【FXスキャルピング】有効的な3つのテクニカル指標とポイントを紹介

有効的な3つのテクニカル指標とポイントを紹介

この記事で解決できる悩み
  • スキャルピングで使うべきFXテクニカル分析は?
  • チャートソフトやインジケーターは何を使えばいい?

この記事では、上記のお悩みを解消できます。

これから紹介する「スキャルピングで使うFXテクニカル分析」や「トレンド判断に有効なインジケーター」等を学べば、相場分析には困りません。

実際にプロも使っているものなので、実用性のあるものばかりです!

まずはスキャルピングの基本をおさらいしつつ、主に使用するテクニカル分析から見ていきましょう。

【前提】FXスキャルピングの基本

FXのスキャルピングはテクニカル分析がメイン

スキャルピングはFXのトレードスタイルの中で利益が積み上がるスピードが最も速い手法ですが、初心者には難しいと言われています。


なぜなら1回あたりの取引時間が短いため、相場分析や売買判断を瞬間的に行う必要があるからです。

まだ相場に慣れていないうちは分析力・判断力が未熟なため、短期間では利益のチャンスを逃しやすい特徴があります

基本的にファンダメンタルズは考えない

スキャルピングで相場分析を行う際は、基本的にテクニカル分析を使います。

なぜなら、ファンダメンタルズ的要因で動くトレンドやレンジの隙間を狙う手法だからです。


スキャルピングほどの短期売買であれば、政治・経済ニュースを意識する必要がありません。


ただしファンダメンタルズ分析をしない分、高度なテクニカル技術が必要です。

FXスキャルピングで使うテクニカル指標3つ

FXのスキャルピングで主に使うテクニカル指標

FXのスキャルピングではテクニカル分析をメインに行いますが、主に以下の3つが基本です。

主に使うFXのテクニカル指標
  1. ボリンジャーバンド
  2. トレンドライン
  3. RSI

他にも多くのテクニカル指標がありますが、スキャルピング初心者は上記のメジャーなものから使ってみましょう!

FXテクニカル指標1:ボリンジャーバンド

FXスキャルピングに使えるテクニカル指標はボリンジャーバンド

(※画像は外為オンラインより引用)

ボリンジャーバンドとは、ボラティリティ(相場の振れ幅)を示す標準偏差を利用したFXのテクニカル指標です。

価格がバンドの幅に収まる確率が高いことから信頼性があり、多くのFXトレーダーが使っています。

ボリンジャーバンドは移動平均線(緑の線)を基準に、上下2~3本ずつの計5~7本のラインで構成されています。

上下のラインは移動平均線に近い順に1σ(シグマ)、2σ、3σと呼ばれており、それぞれのバンド内に収まる確率は以下のようになっています。(上側はプラス、下側はマイナスになります。)

ボリンジャーバンド確率
±1σ68.27%
±2σ95.45%
±3σ99.73%

FXテクニカル指標2:トレンドライン

FXのスキャルピングのテクニカル指標はトレンドラインを選ぶ必要がある

(※画像は外為オンラインより引用)

トレンドラインは、始点と2点目を結んだ線のことを指します。

誰でも視覚的に相場を判断できるシンプルなテクニカル指標であり、FXトレードには欠かせません。

トレンドラインを引けば、そのライン付近までレートが近づいたときを狙ってエントリーができます。

また逆にブレイクした場合は、トレンド転換の可能性をみてエントリーすることも可能です。

FXテクニカル指標3:RSI

FXスキャルピングのテクニカル指標のRSI

(※画像は外為オンラインより引用)

RSIは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標です。

こちらも視覚的にサインの判別ができ、短期~中期的なFXトレードによく用いられています。

「高値圏で売りを考える」「安値圏で買いを考える」という基本的な考え方がシンプルなため、使い勝手がよく人気です。

FXスキャルピングでの具体例は、以下の割合を見て逆張りを行うことです。

RSI使い方
  • RSIが70%以上になると買われ過ぎ=売る
  • RSIが30%以下になれと売られ過ぎ=買う

FXスキャルピングでテクニカル分析を使う注意点4つ

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行う際の注意点

FXスキャルピングを行う際は、以下の4つに注意しましょう。

FXスキャルピングの4つの注意点
  • レンジではなくトレンドで行う
  • 順張り・逆張りを正しく使い分ける
  • 通貨ペアごとの特徴を知る
  • 時間帯別の特徴を知る

