FXデイトレード勝てない原因とは?勝つための13のコツを徹底解説!

イトレードで勝つコツと負ける原因!

この記事で解決できる悩み
  • FXデイトレードでなかなか勝てない…
  • デイトレードで勝つコツが知りたい!
  • デイトレードで勝ちやすくなるFX会社はどこ?

こんな悩みを解消できる記事です。


この記事では、デイトレードで勝てない9つの原因と勝つための13のコツのほか、デイトレード向きの機能を持つFX会社を紹介します。


記事のコツを実践すれば、デイトレードで勝てなかった人でも勝てるようになりますよ!


まずはデイトレードで勝てない9つの原因から解説しますね。


デイトレードにはどんな特徴があったか知りたいという方は、下記の記事で詳しくご紹介していますよ!

FXデイトレードとは?デイトレードの安全な始め方6ステップをご紹介

FXデイトレードで勝てない9つの原因

FXデイトレードで勝てない9つの原因

FXデイトレードで勝てない原因は以下の9つです。


これからデイトレードを始める人は、同じ失敗をしないよう事前に対策してくださいね。


自分に当てはまるものがあればデイトレード経験者も、取引スタイルの改善に役立てましょう!

デイトレードで勝てない原因
  1. 利小損大の取引をしている
  2. 損切りをしない
  3. マイルールに従っていない
  4. 相場の分析手法を知らない
  5. ポジションの保有期間を伸ばす
  6. 欲張って取引して損失を広げる
  7. 逆張りで取引している
  8. 取引結果を振り返らない
  9. 常にハイレバレッジで取引している

1.利小損大の取引をしている

利小損大の取引をしていると、トータルの損益がマイナスになりやすいです。


なぜならコツコツ利益を出しても、ほんの数回の取引で大損するからです。


利確が早いか損切りが遅いのが原因なので、利確幅を広げるか損切り幅を狭くしましょう。

2.損切りをしない

2つ目の原因は損切りをしないことです。


損切りしないと相場が好転しなかった時に含み損が膨らみ、ロスカットされて資金の大半を失いますよ。


どんなプロトレーダーでも100%値動きを予測するのは無理なので、ある程度の損失はFXをする時の必要経費と考えて、早めに損切りしましょうね。

3.マイルールに従っていない

ルールに従わず、感覚で取引しても勝てません。


なぜなら取引スタイルの問題点が分析できず、利益が出た取引の再現性が下がるからです。


例えば次のように明確な根拠に従って取引しましょう。

エントリー根拠の例
  • 上昇トレンドでサポートラインにタッチしたから買いエントリー
  • ボリンジャーバンドがエクスパンジョンし、MACDがデッドクロスしたの下落のサインと読んで売りエントリー
ルールがないと感覚的な判断になりそうですね

大きな損失を避けるためには、マイルールが重要なんだ!

4.相場の分析手法を知らない

相場の分析手法(テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析)を知らないと予測精度が下がり、利益を出しにくくなります。


