両建て手法のメリット1:利益を伸ばせる

両建てを使いこなすことで、長期的な「買い」での利益と、短期の「売り」の利益を手に入れることができます。


具体的には以下です。

  1. 円ドルの相場が、今後はドルが上がると判断し、ドルを「買い」ポジションで持つ。
  2. レートは上昇方向にあるが、今後もっと上がると判断し、「買い」のポジションは決済せずにそのまま維持する。
  3. 上昇方向にあるレートが一時的に下がった場合、買いポジションを維持したままで短期での「売り」を行う

レートは上昇方向にある場合でも、一時的に下がることがあります。


このように長期的なトレンドでの利益と、短期のレート変化を組み合わせて稼げるのが両建ての良さです。

FX両建て手法のメリット2:スワップポイントで稼げる!

スワップポイントとは、売買する2国間の金利差から毎日利益を得られる方法です。


そのため、例えば日本のように超低金利の通貨とトルコなどの金利が高い国の通貨を買うと、より高いスワップポイントを受け取れます。


スワップポイントは、長期運用やコツコツFXで稼ぎたい方に人気です。

スワップポイントについてより詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

両建てはスワップポイントのリスクを回避できる!


スワップポイントにはいい面だけでなく、為替レートの変動リスクがあります。


例えば、急激に通貨の価値が下がった場合など、大きな損失が出てしまうことがあるのです。


それをカバーできる手法が「両建て」です。


同じ通貨ペアで「売り」と「買い」のポジションを別々のFX会社で持ちます


この時のポイントは、買いスワップポイントが高いFX会社で「買い」、売りのマイナスポイントが低いFX会社で「売り」のポジションを持つことです。


すると、差し引きしてプラスになる分をより増やせます。

スワップポイントでの稼ぎ方
  • 「買い」が高いSBI FXトレード:ドル円は買い76円、売り77円
  • 「売りのマイナスポイント」が低いDMM FX:ドル円は買い64円、売り64円
    (1万通貨当たり/2019年1月22日時点)

差額の12円が利益になる

「売り」と「買い」両方のポジションを持っているので、為替レートがどう動こうと損することはなく、安心してスワップポイントだけを受け取ることができるのです。

FX両建て手法のメリット3:節税対策

両建ては節税対策にもなります。


たとえば年末になり、今年のFXでの利益を算出してみると思ったよりも多かった!という場合、両建てを使うことができます。


とくに、専業主婦や学生など扶養に入っている方の場合は、あまりに利益が多すぎると困ることもありますよね。


そんな時に両建てのポジションを持つことで、得ている利益を相殺することができます。

両建てによる節税対策の流れ

  1. 最初に同量のポジションを両建てしておく
  2. 12月31日までに、含み損がある方のポジションを決済
    損失が出たと判断されるため、その年の利益は減り、支払う税金は少なくなります
  3. 年明け1月1日に含み益がある方のポジションを決済
    損失と同額の利益を得ることができるため、実質的に損することはありません