FXスキャルピングは1回あたりの利益が少ない分、損失も少ないです。

しかし損失が少ないからといって、適当な取引をしていると、なかなか利益が積み上がりません。

効率よく資産運用をするためにも、きちんとルールを作り、それに沿った取引を心がけましょう。

スキャルピングの注意点1 :レンジではなくトレンドで行う

スキャルピングはトレンドで行うことをお勧めします。

なぜならトレンドが発生するとチャートパターンができて、価格が動くポイントを掴みやすくなるからです。

レンジ相場の場合、一定の値幅で上下し、方向感のないときに発生するため、やり方が限られてしまいます。

トレンド相場ならテクニカル分析も機能しやすく、順張り・逆張りのどちらでもチャンスがあるので、トレンド発生時を狙うのがコツですよ。

スキャルピングの注意点2: 順張り・逆張りを使い分ける

トレンドに沿うのが「順張り」、トレンドに逆らうのが「逆張り」です。

順張り・逆張りのどちらでもトレードを行えれば、チャンスも多くなりより効率的です。

基本的に初心者のうちは順張りを行い、トレンドが変わったときに素早く損切りをすれば、大損を回避できます。

逆張りの場合はトレンドの転換点を見極める必要がありますが、相場の波に変化が起これば利益の幅を最大にすることができます。

スキャルピングの注意点3 :通貨ペアの特徴を知る

スキャルピングに適した通貨ペアを選ばないと、思うように利益が伸びません。

各通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、中でも以下の3つの特徴を持つ通貨ペアを選ぶことが重要です。

FXのスキャルピングに適した通貨ペアの特徴
  1. スプレッドが小さい(取引回数が多い分、コストが積み重なるため)
  2. 値動きが激しい(値動きがないと、売買チャンスが減るため)
  3. 取引量が多い(急激な値動きが起こる可能性が低いため)

また、この条件を満たした通貨ペアには、以下のものがあります。

FXスキャルピングの注意点4: 時間帯別の特徴を知る

相場にはスキャルピングに適した時間帯は、【日本時間の15時~翌1時】です。


なぜなら売買が活発になり、相場に動きが出やすい時間帯だからです。

具体的には、15時に欧州市場、21時にニューヨーク市場、翌1時にロンドン市場が開きます。

効率的に利益を得るためにも、流動性の高い時間帯を狙うのがオススメです。

【FX中級者用】スキャルピングでインジケーター2つ

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行うのに有効なインジケーター

FXスキャルピングでテクニカル分析を行うために、トレンド判断に有効なインジケーターを知っておきましょう。

トレンド相場をメインに売買するため、トレンド判断はその後の勝敗を左右するほど重要です。

以下の2つのインジケーターは、トレンド性が高まる状況・薄れる状況を教えてくれます。

トレンド判断に有効なインジケーター
  • スパンモデル
  • スーパーボリンジャー

インジケーター1. スパンモデル

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行う際に有効なスパンモデル

(※画像はヒロセ通商より引用)

スパンモデルは、青色スパン(短期トレンド)、赤色スパン(長期トレンド)、遅行スパンの3つのラインで構成されたテクニカル指標です。

青色スパンと赤色スパンによって、エントリーの方向性を明確にすることができるため、スキャルピングにも有効です。

サポートゾーン(青色スパンの間)では買い、レジスタンスゾーン(赤色スパンの間)では売りを表示します。

このスパンモデルは一目均衡表をベースに作られており、元ディーラーの柾木利彦氏(マーフィー)が考案したテクニカル手法で、中級者向きです。


スパンモデルは、DMM FXGMOクリック証券でも採用されているので、気になった方はデモトレードで使って見ましょう!

