FXのデイトレードで重要な4つの時間足とは?勝率を上げるコツ徹底解説

FXデイトレードで重要4つの時間足とは?勝率を上げるコツ徹底解説!

この記事で解決できるお悩み
  • FXデイトレードで時間足って必要なの?
  • デイトレードで使うべき時間足はどれ?
  • マルチタイムフレーム分析って何?

こんな悩みを解消できる記事をご用意しました。


この記事では、デイトレードで使うべき時間足4つとマルチタイムフレーム分析についてお伝えします。


記事内容を実践すれば、適切な時間足を組み合わせた分析手法が身につき、デイトレードの勝利を上げられますよ!


まずはデイトレードの概要を解説しますね。

FXデイトレードについて簡単に解説!

FXデイトレードについて簡単に解説!

FXデイトレードは数分~数時間の時間軸でポジションを保有し、1日の中で取引を終了させる取引スタイルです。


スキャルピングのように数秒~数分単位の頻繁な取引はしないので、FX初心者でも落ち着いて取引できるメリットがあります。


またポジションを翌日に持ち越さないので、寝ている間に相場が変動して大損する心配も要りません。


デイトレードの特徴について詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしましょう!

【デイトレードとは?】利益が出しやすくなるコツ3つを徹底解説

FXデイトレードで時間足を使うメリット2つ

FXデイトレードで時間足を使うメリット2つ

FXデイトレードで時間足を使うメリットは2つです。

デイトレードで時間足を使うメリット2つ
  1. 予測精度がアップする
  2. 余計な損失を減らせる

1.予測精度がアップする

ひとつ目は予測精度がアップすることです。


なぜなら時間足の形や位置関係によって生じる値動きにはパターンがあるからです。


具体的な手法はこの記事の後半で詳しく紹介しますね!

2.余計な損失を減らせる

予測精度が上がれば余計な損失を減らせます。


優位性が低いタイミングでエントリーせずに済むからです。

損失が減れば利益が出る取引の割合が増え、トータルの収支が良くなるよ!

FXデイトレードで使うべき時間足4つ

FXデイトレードで使うべき時間足4つ

FXデイトレードでは4時間足、1時間足、15分足、5分足の4つを組み合わせて使いましょう。


複数の時間足で相場を分析する手法を「マルチタイムフレーム分析」といいます。


なぜこの4本なのか、理由とともに解説しますね!

デイトレードで使う時間足
  1. 4時間足で長期トレンドを読む
  2. 1時間足で前日からの流れを読む
  3. 15分足当日の流れを読む
  4. 5分足でエントリーポイントを読む

1.4時間足で長期トレンドを読む

まずは4時間足で大きなトレンドを見ます。

どうして4時間足で長期トレンドを読むの?

4時間足は、スキャルピングやスイングトレードなど他の取引スタイルでも使われる、最もメジャーな時間足だからなんだよ!


多くのトレーダーと同じ目線で取引することで、同じ価格帯に注文が集まり、予測した方向にレートが動きやすくなります。

2.1時間足で前日からの流れを読む

次に1時間足で直近のトレンドを見ます。


4時間足だと1日の値動きが6本(24時間÷4時間=6本)のローソク足でしか表示されず、細かいトレンドが読めないからです。


チャートの高値・安値にトレンドラインを引き、トレンドを確認しましょう。

トレンドラインによるトレンドの読み方
  1. トレンドラインが右上がり→上昇トレンド
  2. トレンドラインが右下がり→下降トレンド
  3. トレンドラインが水平→レンジ

3.15分足当日の流れを読む

3つ目に使うのは15分足です。


1時間足よりも当日のトレンドを詳しく読めるからです。


ツールに15分足がない場合は、15分足か30分足でも問題ありません。

4.5分足でエントリーポイントを読む

最後に使うのは5分足です。


理由は具体的なエントリーポイントを探せるからです。


ちなみに上位足3本のトレンドと同じ方向にエントリーすると勝率がアップします。


詳しくは次の見出しとマルチタイムフレーム分析のところで解説しますね!

時間足を使ったFXデイトレード手法2つ

時間足を使ったFXデイトレード手法2つ

時間足を使ったFXデイトレード手法を2つ紹介します。

時間足を使ったデイトレード手法2つ
  1. 4つの時間足でトレンドが一致した方向に順張りする
  2. 5分足と移動平均線の位置関係を見る

この他にも、テクニカル分析を使ったデイトレードの手法や自分のスタイルに合う手法の作り方は以下の記事が参考になりますよ!

【初心者でもわかる】FXのデイトレードに効果的な手法の作り方

1.4つの時間足でトレンドが一致した方向に順張りする

4時間足、1時間足、15分足、5分足の4つのトレンドが同じ方向に順張りする手法です。


長期足~短期足が全て一致したトレンドは強く、継続しやすいからです。


具体的には4つの時間足が上昇トレンドなら買いエントリー、下降トレンドなら売りエントリーします。

トレンド転換のサインが出るまで含み益を伸ばせるので、FX初心者でも大きな利益を得やすい手法だよ!

2.5分足と移動平均線の位置関係を見る

もうひとつは5分足と移動平均線の位置関係を見る方法です。


移動平均線が上昇トレンドのサポート(下降トレンドではレジスタンス)になりやすいからです。


5分足が移動平均線の上にあり、5分足チャートが移動平均線にタッチした時に移動平均線が上向きなら上昇トレンドと判断して買いエントリーします。


逆に5分足が移動平均線の下にあり、5分足チャートが移動平均線にタッチした時に移動平均線が下向きなら下降トレンドと判断して売りエントリーです。

FXデイトレードで時間足を使う時のコツ3つ

FXデイトレードで時間足を使う時のコツ3つ

FXデイトレードで時間足を使う時は次の3つのコツを意識して、勝率アップを狙いましょう!

