ボリンジャーバンドの見方をどこよりわかりやすく解説【実例付き】

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドが世界から消えると、勝っているトレーダーの数は激減します!

こう言い切れるほど重要なテクニカルです。

今回は、ボリンジャーバンドの基本的な見方と使い方まで解説していきますね。例によって教科書的な説明はしません。実際のトレード向きに、FX初心者にも簡単にわかるようにまとめました。

是非とも今後のトレードに役立てて頂きたい内容です。

ボリンジャーバンドを表示させましょう

ボリンジャーバンド

チャートの周りに線が7本あります。真ん中のグレーのラインが移動平均線、周りの赤いラインがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドを一言で説明すると、チャートがどんなに乱高下しても赤いラインの中で納まるのです。この作用を使ってトレードをします。

ボリンジャーバンドの基本

ボリンジャーバンドの説明

提供:外為オンライン

外為オンラインに良い資料がありました。移動平均線を挟んで±1σ(シグマ)から3σまでが表示されています。ボリンジャーバンドは統計学の偏差値の考えを元に、今後の相場の動きを読むテクニカル指標です。

バンドに収まる確率を偉い学者先生が証明しています

MEMO
  • ±1σに収まる確率=68.26%
  • ±2σに収まる確率=95.44%
  • ±3σに収まる確率=99.73%

ボリンジャーバンドのテクニカル分析を教科書通りに説明すると、±2σに収まる確率が95.44%なので、2σまでローソク足が到達したら、逆張りをする!のが基本的な戦略になります。

どの教科書をみても「±2σで逆張り」と説明しています。2σに収まる確率が95.44%なので、机上の計算では2σ逆張りが正解ですよね。しかし、現実のトレードはビュンビュン3σまで到達します。

ですので、教科書どおりにトレードしても儲かりません。2σで逆張りをするときは、平穏な相場のときだけに限定してください。

エクスパンションとスクイーズを覚えよう

エクスパンション

提供:外為オンライン

【用語説明】

MEMO
  • バンドウォーク=ボリンジャーバンドのラインに沿ってローソク足が動くこと
  • スクイーズ=バンドの幅がギューっと狭くなっている状態
  • エクスパンション=バンド幅が拡大すること

これは、外為オンラインが出しているチャートですが、2σでキレイに戻っています。設定値はわかりませんが2σを参考に逆張りをすると私は失敗したことの方が多かったです。実際のトレードは、テストしながら進めてください。

また、ボリンジャーバンドの特徴は、過去のチャートを見るとしっかり収まっていますが、トレンドが強いときは3σの外に出ることが結構あります。

3σを割る確率は0.27%しかないはずですが、かなり頻繁に起こります。これを逆手に取って仕掛けていくタイミングを計ります。

スクイーズとエクスパンションの関係

ボリンジャーバンドの特性を知ろうボリンジャーバンドは、呼吸をするかのように、スクイーズとエクスパンションを繰り返します。バンドがキューと閉じているときは力を貯めています。バンド幅も縮小して相場はほとんど動かなくなります。

どちらかに動き始めたときには、トレンドと一緒にバンドが大きくエクスパンションします。力を貯めていた分、吐き出すときのパワーはかなり大きくなります

今までの相場から、どちらに動きがっているのかわかるときは、私もスクイーズのときに仕掛けることが多いです。

そして、予想が外れた場合は手仕舞いをするクセも同時につけておいてください。ぼ

注文のタイミングは3σを抜けてから

注文のタイミングは3σを超えてから±3σに収まる確率が99.73%

ということは、0.27%の確率でイレギュラーが起こるとバンド外にチャートが出るのです。(0.27%より高い確率な気はします)

FXの基本は順張りです。トレンドが強く、ボリンジャーバンドの外に出るほどパワーが強いときは本来向かっている方向にポジションを取るのが王道です。

しかし、3σボジャ-バンドの外に出ると、多くの場合バンド内に戻ってきます。戻ってきた後にバンドが時間差で広がってきます。

そのため手法としては、3σを抜けてバンド方面に戻ってきたところで逆張りです。

3σを抜けるときは強いトレンドが出ているので、逆張り注文をしたときに結構ドキドキします。試してみるとご理解いただけると思いますが、かなりの確率でバンド内に戻ります。

戻った後でチャートは次の動きを決めていきますので、「あまり欲張らずに決済は早めに」でトレードしてください。

私の勝ちパターン

自分なりの勝ちパターンを作ろう私はヒロセ通商のチャートを使っています。設定は初期設定のまま変えたことがありません。

強いトレンドが出て、3σを抜けてから逆張りします。ここで決済のタイミングですが、一旦戻して後、チャートは次の行動を考えます。そのため、一旦バンド内に戻ったら決済するようにします。

短い時間足だと数分で戻ることもありますし、日足でも数十分で戻ります。ですので、チャートを眺めたままにします。

MEMO
  • バンド内に戻ったら決済
  • バンド内に戻らず、バンドの方が広がっていくケースでは損切り

実際に利用する際は、テストをしてみて自分の取引方法にしっくりくる方法でエントリーしてください。使いこなせれば、勝率が確実に上がるはずです。