インジケーター2. スーパーボリンジャー

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行う際に有効なスーパーボリンジャー

(※画像はヒロセ通商より引用)

スーパーボリンジャーは、ボリンジャーバンドと一目均衡表の「遅行スパン」を組み合わせたインジケーターです。

ボリンジャーバンドと遅行スパンを組み合わせることで、より精度の高いトレンド判断が期待できます。

ボリンジャーバンドと同じように、バンドが狭くなったら近いうちに強いトレンドが発生する可能性があります。

こちらも開発者がスパンモデルと同じで、併用してトレードすることが推奨されています。

FXスキャルピングのテクニカルチャートソフト「MT4」

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行うのに適したチャートソフト

スキャルピングに適しているチャートソフトは、「MT4(メタトレーダー4)」です。

ほぼすべてのテクニカル分析に利用でき、自作のテクニカルツールも使え、とても高性能なソフトなのです。

テクニカル分析をとくに重視する世界中のFXトレーダーの定番ツールでしょう。

MT4では、主に以下のことができます。

MT4でできること
  • 標準搭載のテクニカル指標を多重表示
  • オリジナルテクニカル指標の作成・共有
  • 自動売買(システムトレード)
  • EA(自動売買プログラム)の作成・共有
  • 1つのMT4で複数の対応口座へのログイン

FXスキャルピングを行う際のポイント3つ

FXのスキャルピングでテクニカル分析を行う際に守るべきポイント

スキャルピングを行う際は、以下のポイントを守ることが重要です。

スキャルピングで守るべき3つのポイント
  1. テクニカル分析がきちんと行えるチャートを使う
  2. 使いやすい口座を選ぶ
  3. 損小利大を心がける

上記が重要な理由は、ポイントを守ることで、スムーズに相場分析・売買判断ができ、大損を避けてトレードができるからです。

スキャルピングは取引回数が多く、ファンダメンタルズ分析を使わないため、ギャンブルのように勘で取引をしてしまう人がいます。

しかし安定して勝っているFXトレーダーは、てギャンブルではなく、すべての操作に根拠を持っています。

ポイント1. テクニカル分析がきちんと行えるチャートを使う

スキャルピングで重要なテクニカル分析を行うために、優秀なチャートツールを選びましょう。

なぜなら、チャートはテクニカル分析を行うための根幹であり、取引には絶対に必要なものだからです。

あなたの行いたいテクニカル分析が、最大限に活かせるチャートを使うことがポイントです。

無数にあるテクニカル分析の中で、あなただけのテクニカル分析がきちんと行えるチャートを選びましょう。

ポイント2. 使いやすい口座を選ぶ

口座を選ぶ際はスプレッドの狭さも大事ですが、約定力も重要です。

なぜなら、いくらスプレッドが狭くても、注文通りの価格で約定しなければ、無駄なコストがかかってしまうからです。

例えば約定力の弱い口座だと「1ドル100円で発注したのに、101円で注文が成立してしまった」など、スリッページ(レートがずれること)が起こります。


そのため、約定力は100%・スリッページ発生率0%、もしくはそれにより近い数値の口座を選ぶようにしましょう。

約定力の高いFX会社

弊社で調査した「現役FXトレーダーへの満足度調査」の結果によると、下記のランキングになりました。

スキャルピングをされる際は、参考にして見てください!

約定力の評判が高いFX会社
  1. 完全約定! FXプライムbyGMO
  2. 取引コストが圧倒的に安い! YJFX!
  3. 自動売買も可能! FXブロードネット

ポイント3. 損小利大を心がける

損小利大はFXの基本です。

なぜなら損失を最小限に抑え、利益は最大限に伸ばすことで、トータルでプラスを出せるからです。

損切りポイントはあらかじめ決めておき、利確は利益が伸び切ったポイントを見極められるようになりましょう。

【FXスキャルピングのテクニカル指標】まとめ

FXのスキャルピングでテクニカル分析を覚えたらあとは経験

上記にある『スキャルピングで使うテクニカル分析、注意点、有効なインジケーター』を学べば、スキャルピング初心者でも相場分析ができるようになります。

最後に内容をおさらいしましょう。

スキャルピングで使うテクニカル分析と注意点
  • スキャルピングでは主にボリンジャーバンド、トレンドライン、RSIを使う
  • トレンド相場を狙い、順張り・逆張りを使い分けよう
  • 通貨ペア・時間帯の特徴を把握しよう
  • トレンド判断に有効なインジケーターは、スパンモデル・スーパーボリンジャー
約定力の評判が高いFX会社
  1. 100%完全約定! FXプライムbyGMO
  2. ヤフーグループが運営!低コストでOKな YJFX!
  3. 自動売買も可能! FXブロードネット

上記を覚えたからといっても、実践なしではレベルは上がりません。

最初は上手くいかないこともあるかもしれませんが、成功しているトレーダーも通ってきた道です。

ぜひ根気よく取り組み、投資活動を成功させてくださいね。