これらの分析手法が使えると、多くのトレーダーが意識する価格帯が分かり、売買サインが読めるからです。


2つの分析手法の具体的な使い方は後ほど解説しますね。

5.ポジションの保有期間を伸ばす

デイトレードなのにその日のうちにポジションを決済せず、長期保有に切り替える癖があると勝てません。


理由は損切りが遅れて大損に繋がる原因になるからです。


含み損が出ていても、その日のうちに決済するのがデイトレードのルールです。

6.欲張って取引して損失を広げる

欲張って取引すると損失を出しやすくなります。


利益を出した後や損失を取り返そうとする時は、気の緩みや焦りで通常よりも取引判断が甘くなるからです。


常に冷静さを保ち、1日の目標利益や許容損失に達したら、その日の取引を終了すべきです。

余計な損失を出さない対策
  • 早い時間に目標利益を達成したら、その日は取引を終える
  • 損失を取り返したくても無理な取引はしない

7.逆張りで取引している

デイトレードでの逆張りは控えましょう。


理由はトレンドの転換点を予測する必要があり、順張りよりも予測精度が低いからです。


逆張りするタイミングを誤ると、ポジションと逆方向にトレンドが伸びて大損する原因になりますよ。

8.取引結果を振り返らない

取引結果を振り返らないのもデイトレードで勝てない原因です。


取引の問題点を改善できず、利益が出た条件の取引を増やし、損失が出た条件の取引を減らせないからです。


取引結果の分析には次の5つの項目が必要なので、面倒でも普段から記録をつけておきましょう。

取引結果の分析に必要な項目5つ
  1. 取引年月日・時間
  2. 通貨ペア
  3. ロット数
  4. エントリー・決済条件
  5. 反省事項

9.常にハイレバレッジで取引している

常にハイレバレッジで取引すると負けやすくなります。


なぜなら相場状況によって優位性が異なり、優位性の低い場面でのハイレバレッジ取引は損失リスクが大きいからです。


優位性が高い時に絞ってレバレッジを上げて、効率的に利益を狙いましょう。

FXデイトレードで勝つための13のコツ

FXデイトレードで勝つための13のコツ

FXデイトレードで勝つためのコツ13を紹介しますね。


自分の手法に取り入れて勝率アップを図りましょう!

デイトレで勝つためのコツ
  1. マルチタイムフレーム分析
  2. テクニカル指標を組み合わせる
  3. ルールを守って取引する
  4. 複数表示チャートを使う
  5. 通貨ペアをひとつに絞る
  6. 売買サインがない時は取引しない
  7. 日本時間16時~0時に取引する
  8. 経済指標の後のトレンド発生を狙う
  9. 米ドル円かポンド円でトレードする
  10. 損切りを徹底する
  11. 土日にポジションを持ち越さない
  12. 取引結果を分析して手法を改善する
  13. デイトレード向きの機能があるFX会社を使う

1.マルチタイムフレーム分析

マルチタイムフレーム分析をして、上位足のトレンドに合わせて順張りする方法です。


FXの相場は上位足のトレンドに従いやすい性質があるので、上位足と同じトレンドの下位足で順張りすれば勝率が上がるからです。


FXデイトレードで使うべき時間足については以下の記事で詳しく確認してくださいね!

FXのデイトレードで重要な4つの時間足とは?勝率を上げるコツ徹底解説

2.テクニカル指標を組み合わせる

テクニカル指標をひとつしか使っていない人は、2つ以上の指標を組み合わせることをオススメします。


なぜなら複数のテクニカル指標が同じ方向の売買サインを示したポイントほど優位性が高まり、予測どおりの値動きをしやすくなるからです。


テクニカル指標の売買サインには多くのトレーダーの注文が集中して、予測した方向に値動きが起きやすい性質を利用しましょう。


デイトレード向きのテクニカル指標や実践での使い片は以下の記事で詳しくお伝えします。

FXデイトレードで使える5つのテクニカル分析と13の手法を徹底解説!

3.ルールを守って取引する

3つ目のコツはルールを守って取引することです。


ルールを守れば次のメリットがあります。

ルールどおりに取引するメリット
  1. 大損のリスクが減る
  2. 勝敗の原因を分析してルールを改善できる
  3. 感情を排除して淡々と取引できるようになる
  4. 安定して利益が積み上がるので達成感を得られる

具体的なデイトレードのルール作りを知りたい人は、以下の記事をぜひ読んでくださいね!

【初心者でもわかる】FXのデイトレードに効果的な手法の作り方

4.複数表示チャートを使う

複数の時間足チャートを同時に表示できるチャートツールを使うのもコツです。


理由は効率的にマルチタイムフレーム分析ができるからです。


次の5社はPC・スマホどちらもチャート同時表示機能が使えるので、気になる人はデモトレードで試してみましょう!

