【FXスワップポイントの計算方法】注意点2つとオススメの通貨ペア4つ

FXのスワップポイント計算方法

この記事で解決できる悩み
  • スワップポイントはどうやって計算するの?
  • スワップ運用で注意すべきことはなに?
  • マイナスのスワップポイントの計算はどうなる?

この記事では、上記の悩みを持つ方向きの記事です。

これから紹介するスワップポイントの計算式注意点を読めば、スワップポイントの仕組みを詳しく理解でき、大損を避けた運用ができますよ。

まずはスワップポイントがどうやって決まるのか、その基本情報から見ていきましょう。

FXのスワップポイントとは?

FXのスワップポイントは金利差により計算されるスワップポイントは、各国の政策金利の差による損益を指し、2国間の政策金利で決まります。

たとえば豪ドル/円で買いの取引をする場合、政策金利はオーストラリアが1.5%で日本は0.1%です。

低金利の日本円を売って高金利の豪ドルを買うと、1.4%の金利差が生まれます。

FXの豪ドルのスワップ

この金利差によりスワップポイントが付き、利益になるのです。

FXのスワップポイント計算方法

FXのスワップポイントの計算式

スワップポイントの計算式
  • 為替レート×保有数量×金利差=1年間のスワップポイント
  • 1年間のスワップポイント÷365日=1日あたりのスワップポイント

スワップポイントは、上記の計算式で算出できます。

例えば、豪ドル/円を例に数字を当てはめてみましょう。

【1豪ドル=80円、1万通貨保有の場合】

  • 80円×1万通貨×1.4%=11,200円
  • 11,200円÷365日=約30円

つまりこの場合、1日あたり約30円のスワップポイントが付与され、1年間保有し続ければ1万1,200円の利益になります。

ちなみに為替レートや政策金利が上がればスワップも高くなり、逆に下がるとスワップは減ってしまうので注意が必要です。

実際の人気FX口座別スワップポイントの利益率

下記でスワップポイントの利益率を比較してみました。

【前提条件】各通貨ペア別、証拠金の場合

  • 米ドル/円:44,000円証拠金
  • 豪ドル/円:31,200円証拠金
  • NZドル/円:29,600円証拠金
FX会社米ドル/円豪ドル/円NZドル/円
GMOクリック証券約58%約45%約28%
YJFX約63%約46%約34%
SBIFX約65%約51%約30%
DMMFX約53%約37%約33%
外為オンライン約53%約40%約18%
FXトレーディングシステムズ約59%
約37%
約36%

(※上記は2019年2月12日調べのデータを元にした表です。)

FXスワップポイントを計算する際の注意点2つ

FXのスワップポイントはマイナスになる計算に要注意

スワップポイントは良い点が多いですが、注意点もあります。


とくにFX初心者が気を付けるべき注意点2つなので、頭に入れておきましょう!

スワップポイントの注意点1:新興国通貨

新興国通貨はスワップポイントの高さが魅力ですが、取引の際は十分な注意が必要です。

その理由は、新興国は政治的・経済的に不安定なことが多く、下落リスクが高いからです。

例えばトルコリラのような高金利通貨は、大暴落してしまえば、スワップポイント以上の大損失を招いてしまいます。

また暴落どころか、通貨自体が消失してしまうこともあるため、スワップポイントの高さだけで判断するのはやめましょう。

スワップポイントの注意点2:マイナススワップ

相場の急変時にはプラスのスワップポイントがマイナスになる可能性があります。

なぜなら各国の金利は変動しており、国の政策や事件などで短期間のうちに大きく金利が動くことがあるからです。

たとえば豪ドル/円で買いの取引をしているときに日本の金利が5%に上昇し、オーストラリアの金利が1%に下落する可能性もゼロではありません。

【1豪ドル=80円、1万通貨保有の場合】

  • 1%-5%=-4%
  • 80円×1万通貨×-4%=-32,000円

1年間で-3万2,000円のスワップポイントが付くので、毎日87円の支払いが発生してしまうのです。

スワップポイント狙いに適した通貨ペア

FXのスワップポイントは新興国通貨なら安心して計算できるスワップポイント狙いで運用したいのなら、以下の3つの通貨ペアから選ぶことをオススメします。

オススメの通貨ペア
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • 米ドル/円

なぜなら上記の通貨ペアは先進国通貨なので、安定性があり、新興国通貨のようなリスクが少ないからです。

先進国通貨は下がっても戻る可能性が高く、国そのものの信頼性も高いので安心感があります。

金利は新興国通貨より低いですが、銀行の外貨預金よりも遥かに運用効率が良いのでオススメですよ。


また、より高金利な通貨を使いたい方は、メキシコペソがオススメです。


新興国通貨の中でも比較的安定しているので、プロのトレーダーからも人気があります。

詳細ページ『メキシコペソ(FX)の見通し2019年』を元大手銀行員が解説!

FX会社ごとにスワップポイントが違う理由

スワップポイントはFX会社の手数料が計算されている各社は手数料を差し引いているため、提示しているスワップポイントがFX会社ごとに異なります。

手数料の設定もFX会社により異なるので、スワップポイントの値もバラバラなのです。

FX会社も儲けなければならないので、利益をスプレッドやスワップポイントから徴収しています。

そのため「金利が同じはずなのにスワップポイントが異なる」という現象が起きるのですね。

スワップポイント狙いに適したFX会社3選

スワップポイント狙いで適していると思うのは、以下の3社です。


下記のFX会社はスワップが高水準であり、スプレッドも業界最狭水準です。

またGMOクリック証券YJFX!はデモトレードを用意しているので、初心者がFXを始めるのにも好環境です。

SBI FXトレードはデモトレードはできませんが、1通貨約4円からFXを行えるので、実践で経験を積むのに適しています。

まずは練習のつもりで口座開設をするのも一つの手ですよ!

FX取引高7年連続世界1位!GMOクリック証券

少額取引OK!ヤフーが運営するYJFX!

業界最狭水準のコスト!SBI FXトレード

【FXスワップポイント計算】まとめ

FXのスワップポイント計算を理解し仕組みを知ろう上記で紹介した「FXのスワップポイント計算方法」を理解すれば、スワップポイントがどういう仕組みで出ているのかが分かります。

また「スワップポイントを計算する際の注意点」をよく読み、取引の際は安定した通貨ペアを選ぶようにしてくださいね。

最後にもう一度、内容をおさらいしましょう。

FXのスワップポイント計算 まとめ
  • 1年間の計算式は【為替レート×保有数量×金利差】
  • 1日あたりの計算式は【1年間のスワップポイント÷365日】
  • トルコリラなどの新興国通貨は、不安材料が多く下落リスクが高いので注意!
  • スワップポイントだけで通貨ペアを判断するのはやめよう
スワップでオススメのFX会社

スワップ運用をする際は、下落リスクや国の情勢をよく考慮したうえで通貨ペアを選びましょう。

プラスのスワップでのみトレードすることを心がければ、大損することなく資産運用できますよ。