デイトレで時間足を使う時のコツ
  1. テクニカル指標と組み合わせる
  2. マルチタイムフレーム分析をする
  3. 複数チャートを同時表示できるツールを使う

1.テクニカル指標と組み合わせる

ひとつ目のコツは時間足をテクニカル指標と組み合わせることです。


理由は相場予測の根拠が加わることで、予測精度が上がるからです。


先ほど紹介した手法2もその一例です。

 

他にもデイトレードの時間足と相性の良いテクニカル指標と実践手法は以下の記事で詳しくお伝えしますね!

FXデイトレードで使える5つのテクニカル分析と13の手法を徹底解説!

2.マルチタイムフレーム分析をする

2つ目のコツはマルチタイムフレーム分析です。


理由は下位足は上位足と同じトレンドになりやすいからです。

この分析で複数の上位足と下位足のトレンドが一致した方向に順張りでエントリーすれば、トレンドが継続して含み益を伸ばしやすいよ!

3.複数チャートを同時表示できるツールを使う

時間軸の異なる複数のチャートを同時に表示できる機能も重要です。


画面を切り替えずに効率的にマルチタイムフレーム分析ができるからです。


この機能があるFX会社のうち、スプレッドの狭さやツールの操作性などで総合的におすすめなのは次の5社ですよ!

チャート同時表示機能があるFX会社5選
  1. GMOクリック証券
  2. 外貨ex byGMO
  3. DMM FX
  4. FXプライムbyGMO
  5. ヒロセ通商

FXデイトレードで時間足を使う時の注意点3つ

FXデイトレードで時間足を使う時の注意点3つ

時間足は使い方次第ではかえってマイナスになる場合があるので、以下3つに注意して使ってくださいね。

デイトレードで時間足を使う時の注意点
  1. 時間足とテクニカル指標の組み合わせを守る
  2. チャンスがない時は無理に取引しない
  3. 分析する時間足を増やしすぎない

1.時間足とテクニカル指標の組み合わせを守る

時間足とテクニカル指標の組み合わせをむやみに変更するのはNGです。


なぜなら相場予測の根拠に一貫性がなくなり、勝てる手法かどうかを分析できなくなるからです。

思うように利益が出ないと、すぐにネットなどで新しい手法を調べて使う人がいるけどそれってどうなの?

安定して利益を出せる手法を目指すには、ひとつの手法を粘り強く使い続けて改善するのが大切だよ。

2.チャンスがない時は無理に取引しない

売買サインがない時は取引を控えるべきです。


根拠がない時に取引するのはギャンブルと同じですし、余計な損失を出しやすいからです。


デイトレードは1日の目標利益を立てる人が多いので、無理な取引をして利益を狙う人がいます。


将来のチャンスに備えて資金を温存できるメンタルを鍛えましょうね!

3.分析する時間足を増やしすぎない

3つ目の注意点は分析する時間足の数を増やしすぎないことです。


あまり多くの時間足を分析すると手間がかかるのと、エントリー条件を満たしにくくなるからです。


デイトレードという取引の頻度から、分析する時間足は4つ以下が適しています。

FXデイトレードに適した時間足が使えるFX会社2社

FXデイトレードに適した時間足が使えるFX会社3選

時間足を使ったデイトレードでの勝ち方がわかったところで、デイトレードに適したFX会社を紹介しますね!


デイトレは1日に何度も取引をするため、できるだけスプレッドが狭く、約定力が高くスリッページが起きにくい会社がおすすめです。


ここでは更に、運営元の信頼性も高いFX会社を3つ紹介しますね!

デイトレに適したFX会社

少額・低コストでデイトレに慣れろ!SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは、業界でも珍しい、1通貨単位(約4円)から取引が出来るFX会社です。


スプレドッドも米ドル/日本円
(※1,001~100万通貨 変動制)
と業界最狭水準!


初めてデイトレードをされる方でも安心してトレード出来ますよね。


デイトレード目的じゃなくても、必ず持っておきたいFX口座ですよ。

スプレッド狭く、約定力も高い!デイトレードなら外貨ex byGMO

外貨exbyGMO

外貨ex byGMOスプレッドが狭く、現役トレーダーからの約定力満足度で2位と高い約定力を誇ります。


そのためスプレッドが広がらなく、デイトレードに向いているFX会社です


短期取引の要である注文機能は、チャートからワンタッチで注文および決済が可能な高機能トレードを備えており、文句なし。

総合評価No.1!デイトレードもGMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は主要な基本通貨ではもちろん、それ以外の通貨でも常にスプレッドが業界最狭水準


そのため、どの通貨ペアを選択しても安心してデイトレードができます


また、ニュース配信の情報ソースが3社と業界でも最多レベルであり、タイムリーに情報収集しながら取引が可能


最低取引単位が1万通貨のため、少額での取引は出来ないものの、その安定感から初心者から上級者まで愛されていますよ!

マルチタイムフレーム分析でFXデイトレードの勝率を上げよう!

マルチタイムフレーム分析でFXデイトレードの勝率を上げよう!

上記で紹介した「FXデイトレードで使うべき時間足4つ」を使って取引すれば、デイトレードの収益性がアップしますよ!


最後にもう一度、内容を確認しましょう。

この記事のおさらい
  • デイトレードでは4時間足、1時間足、15分足、5分足の4本を使おう
  • テクニカル指標と組み合わせれば、さらに予測精度がアップする
  • 複数表示チャートを使えば効率的に分析が可能
デイトレに適したFX会社

デイトレードをはじめFXにはたくさんの手法がありますが、時間足トレードは多くのトレーダーが使うメジャーな手法です。


同じ価格帯に注文が集まれば予測どおりの値動きになりやすいのでおすすめですよ!