5.通貨ペアをひとつに絞る

通貨ペアをひとつに絞って取引するのがコツです。


複数の通貨ペアの値動きを同時に分析すると混乱を招き、予測精度が落ちたり誤操作・誤発注で損失を出すおそれがあるからです。


1種類の通貨ペアで4つの異なる時間足チャートを表示させて分析すれば、常にマルチタイムフレーム分析ができますよ。

通貨ペアが複数の方がチャンスが多いと思っていました。

通貨ペアは絞った方が集中できて分析しやすいんだ!

6.売買サインがない時は取引しない

きっかけがない時は取引を休みましょう。


優位性が低い時に取引しても利益につながりにくく、余計な損失を出す可能性が高いからです。


特に「1日3,000円」など目標利益を立てて取引する人は、焦って無理な取引をしないよう注意が必要です。

7.日本時間16時~0時に取引する

デイトレードをするなら日本時間16時~午前0時の時間帯がオススメです。


16時にロンドン市場、21時にニューヨーク市場と立て続けに世界の主要市場が開いて取引が活発になり、値動きが大きくなって取引チャンスが増えるからです。


特に市場が開いた直後は注文が集中してトレンドが発生しやすいので、タイミングよく順張りでエントリーできれば含み益を伸ばせますよ!

8.経済指標の後のトレンド発生を狙う

8つ目は経済指標や要人発言が発表された後のトレンド発生を狙う方法です。


このようなトレンドは伸びやすく、短時間で含み益を得られるケースが多いですよ。


ただし、経済指標などの発表後に必ずトレンドが発生するとは限りません。


発表後の値動き自体が小さかった場合は取引を見送り、トレンドが発生したと見せかけて値が戻った場合はすぐに損切りすべきです。

9.米ドル円かポンド円でトレードする

デイトレードにオススメなのは米ドル円とポンド円です。


米ドル円は通貨ペアの中で最も取引量が多いため、値動きが安定していてテクニカル分析で予測しやすいんですね。


ポンド円はボラティリティが大きいので取引チャンスが多く、米ドル円よりもハイリスク・ハイリターンな運用をしたい人向けです。

10.損切りを徹底する

デイトレードに限らず損切りの徹底は重要です。


なぜなら損切りしないと、相場が不利な方向に動いた時に含み損が膨らんで大損するからです。


特にデイトレードでポジションが含み損を抱えた時に「明日まで待てば相場が好転して含み損が解消されるかも」という根拠のない期待で、長期保有に切り替えるのはNGです。

デイトレで塩漬けしてはいけない理由
  • 資金効率が悪くなる
  • 含み損が改善しないまま損切りできず大損につながる
  • 塩漬けにする癖がつき、大損しやすい体質になってしまう
一度保有をすると手放すのが難しくて・・・

だからこそ損切りのルールを決め、徹底的に守ることが大切だよ!

11.土日にポジションを持ち越さない

曜日の取引終了までに全ポジションを決済して、持ち越さないようにしましょう。


取引できない土日の間に相場が大きく動き、月曜日の取引開始とともに窓が開いて大きな含み損を抱えるおそれがあるからです。


これを避けるには時間指定成行注文を使い、金曜日の取引終了までに全ポジションを成行で決済する予約注文を入れるといいですよ。

時間指定成行注文が出せるFX会社

12.取引結果を分析して手法を改善する

取引結果を分析して取引手法を改善することが大切です。


手法を改善すれば収益性がアップするからです。


私の分析方法をいくつか紹介しますので、参考にしてくださいね!

手法の分析例
  • 移動平均線はRCIよりもボリンジャーバンドと組み合わせた方が勝率が高い
  • 東京市場はレンジ相場、ロンドン市場のオープン以降はトレンド相場狙いが稼ぎやすい

13.デイトレード向きの機能があるFX会社を使う

デイトレードに適した機能を持つFX会社を利用しましょう。


注目すべきは次の3点です。

デイトレ向きのFX会社選びのポイント
  1. 時間指定注文ができる
  2. レート通知がある
  3. 経済指標のアラート機能がある

1.時間指定注文ができる

ひとつ目の注目ポイントは時間指定注文機能です。


以下のメリットと注意点を知った上で利用するか検討してくださいね!