そのほかのFXの節税対策に関しては、下記をご覧ください。

年明けに決済しているから、前年度の利益にカウントされることがなくなり、税金の支払いが増えることもないって仕組みだね。

FX両建て手法のデメリット

FX両建て手法 デメリット

デメリット1:手数料が2倍

実質的なFXの手数料であるスプレッドは2倍支払う必要があります。


なぜなら、同じ通貨ペアの「売り」と「買い」のポジションを同時にもつからです。


ちなみにスプレッドとは、通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差のことです。


詳しい内容は下記に書いているので、よかったら見てみてください。

デメリット2:FX会社によっては両建て手法NG

FX会社はコストが2倍になるため、そもそも両建て手法をあまり推奨していません。


また、両建て手法自体が禁じられているFX会社もあるので、まずは使用しているFX会社で両建てができるかどうかをチェックしてみましょう。


さらに両建てしている間は、相場がどう動いても利益と損失が相殺されてしまうため、利益を得ることはできないことも覚えておいてください。

FXの両建て手法を使ってみよう

FX 両建て手法 やり方

両建てはうまく使うことで利益を出すことができます。


両建てを使う手法についてみていきましょう。

両建てを使う相場

両建て手法

両建てを使う相場は、経済指標などが発表されて相場が大きく動くときです。


経済指標が発表されると、相場は大きく動きます。


しかし指標の内容によって、レートが上がるのか下がるのかは発表されるまではわかりません。


指標の内容を予想し、あらかじめポジションを持っていた場合、予想が外れると大きな損失を出してしまうこともあります。


それを防ぎ、確実に利益を出すのに両建ては有効なのです。

指標発表時における両建ての流れ

  1. 指標発表前に、売りと買いの両方のポジションを保有
  2. 指標が発表され、相場が動いた時点で、まず損失が出る方のポジションを決済
  3. 含み益が出た方のポジションは、あらかじめ織り込んでおいた含み損をカバーし、利益が出た時点で決済
指標発表前に100円で1000通貨を両建てし、相場が下がった場合
  1. 指標が発表された後、すぐに買いのポジションを決済する。
  2. 95円まで下がった場合、5000円の含み損がでる。
  3. 相場がさらに下がるのを待つ。
  4. 90円まで下がった場合、含み益は10,000円となり、先ほど決済した買いポジションとの差額で5,000円のプラスになる。

この方法を使うと、指標により相場がどちらの方向へ動いたとしても利益を得ることができます。


ただし、この方法は相場が急激に動いた場合に有効です。

僕も経済指標発表によって大損を受けたことあったな…
プロトレーダーでも失敗するタイミングだからね。両建て手法を用いれば各段にリスクは防げるわよ!

あまり動かない場合は効果的ではないため、使う相場をきちんと見極めましょう。

両建てのパターン3つ

両建てをするには、いくつかのパターンがあります。

1.最初から売りと買い両方のポジションを持つパターン

これは先ほど紹介した相場が急激に動くことが予想される場合、どちらの方向に動いても利益が出せるようにするために使います。

2.あらかじめ持っていた通貨ペアの逆ポジションを追加で持つパターン

こちらは今後の値動きを予想し一定の利益を確保しながら、一時的な為替の動きでも利益を狙う時に使います。

3.外貨のペアで両建てするパターン

例えばドル円で買いポジションを持ちながら、ポンドドルで売りポジションを持つという場合です。


為替はほとんどの場合、ドルが主体で動きます


そのためドル円よりも外貨同士の方が値動きが大きく、利益が大きくなることを狙えるのです。

  • ドル円で買い、ポンドドルで売りを持っていた場合
    ドルが上がることで円もポンドも連動して下がることがある。
  • ドル円よりもポンドドルの方が値動きが大きい場合
    より利益が大きくなる。

FXのトレール注文を使った両建て手法

FX両建て手法 トレール注文

トレール注文とは、相場の上昇幅や下落幅に応じて、逆指値注文(ストップ)のレート水準を自動でリアルタイム修正してくれる注文方法です。


この手法を使うのは、先ほど紹介した経済指標などでレートが大きく動く場合です。

トレール注文と両建て手法を組み合わせることで、より利益を大きくすることができるんだ!
では、この組み合わせ手法を用いたやり方についてみていこう!

トレール注文を使った両建て手法の流れ

  1. 指標発表前に売りと買いの両方のポジションを持つ。
  2. トレール注文でpipsを同額に設定しておく。
10pipsに設定し、指標発表後レートが上昇した場合
  1. 10pips上昇した時点で、含み損が出る買いは自動で決済され、損失が確定される。
  2. ここで売りも決済されてしまうと、利益と損失が相殺されるが、トレール注文で上昇が続いた場合、自動でレート水準が修正されるので、利益が出るまで決済されない。
  3. その後、含み益が損失を上回った後に決済が自動で行われる。

経済指標が発表され、レートが大きく動いた場合、損が出た方はすぐに決済されます。


そして利益が出た方は、自動で水準が修正されるため、利益を出すことができるというわけです。

FX両建て手法のまとめ

FX両建て手法 まとめ

両建てとは、同じ通貨ペアで売りと買い両方のポジションを同時に持つことを言います。


経済指標などで相場が大きく動いた時に活用しましょう。

まとめ

メリット

  • 両建ては長期トレンドで短期の逆トレンドが発生した時にも利益を出せる
  • スワップポイントで稼ぐこともできる
  • 節税が可能
  • 両建てとトレール注文を組み合わせると利益が生み出しやすい

デメリット

  • コストが2倍かかる
  • FX会社によっては両建てできない場合もある

FXの両建て手法についてご紹介しました。


両建ては上手に使うことで利益を生み出したり、節税することができる手法ですので、ぜひ活用してください。