時間指定注文のメリット2つ
  1. チャートを離れていても特定の時間に取引を予約できる
  2. 取引終了時間までに成行注文を出せば、その日のうちに決済するというルールを守れる
時間指定注文の注意点3つ
  1. スプレッドの拡大で注文レートと乖離した不利なレートで約定するおそれ
  2. システム障害で注文が発注されないリスク
  3. 許容スリッページ超過で注文が約定しない

2.レート通知がある

レート通知機能も便利です。


チャートから離れていても、特定のレートに達したときに通知が来ればチャンスを逃さず取引できるからです。


具体的なFX会社は次に経済指標アラート機能とセットで紹介しますね!

3.経済指標のアラート機能がある

経済指標のアラート機能も重要です。


経済指標の発表によるトレンド発生のチャンスを逃さず取引できるからです。


登録したメールアドレスにメールが届いたり、スマホの通知機能で知らせてくれるので、頻繁にレートをチェックできない人でもデイトレードができますよ。

レート通知機能と経済指標アラート機能が両方あるFX会社

FXデイトレードにオススメのFX会社3選!

FXデイトレードにオススメのFX会社3選!

デイトレにオススメのFX口座

スプレッドが狭く、約定力も高い外貨ex byGMO

gaidameex

外貨ex byGMOはスプレッドが狭く、現役トレーダーからの約定力満足度で2位と高い約定力を誇ります。


そのためスプレッドが広がらなく、デイトレードに向いているFX会社です。


短期取引の要である注文機能は、チャートからワンタッチで注文および決済が可能な高機能トレードを備えており、文句なし。

総合評価No.1!GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は主要な基本通貨ではもちろん、それ以外の通貨でも常にスプレッドが業界最狭水準


そのため、どの通貨ペアを選択しても安心してデイトレードができます


また、スプレッドは業界最狭水準の0.2銭となっているので、デイトレードに向いている会社です。


最低取引単位が1万通貨のため、少額での取引は出来ないものの、その安定感から初心者から上級者まで愛されていますよ!

少額低コストで始められるSBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは、業界でも珍しい、1通貨単位(約4円)から取引が出来るFX会社です。


スプレドッドも米ドル/日本円
(※1,001~100万通貨 変動制)
と業界最狭水準!


とにかくコスト重視でFX会社を選びたい方にオススメですよ。


また初めてデイトレードをされる方でも、安心してトレード出来ます。


低投資・低コスト・低リスクでFXを始めたい方にはSBI FXトレードが最適ですよ!

コツを身につけてFXデイトレードで稼ごう!

コツを身につけてFXデイトレードで稼ごう!

上記で紹介した「FXデイトレードで勝つ13のコツ」を実践すると、取引手法を改善してより収益性の高いデイトレードができます。


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • デイトレードで勝つには相場の分析手法を身につける必要がある
  • 通貨ペアや取引する時間帯の選択が重要
  • ルールに従って淡々と取引しつつ、結果を分析して手法を改善しよう
デイトレードに適した機能を持つFX会社3選

最初は思うように利益が増えないかもしれませんが、13のコツをひとつずつ手法に取り入れていけば勝てるようになりますよ!


諦めずに粘り強く頑張ってくださいね。


デイトレードで勝てない原因についてわかったら、中長期的に稼いでいく事が出来る「スイングトレードで稼ぐコツ」についての記事を読んでみましょう!


スイングトレードで稼ぐコツについて詳しく知っているだけで、長期的に安定して利益を得る事ができるようになりますよ!

銀行員が解説!FXスイングトレードで損せずに稼ぐコツ3つと基礎知識

こちらの記事もオススメ